ボレー

意表を突いたボレー、が効果的な場面は?

相手に、「やられた!」と思う瞬間。

みなさんは、試合でどんな時に感じますか?

いかに、この意表を突くポイントを作れるかどうか。

相手に与える精神的なダメージやプレッシャーは、計り知れないですよ。

今回は、ボレーをテーマに考えてみましょう。

 

意表を突いたボレー、が効果的な場面は?

 


 

1.例えば、ポーチは典型例

自分としては、相手の後衛に返球したつもり。

それが、相手の前衛が出て来て、横取りしてしまう。

「何だよ!邪魔するなよ!」と思いますよね。

ダブルスですからある程度予測していますが、後衛に返そうと思ったのに前衛に触られる。

これは本当に、意表を突かれたという感じでしょう。

こういうプレー、みなさんはしっかり試合の中で実践出来ていますか?

相手の意表を突くには、ポジショニングが一番大事です。

 

2.いないはずの場所にいる、からビックリする

ポーチが上手い選手って、「そこまで触るの!?」と思うくらい、しっかり動く。

いないはずの場所、に打ったのに・・・そこにいるんですから、ビックリします。

しっかりクロスに打って前衛を避けたつもりが、前衛がいてボレーされる。

これは、たまったもんじゃないですよね。

テニスでは、これが出来るというルール設定になっている。

改めて、このルールを活かす方法を考えていけば、相手の意表は突けます。

 

3.ワンバウンド、なボールをノーバウンドで

テニスでは、ルール上ボレーも有効。

ワンバウンドかノーバウンド、その選択は自分たちで出来る競技です。

ですから、相手がワンバウンドで打って来るだろう、と思っているボールをノーバウンドで返球することに意味がある。

まさに意表を突く、という感じですよね。

相手は、自分が思っている以上に早いタイミングで返球されてくるから、慌ててくれる。

ストロークと思いきや、ボレーというパターン。

みなさん、試合でどれくらいあると思いますか?

私は結構、多いと思いますよ。

 



 

4.使えるパターン、並行陣相手にリターンダッシュ!

私がよく使うのは、これです。

相手がサーブ&ボレー、サーブを打って前に出て来る。

ここで、リターンを沈めて相手がファーストボレー、これをノーバウンドで返球する。

サーブを打った相手からすると、ファーストボレーを深く打ってストローク側に負荷をかけたいと思っているはず。

そうはさせないぞ、と。

このファーストボレーをこっちもボレーで返球する、そのためにリターンから前に入っていく。

相手は、ベースラインにいる相手に打っているつもりが、いつの間にかサービスライン上にいる相手に打っていることになる。

このギャップが、こちらのチャンスになるんです。

相手の意表を突くポイントは、1つだけ。

ストロークを打たせようと思っているボールを、ボレーで返す。

これがきっと、良い攻撃になるはずですよ。

 

5.お勧めの練習法

リターンを打って前に入る、ボレー戦に持ち込む練習をしてみましょう。

ダブルスの形式で、サーブ&ボレー、リターンダッシュで4アップの状態からスタート。

イメージは、こんな感じ↓です。

ゆっくりなボールでもOK、試合では、サーブ側の意表を突きたいところです。

速いボール、強いボールで攻撃するのではなく、タイミングを外して意表を突く。

練習では予め相手の動きを想定して行いますが、試合では効果的ですよ。

 

どこに立っているのか、動くのか分からない相手。

そういうの、最高に嫌じゃないですか。

ベースラインからサービスライン、更に前に詰めるような前後の動き。

これを常に意識して、相手の考え方を外していきましょう。

やりながら、きっと感覚が養えるはずです。

ピックアップ記事

  1. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの試合で「2バックの粘るペア」を崩す為に必要なネットプレーの心得え4つ

    学生でも社会人でも、「この相手はサーブが良いな・・・」と感じると、リタ…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    浮いたチャンスボールなのにネットプレーで足が出ない人は「無意識のうちに安心している」

    浮いたチャンスボールほど、テニスではつい力が入るもの。「しっか…

  3. ボレー

    ダブルスの前衛で、ストレートに誘った後のボレーは「シンプルにラケット面を作るだけ」で充分!

    ダブルスで前衛にいるときに、ポーチに出て決めた後はストレートに誘いたい…

  4. テニス ボレー
  5. テニス ボレー

    ボレー

    「低い位置でのローボレー」が苦手な人は、サイドスライスを覚えて相手をコートから追い出そう!

    テニスにおいて難しい技術の一つは、ネットより低い位置のボレー。…

  6. テニス スマッシュ

    ボレー

    「片手バックハンドボレーが難しい」と感じている人は、シンプルな準備の形に変えていこう

    テニスを始めて最初の壁、それは「バックハンドボレー」だと思います。…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 雨

    その他

    「リーダー作り」テニス部の部活動に必要なリーダーの育成について
  2. テニス知識

    雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  3. テニス 練習

    その他

    「新しい自分のテニスを作りたい!」という人は、テニスコート以外でもどんどん新しい…
  4. 戦術

    決まらなくても、攻め続けることが大事
  5. テニス ストローク

    リターン

    リターンの反応が遅い選手は、ネット上に分岐点を作って待つようにしてみよう
PAGE TOP