テニス ストローク

ボレー

ネットから遠いから、ドライブボレーが効果的

試合で使える、実戦的なショット。

私は、このドライブボレーはぜひ使って欲しいと思っています。

学生向けの、ラケットを振れる人の技術?

そんなことはありません。

男女問わず、年齢問わず、私は必要なショットだと思っています。

 

ネットから遠いから、ドライブボレーが効果的

 


 

1.なぜ、身に付かないのか?

この理由は、すごく明白です。

まず、教えられる人が少ない。

テニスコーチの中にも、打ち方怪しい人多いですよ。

なぜなら、自分が打ってきていないから。

そして、練習自体も難しいですよね。

ボレー対ストローク、のようなラリー練習ではドライブボレーは打てない。

それに、テニススクールのような人数が多い場所で打つと、コントロールミスして怪我にもつながる可能性がある。

だから、打てる人が少ないし、打つという文化が無い。

これがまず、大前提としてあるんです。

 

2.だから、身に付ければ効果的!

ですが、試合ではどうでしょう?

結構、打っている人、見かけませんか?

ドライブボレーは、非常に実戦向きのショットで、試合ではかなり使えます。

受ける側も、受け慣れていないから苦しいんですよね。

身に付けて使えば、それだけで相手が慌ててくれる。

そんなにボールに勢いは無くても、何だか「ドライブボレー」というだけで威力があると感じて、ビビってしまうんですよ。

アナタ自身、使ってみよう、やってみようと思うことが大事です。

 

3.ネットから遠い位置のボレー、振っていこう!

難しく考えずに、まずは降ってみること。

今までスライスでつないでいた、ネットから遠い位置でのボレーを振っていく。

グリップをスピンのグリップで待って、上方向に打っていくだけで、まずはOK。

大きくアウト、良いじゃないですか。

そこから入るように調整していけば良いんです。

ドライブボレーで難しいのは、まずこの「打つ、振る」という姿勢ですから。

それが踏み出せれば、もう70%は完成です。

ネットから遠いから、慣れればボールが変化してコートに収まってくれる。

その感覚、があれば試合でも強いですよ。

 

4.「押し込んでいける」という自信が持てる

ネットから遠い位置からのボレー、不安ですよね。

つないだら打ち込まれそうだし、だから深く入れないと・・・と思って、アウトしてしまう。

こんなケース、試合で多くないですか?

だったら、ドライブボレーで押し込んでいく。

少し勇気が要りますが、相手に積極性を見せることも出来ますし、押し込んでいけるという自信になります。

自分の中で、攻撃にリズムが出来るんですよね。

ネットから遠ければ、ドライブボレーで押し込んで相手に主導権を渡さない。

打ち方ひとつで、こうも違うのかと。

使ってみると、気付くはずですよ。

 

最近のラケット、ガットであれば、大丈夫。

昔のラケットより反発力もありますし、しっかり振れば肘や手首を痛めることも無いでしょう。

まずは無謀だと思っても、トライしてみて下さい。

デッドゾーンあたりのフワッとしたボール、からぜひ!

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. ボレー

    ボレーがすぐに浮いて攻められる、人はどうすれば良い?

    試合ですぐに、自分のボレーが浮いてしまう。それが怖くて、なかな…

  2. ボレー

    ハイボレーをいつもふかしてアウトする人は、「テイクバックのときに膝が伸びない」ようにチェック!

    テニスの試合で、ミスして落ち込むのがハイボレー。ダブルスでもシ…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    フォアハンドはパス、バックハンドはロブを先読みしよう

    私が普段、並行陣でプレーする時に考えていること。これはきっと、…

  4. テニス ドロップショット

    ボレー

    「ドロップボレーが上手く打てない・・・」人に効果的なテニスボールの軌道の作り方

    相手のストロークのショットを、華麗にドロップボレーで決める・・・。…

  5. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーはエースを狙うのでは無く、「相手を走らせるショット」だと考えるとミスが激減するはず

    ウィンブルドンの試合を観ていると、改めてシングルスのネットプレーの重要…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    「下がりながらやっと届いたバックハンドハイボレー」から態勢を戻しつつ攻撃する、アングルの発想とは?

    バックハンドのハイボレーは、テニスで一番打つ時に力が入り辛い場所。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 環境

    メンタル

    「人に言われてウザい」と思うことは、大抵が図星
  2. テニス バナナウェイト

    テニス知識

    素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. その他

    なぜ、テニスは試合経験が必要なのか?
  4. テニス ストローク

    ボレー

    ダブルスの試合に前衛で武器になる、「ポーチからのドロップボレー」は絶対に身に付け…
  5. テニス ロブ

    ストローク

    ストロークでリラックスして打てない人は、「重力だけでラケットダウン」を実践してみ…
PAGE TOP