ストローク

伸びてくるストローク、返し方の基本

試合の中で、相手のストロークが伸びて来る。

ここで押されてはまずいと必死で抵抗しようにも、何かアナタ自身にコツのようなものはありますか?

伸びて来るストローク、をどう返していくのか。

上のレベルで戦いたいなら、根本的な意識から変えていく必要があるでしょう。

 
 

予測を立てられないと、ずっと辛いまま

シングルスでもダブルスでも、相手に押されている人はほとんどこれです。

どこに打って来そうか、が予測出来ていない。

「それが出来れば苦労しないよ」と思う方も多いでしょう。

でも、アナタ自身の相手はトッププロじゃない。

何かしら、癖や特徴があるはず。

相手が打って来るボールを恐れる前に、相手の打ち方の特徴、性格を考えてみれば意外とコースは読めて来ますよ。

ましてやダブルスなら、まず「次は深いショットが来そうだな」と感じるだけでも良い。

予測を立てられないままだから、不安になるんです。

予測を立てることが出来れば、土台を作れる

予測を立てることが出来れば、何が良いのか。

自然と、自分の下半身がしっかりと作れるようになるんですよね。

止まって打てる、慌てないで打つことが出来る。

相手の伸びて来るボールを返すには、アナタ自身が土台を作ることが一番。

圧迫感を感じて押されてしまうのは、ただ単にアナタ自身の足が止まっていないからというケースがよくあります。

そのために、適度な予測は必要。

「こんなボールが来そうだな」と感じたら、自分がどう打つのかもイメージが湧くじゃないですか。

「こんなボールが来そうだな」と感じたら、自分がどう打つのかもイメージが湧くじゃないですか。

単純に下がること、はしない方が良い

相手が打って来る、ボールが伸びて来る。

こういう場面で、ただ単に下がるのは良い策ではありません。

相手は、もっと打ちやすくなりますよ。

伸びのあるボールを止めたければ、予測で先回りして相手に「読まれているかも・・・」という不安を与えないと。

下がることって、相手をつけあがらせるんですよね。

みなさんもそうじゃないですか?試合で。

「お、俺のショットを怖がってくれている・・・」と感じれたら、ますますボールに伸びが出ますよね。

後ろに下がっても辛くなるだけ、です。

強気に打ち返す姿勢を、忘れずに

やはり、自分の心はボールに乗り移る。

強気に打ち返す姿勢、だけは忘れないようにしましょう。

「何とかしたい」と思ったら、じっくり相手を見て観察する。

癖を見抜ければ、先回り出来る。

先回り出来れば、打点を前で確保できる、土台を作ることが出来る。

難しくしているのは、全てアナタ自身です。

シンプルに、練習から意識してみると良いと思いますよ。

   

お勧めの練習法

球出し練習で、片方の選手が伸びのあるボールを打ち込む、相手が受け止めて返球する。

こういう練習をしてみましょう。

球出しは少し浅めで、しっかり伸びのあるボールを打てるようなボールを出していく。

そのボールを受ける側は、苦しいですが下がらないで予測して、しっかり足を止めて打つことに集中する。

ラリーは続けない、しっかり予測して土台を作る、ことを意識してみて下さい。

伸びのあるボールを打つことも大事、でも受け止める技術も大事。



強い相手のボールを返してこそ、試合で成長出来る。

普段の練習から、相手のボールが少し深い、速いとミスになってはいませんか?

その小さい雑な部分が、試合では命取りになりますよ。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  4. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    スライスのストロークの返球が苦手な人は、「膝の落とす位置」が高い

    スライスのストローク、を打たれると急に崩れる人。男性のスライス…

  2. テニス リターン

    ストローク

    「ゆるゆるテイクバック」が、テニスの基本です

    ストロークでもボレーでもそうですが、怪我が多い人ってグリップを強く握り…

  3. ストローク

    現代テニスのストロークでは、「テイクバックは身体のターン」で充分完了です

    ストロークで打点が一定しない、いつも違うフォームで打っている感じがする…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    両手バックハンドのテイクバックは、基本並行でOK

    両手バックハンドのテイクバック、みなさんどうでしょうか。何とな…

  5. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークのラリー戦、基本は「フォアハンドのグリップ」でしっかり構えよう

    私が見ている中で、試合慣れしている人。それは、ストロークでのグ…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    相手のボールが、浅い!と思ったら・・・どうしましょう?

    試合でラリーをしていると、相手のボールが急に浅くなる。それは、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    3連続ポイント、の貪欲さがテニスの試合には絶対に必要
  2. テニス サーブ

    ダブルス

    並行陣を作るサーブ&ボレーでは、「サーバーはセンターに寄って、外側のボレ…
  3. テニス メンタル

    ダブルス

    前衛のポーチが簡単なのは、並行陣?雁行陣?
  4. テニス 指導

    メンタル

    テニスでも何かの問題に出くわすと、人は本性を現す
  5. テニス メンタル

    その他

    今すぐに「カッコイイ、可愛い髪型」になるには、どうすれば良い?
PAGE TOP