テニス 防寒

テニス知識

寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

目次

これから秋にかけて、急激に寒暖差が激しくなってきますよね。

テニスの試合、大会って、経験している方は分かると思いますがすごく待ち時間が辛い。

いつ試合に入るのかも分からないし、汗をかいて着替えても、すぐに身体が冷えてしまう。

それに、これから秋にかけて風が強い日も増えてくると・・・身体に吹き付ける冷たい風が体力を激しく奪っていく。

試合を観戦したり、応援したりするときにも、防寒対策は必須です。

 

1.持ち歩けるサイズの高性能ブランケット

とはいえ、大きな毛布を持ち歩く訳にもいかない。

テニスの試合は電車移動の方も多いし、車で行くにしても荷物は出来るだけ減らしたい。

ラケットバッグの中の限られたスペースに収納出来て、試合会場でも役立つブランケット、モンベル社のSサイズがオススメです。

 

テニス 防寒

出典:amazon

カラーも豊富で、コンパクトに収納可能。

シンプルなカラーリングですので、幅広いテニスプレイヤーの方に重宝されています。

 

テニス 防寒

出典:amazon

女性はSサイズ、男性はMサイズくらいがベストでしょう。

 

2.使い方はたくさん!

試合を観戦するときも、待っているときも、スタイルは色々ですね。

テニスの試合会場って、観客席がある会場なんてごくわずか。

自分で椅子を用意するか、照明の下のようなスペースに腰掛けるか・・・そのまま地面に座る、こともあるでしょう。

このブランケットは腰に巻いたり、肩からかけたりするだけで、体感温度はすごく変わります。

 

テニス 防寒

出典:webshop.montbell.jp

 

テニス 防寒

出典:webshop.montbell.jp

 

3.試合会場で風邪を引くのも実力のうち

テニス会場での自己管理、まだまだ甘い選手が多いですよね。

自分の試合が終わった後、応援していたら風邪を引いて翌日から練習出来ない・・・というのでは、情けない。

防寒に関しては、私は多少しっかりお金を使ってでも良いモノ、を買って長く使うことをオススメします。

そう考えると、アウトドアメーカーの商品はやっぱりしっかりしている。

私も長く使ってますが、ほとんど破れたりしない、タフな商品です。

これからの秋~冬の大会シーズンに、1枚どうですか?

 

 

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス知識

    TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

    トレーニング用のラケット、と聞いてみなさんイメージは湧きますか?…

  2. テニス 持ち物

    テニス知識

    「テニスの遠征・合宿に持っていくのに、忘れがちなアレ」をまとめてみました

    テニスに遠征は付きモノ。部活では合宿もありますよね。私…

  3. テニス 多動力

    テニス知識

    多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

    私が中学生、高校生でテニスをやっていた頃。その頃の話題の中心、…

  4. テニス メンタル

    テニス知識

    初心者でもテニスの試合に出て恥をかかない、「カウントの数え方とコールの仕方」について

    テニスの試合は、ほとんどの試合がセルフジャッジで選手自身で試合を進めて…

  5. テニス イレギュラー

    テニス知識

    リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

    テニスの試合で、イレギュラーバウンド・・・どの程度あるでしょうか?…

  6. 素振り

    テニス知識

    「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

    読者の皆さんの中にも、「素振り」を頑張っている皆さんは多いはず。…

特集記事

  1. テニス 並行陣

    サーブ

    安定した回転系のサーブは、こするのではなく「弾く」感覚で
  2. テニス ストローク

    サーブ

    「サーブは楽チンじゃないと」省エネテニスで試合を勝ち上がる為に
  3. テニス ダブルス

    練習メニュー

    テニス選手として、「試合での敗戦を、活かせる人と活かせない人」の違い5つ
  4. テニス ドロップショット

    ボレー

    「ドロップボレーが上手く打てない・・・」人に効果的なテニスボールの軌道の作り方
  5. ロブ

    スマッシュを深いロブで返す為に、必要な5つのコツ
PAGE TOP