ストローク

ネットプレイヤーに対するストロークの基本、「足元に沈めたら前をケアする」をとにかく徹底しましょう!

ボレーヤーの足元に沈めるボール、上級者であれば何度でも打てるように練習しないといけません。

卓球と似ていて、テニスのボールが浮いてしまってはあるレベル以上の試合になると、即失点につながるもの。

でもせっかく、ストローク側がボレーヤーに対して良いボールを打っても、「前」をケアできていないケースが非常に多い。

足元に沈めたときには、ボレーヤーが狙っていなくても結果的にドロップ系のショットになりがちなので、注意が必要です!

ネットプレイヤーに対するストロークの基本、「足元に沈めたら前をケアする」をとにかく徹底しましょう!

「足元にナイスショット!」だけど、その返球が・・・

ストロークで相手の足元に沈めたら、それはまずナイスショット!

だけどテニスでは、「足元のショットは難しい」がゆえに、ボレーヤーがやっと触って、結果的にポトンと前に落ちるケースが多い。

もちろん、狙ったドロップボレーもあるでしょうが、初中級レベルの方の場合はまずボレーを深く返す方が難しいので、自然にこうなってしまう。

アナタのストロークが強力であればある程、その傾向は強まります。

上手い人は上手い人で、必ずドロップボレーを打ってくる。

つまりは絶対的に、ボレーヤーを相手にする時点で、前のスペースはケアしないといけないということ。

何も意識しないでベースライン後方で待っていると・・・あれ?という感じで、失点してしまうのです。

沈めるボールを打ったら、「1歩コートの内側」に入ろう!

この動きが出来るか、出来ないか。

はっきり言って、中級と上級の一番の差はここです。

前をケアするには、ベースライン上でもネットからの距離は遠いくらい。

1歩コートの内側に入って、いつでも前のスペースをケアできるように準備しておきましょう。

この1歩、アナタ自身の走力に応じて変えていく必要があります。

女性のベテランプレイヤーの方であれば、2歩くらい入っていたほうが良いでしょう。

並行陣を崩すのにも、この動きと考え方は必須です。

その分、深いボレーに対しては、自分もボレーで対抗できるような技術を磨いておく必要があります。

デッドゾーンでのプレーは。「テニスで一番難しい技術」かも知れません

「コートの中に入って待つ」ということは、結構怖い。

俗に言うデッドゾーン、と呼ばれる位置に立つ訳ですから・・・深いボレーが来たらどうしよう、と思うのが自然です。

相手のボレーが深ければ、サッとグリップを握り変えてアナタもボレーで応戦する。

この応用力、ぜひ磨いてみて下さい。

相手にネットより低い位置でボレーをさせることが出来ていれば、恐れることはありません。

一番怖いのは、当たり損ないで前に落ちてノットアップ・・・ですから。

「デッドゾーンでプレーしてはいけない!」と、教わる機会は多いと思います。

ベースラインとサービスラインの中間の、あのスペース。

その指摘は間違いでは無いかも知れませんが、「なぜ?」と考えてみましょう。

私自身は、絶対にこのゾーンでのプレースキルは必要だと思っています。

だって年を重ねていくにつれて、前方向へのダッシュ力は落ちていく訳ですから・・・。

一度皆さんも、自分のプレースタイルと重ねて考えてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    テニス初心者の方がまず意識したい、「練習で大事な意識」5つ

    テニスを始めて間もない方、は練習でも緊張しますよね。でも、しっ…

  2. テニス スマッシュ

    ストローク

    「8割の力で攻撃していく形」を保てれば、ラリーは制することが出来る

    テニスの試合のラリー。緊張感が高まってきたときに、先の強引なミ…

  3. テニス メンタル

    ストローク

    テニスの試合でのストロークのスピン回転、フォアハンドとバックハンドの差ってどんな感じ?

    いくつかご質問頂いた中で、特に学生の皆さんの悩んでいるポイントはコレか…

  4. テニス スライス

    ストローク

    テニスの試合では「浅いボールにいかに早く気付けるか」が、ストローク戦の結果を大きく左右する

    相手とストロークでラリーをしているときに、試合に出ているか、出ていない…

  5. テニス スマッシュ

    ストローク

    ワイパースウィングの時は、下のエッジに引っ掛けるイメージで

    ストロークの際に使う、ワイパースウィング。このラケット動作が出…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ローボレーが安定しない人は、「すくい上げるようなラケットワーク」を止めてみよう
  2. テニス 守備

    リターン

    横に曲がるスライスサーブ、リターンでの対策は?
  3. テニス 準備

    戦術

    試合の1ヶ月前からは、特別強化ショットのイメトレを
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークの打点が近くなってしまう人は、「ラケットの先を使う」というイメージで振…
  5. テニス チャンス

    戦術

    30-30の場面での相手の配球パターン、しっかり覚えておこう
PAGE TOP