テニス ダブルス

ダブルス

ダブルスの試合で必要な、「ペアでのメンタルの切り替え方」はトレーニングで養えます!

ダブルスの試合、勝っているときは全く問題無いけど・・・。

試合の流れが悪くなったり、スコアが離されていくとペアの雰囲気が急に悪くなったりしますよね。

テニスは、1ポイント1ポイントごとに、「間」を空けて時間が取れるスポーツ。

上手くこの時間を使って、「切り替えて」いくにはどうすれば良いのかを考えてみます。

きっと意識とトレーニングで、切り替え上手なペアには誰でもなれます!

 

ダブルスの試合で必要な、「ペアでのメンタルの切り替え方」はトレーニングで養えます!

 


 

■「切り替える」のではなく、「客観視」する

失ったポイントは、切り替えようとしても難しいことが多い。

大事なポイントであればやっぱり悔しいし、「なんであんなミスを・・・」と思うのが自然です。

ここで考えたいのは、まずは事実を客観視すること。

「自分達の、本当にイージーなミス」なのか?それは「相手のプレッシャーに負けた?」のか・・・。

そして落としたポイントで、相手ペアは何を考えるだろう?それの逆を突くことは出来ないか・・・という視点です。

スマッシュをミスして落ち込んでるのでは無く、「きっと相手は、またロブで誘って来るだろう」と考えるのが、有効な切り替え方。

あくまで冷静に、全ては自分達のペアが次にどうするかを考えるようにしてみましょう。

 

■「切り替える」という言葉自体、危険かも知れない

何気なく使っている「切り替える」という言葉ですが、私はすごく危険に感じます。

だって、「無かったこと」にするような気持ちで、つい使っていませんか?

失点したならしっかり原因を考えないと、何度切り替えても同じことを繰り返されます。

そうではなくて、切り替えるというよりも「活かす」という視点が大事。

相手が何を考えているのか、試合の流れ、その前のポイントはどう影響しているか・・・考えてみましょう。

自分なら、次どうするかなと。

ペアで共通認識を持って、次へ活かしていくことこそ大事だと思います。

 

■「自分たちの失点」は、活かせる部分もある!

例えばダブルスの試合でポーチに出る、そして相手がストレートに打って、抜かれて失点。

この失点は、私の中では「必要な失点」です。

相手からすれば、「クロスに打っていればやられたな・・・」というプレッシャーを感じてくれる。

そんなポイントは、切り替えるというよりも自分達ペアの中で「ストック」しておくようにしましょう。

試合に強いペアは、こういう視点を持ってポイント間も会話をしています。

ただただ、「切り替え!」だけ叫んでいても、成長も無いですし試合にも勝てません。

 

メンタルはトレーニングであり、技術で養えるものです。

普段の練習、ペアでのコンビネーションの中で、失点をどう活かすかを考えて取り組めば、それが良い対策になります。

切り替え上手は、試合全体を客観視して流れを逃がさない。

例えば・・・試合が終わった後、ポイントをどの程度、アナタは「思い出す」ことができますか?

それも立派な、トレーニングです。

ぜひ試合後に、テニスノートにポイントの概要を書き出してみてください。

そうするときっと、肝になる「失点」も見えてくるはずです!

ピックアップ記事

  1. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  2. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの後衛で大きく外に走らされたら、「ストレートアタック風トップスピンロブ」を使ってみよう

    ダブルスの試合を雁行陣で戦っていて、大きく後衛が外に走らされる。…

  2. ダブルス

    ダブルスでネットに詰めて良い場面5つ

    思い切って、ネットに詰めたポジションを取る。これが出来るよう…

  3. ダブルス

    ダブルスでのストレートケアとは、前衛が前に詰めることです

    ここの部分、もう一度ハッキリさせておきましょう。ダブルスの試合…

  4. ダブルス

    ダブルスの試合での、ボールを打っていない人の考え方

    ダブルスの試合で、ボールを打っていない選手の動きはどうか。こ…

  5. ダブルス

    ダブルスの試合では、相手が自信を持っているボールを前衛が潰せば勝てる

    ダブルスの試合で、強い相手を倒したい。だったら、この作戦は欠か…

  6. テニス 客観視

    ダブルス

    「モテモテダブルスプレーヤー」には共通点がある!テニスの試合で使える奴になろう

    選手時代は基本的にシングルスメインだったし、ダブルス出場する時も、適当…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    「ミスしようがナイスショットだろうが、次、次」と無表情が基本
  2. テニス メンタル

    その他

    テニスがプレー出来るというのは、「当たり前」では無いということ
  3. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークのラリーを制する人は、癖や法則を掴むのが上手い
  4. テニス イベント

    メンタル

    「試合に勝てる雰囲気」がある選手と、「負けそうな雰囲気ばかり」な選手は何が違うの…
  5. ボレー

    ファーストボレーの後に、相手のショットを読み切ろう
PAGE TOP