ストローク

伸びてくるストローク、返し方の基本

試合の中で、相手のストロークが伸びて来る。

ここで押されてはまずいと必死で抵抗しようにも、何かアナタ自身にコツのようなものはありますか?

伸びて来るストローク、をどう返していくのか。

上のレベルで戦いたいなら、根本的な意識から変えていく必要があるでしょう。

 
 

予測を立てられないと、ずっと辛いまま

シングルスでもダブルスでも、相手に押されている人はほとんどこれです。

どこに打って来そうか、が予測出来ていない。

「それが出来れば苦労しないよ」と思う方も多いでしょう。

でも、アナタ自身の相手はトッププロじゃない。

何かしら、癖や特徴があるはず。

相手が打って来るボールを恐れる前に、相手の打ち方の特徴、性格を考えてみれば意外とコースは読めて来ますよ。

ましてやダブルスなら、まず「次は深いショットが来そうだな」と感じるだけでも良い。

予測を立てられないままだから、不安になるんです。

予測を立てることが出来れば、土台を作れる

予測を立てることが出来れば、何が良いのか。

自然と、自分の下半身がしっかりと作れるようになるんですよね。

止まって打てる、慌てないで打つことが出来る。

相手の伸びて来るボールを返すには、アナタ自身が土台を作ることが一番。

圧迫感を感じて押されてしまうのは、ただ単にアナタ自身の足が止まっていないからというケースがよくあります。

そのために、適度な予測は必要。

「こんなボールが来そうだな」と感じたら、自分がどう打つのかもイメージが湧くじゃないですか。

「こんなボールが来そうだな」と感じたら、自分がどう打つのかもイメージが湧くじゃないですか。

単純に下がること、はしない方が良い

相手が打って来る、ボールが伸びて来る。

こういう場面で、ただ単に下がるのは良い策ではありません。

相手は、もっと打ちやすくなりますよ。

伸びのあるボールを止めたければ、予測で先回りして相手に「読まれているかも・・・」という不安を与えないと。

下がることって、相手をつけあがらせるんですよね。

みなさんもそうじゃないですか?試合で。

「お、俺のショットを怖がってくれている・・・」と感じれたら、ますますボールに伸びが出ますよね。

後ろに下がっても辛くなるだけ、です。

強気に打ち返す姿勢を、忘れずに

やはり、自分の心はボールに乗り移る。

強気に打ち返す姿勢、だけは忘れないようにしましょう。

「何とかしたい」と思ったら、じっくり相手を見て観察する。

癖を見抜ければ、先回り出来る。

先回り出来れば、打点を前で確保できる、土台を作ることが出来る。

難しくしているのは、全てアナタ自身です。

シンプルに、練習から意識してみると良いと思いますよ。

   

お勧めの練習法

球出し練習で、片方の選手が伸びのあるボールを打ち込む、相手が受け止めて返球する。

こういう練習をしてみましょう。

球出しは少し浅めで、しっかり伸びのあるボールを打てるようなボールを出していく。

そのボールを受ける側は、苦しいですが下がらないで予測して、しっかり足を止めて打つことに集中する。

ラリーは続けない、しっかり予測して土台を作る、ことを意識してみて下さい。

伸びのあるボールを打つことも大事、でも受け止める技術も大事。



強い相手のボールを返してこそ、試合で成長出来る。

普段の練習から、相手のボールが少し深い、速いとミスになってはいませんか?

その小さい雑な部分が、試合では命取りになりますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  5. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

関連記事

  1. テニス 練習
  2. ストローク

    「ショートラリーを試合で活かそう」テニスの試合で必要な技術がそこに詰まっている

    ショートラリーをやってるかい?練習前にやってるかい?俺…

  3. テニス ドロップショット

    ストローク

    バックハンドがいつも浅くなる人が、見直したいストローク5つの基本

    試合の中で、バックハンドに苦手意識がある人は多いですよね。なぜ…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのラリーの中で、「差し込まれたときには慌てずストレートか逆クロス」に展開すると楽

    ストロークのラリーの中で、「打点が遅れそう!」と思うとき、皆さんはどう…

  5. ストローク

    「スウィングスピードアップの決め手」筋力アップと環境改善の両軸が必要

    ストロークで速いショットを打ちたいって、誰もが思うこと。その為…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで深いボール、に対応する為の5つの基本

    ストロークラリーの中で、相手のボールが深い。こういう時に、どう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 楽天

    スマッシュ

    スマッシュは2回で1セット、くらいのつもりで楽に打とう
  2. テニス メンタル

    戦術

    「勝っている選手には、必ず理由がある」テニスが上手い、以上の理由を自分なりに探し…
  3. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合で「スピンスライスサーブ」を使えると、相手のタイミングをずらせて効果…
  4. テニス ロブ

    ストローク

    なかなか教えてもらえない、「ロブを追いかけてしっかり返す」ための注意ポイント4つ…
  5. その他

    試合に強い自分になりたければ、「体力テニス」は避けて通れない
PAGE TOP