テニス ウェイト

テニス知識

テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

目次

テニス選手として必要な筋力トレーニング、皆さんどんな感じでやってますか?

「ドキッ!」とした方も・・・大丈夫。

今回は、私が昔実践していた「家で装着しているだけ」で実施可能なトレーニング、をご紹介。

手首や足首、に軽めのウェイトを装着するだけ、です。

 

テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

 

1.手首にはめるだけで、テニス選手に必要な筋トレを

「そんなので、効果あるの?」と思うのが普通です。

ですが、少なくとも「今、トレーニングしてる感」は出ますよね。

私は高校時代、これを付けて家で生活・・・していた時期もあります、結構無意識のうちに。

家の中で、こういうウェイトを装着していると、軽い動きだけでも汗が出て来ます。

そして知らない内に、すごく体幹を鍛えることが出来るので、テニス全体がパワーアップしてくるはずです。

 

テニス ウェイト

出典:amazon

 

2.こだわりたいのは、フィット感

私自身、「付けている感覚」が無い方が良い。

トレーニングしている感も大事ですが、付けているのが邪魔だったり、くすぐったい感じだと気になりますよね。

フィットしないものは、続かない。

その点、La-VIE(ラヴィ)のリストウェイトは、デザインも良いしフィット感もすごく良い。

手足に付けて、何となく体を動かすのはもちろん、軽くジョギングするだけですごく良い負荷がかかる。

カラーバリエーションも豊富です。

 

テニス トレーニング

出典:amazon

 

テニス トレーニング

出典:amazon

 

 

3.トレーニングが日常、になれば最強です

いかにも・・・って感じにウェイトだと、ランニングしているときも少し恥ずかしいですけど、これなら気になりません。

装着も簡単です。

だからこそ、トレーニングが日常になるんですよね。

もう、やっていないことが気持ち悪い。

やることが普通で、1日の中でのルーティーンになっていくと、休日のテニスでもしっかりパワーが身に付いてくると思います。

上半身も下半身もしっかり鍛えられるし、何よりしなやかな身体に変わっていくと思いますよ。

ちょっと先のボレー、スマッシュ、ストロークで身体が動いてくれるように。

テニス トレーニング

出典:amazon

 

4.トレーニングを続けることが、テニスのメンタルトレーニングにもなる

たかがトレーニング、でもされど、継続していくことが大事です。

1.0kgの2個入り、がまずは女性でも試しやすいモデルですのでお勧めです。

テニスの試合って、何か急激に重たいもの、を持ち上げる訳じゃない。

でも、小さい負荷をずっとかけ続けること・・・が多いじゃないですか。

メンタル的にも鍛えられますし、何より「継続しやすいトレーニング」としてお勧めです。

2個セットで1,340円、で長く出来るトレーニング、始めてみませんか?

 

 

ピックアップ記事

  1. ラジオ番組、始めました!
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. テニス知識

    テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

    もうすぐ、ゴールデンウィークも終わり。この連休が終われば、もう…

  2. テニス ネット

    テニス知識

    テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?

    「自分の家の近くに、壁打ち出来る場所があれば・・・・」と嘆く…

  3. テニス サッカー

    テニス知識

    心から勝者を讃えたら、もっと強くなれる

    「お前、負けを認めてないだろ」こう言われた言葉、今でも鮮明に覚えて…

  4. テニス 凌駕

    テニス知識

    あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

    試合が続く夏場・・・皆さん、夏バテや夏風邪、悩まされていませんか?…

  5. テニス 居場所
  6. テニス 部活

    テニス知識

    部活で頑張る高校生、大学生の皆さんにオススメしたい「部活前の栄養補給」について

    夏休みも、もうすぐ終わり。これから秋にかけて、テニスの試合や練…

特集記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    練習から、「負けたまま」で終わる癖を付けないようにすることが大事
  2. 戦術

    相手が奪う時間に、付いていく
  3. テニス ストローク

    メンタル

    ビビった時のスピンストローク、ラケット面は下を向く
  4. メンタル

    負荷は自ら、かけるもの
  5. テニス ストローク

    ストローク

    相手のストロークのボールが速く深いときは、「慌てず後ろ足で壁を作る」ことで精神的…
PAGE TOP