テニス ボレー

ボレー

ネットプレーで足元に強くなるには、「ハーフボレーでのボレーボレー」を練習に取り入れよう

普段皆さんも実践しているであろう、ボレー同士のラリー、ボレーボレー。

ウォーミングアップでもよくやりますよね。

でも、実際の試合でもっと足元のボレーを強化したいなら、「ハーフボレー」の技術はやっぱり必要。

そこであえて、少しお互い短めにラリーする「ハーフボレーでボレーボレー」を練習してみませんか?

慣れてくると、自然に試合でも返球出来るようになると思います!

 

ネットプレーで足元に強くなるには、「ハーフボレーでのボレーボレー」を練習に取り入れよう

 


 

■ハーフボレーが打てれば、ネットプレーは一皮むける!

足元のボールが打てないと、なかなかネットプレーに積極的になれない。

ネットから少し距離がある、サービスライン付近だと迷いと不安が生じて、つい後ろでのストローク中心のスタイルになる。

そこから一皮むけるには、やっぱりハーフバウンドのボレー、ハーフボレーを磨く必要があります。

まずは数を打つために、お互いがハーフボレーで返球し合う、ハーフボレーボレーをやってみましょう!

 

■足元に来たボールは、相手の足元に、が基本

テニスの基本は、相手の足元。

なぜならそこから攻撃する、のはネットがある以上難しい。

試合が上手い相手は、足元のボールを、相手の足元に返球するのに慣れている。

ぜひ、ボレーボレーだけでなく相手の「前」で意図的にバウンドさせるくらい短く打つ練習、してみて下さい。

コツとしてはまず低い態勢、それからグリップはボレーのグリップよりも少しだけストロークに近い、厚いグリップのほうがオススメです。

ラケット面を少し下に向けて、ボールが上に飛んでしまわないようにしっかり抑える。

そしてフォロースルーは短めにして、相手の前でバウンドするくらいの飛距離に調整してみましょう。

 

■お互いサービスラインくらいに立って、ハーフボレーを多めにする

最初から全部ハーフボレー、でなくてもOK。

まずはボレーボレーを長い距離でやるイメージ、そこから徐々にハーフボレーの数を増やしていきましょう。

しっかりと速い判断、が必要です。

ノーバウンドかワンバウンドさせるのか、は相手が打ってボールがネットを超える瞬間、くらいまでには判断して足を決める。

最初は迷うこともあるでしょうが、慣れればきっと身体が反応してくれるようになります。

 

ハーフボレーは、なかなか練習が難しい。

部活やサークルでも、チームとして取り組む課題として、ぜひメニューに入れてみて下さい。

試合で打てないのは、決定的に練習で打っている回数が少ないから。

ハーフボレーが得意になると、ダブルスの並行陣でも大活躍です。

ぜひこの夏、身に付けていって下さい!

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  5. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    ポーチボレーを確実に決めるなら、〇〇もしっかり準備を!

    ダブルスのポーチボレー、決まると一気に盛り上がりますよね。です…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーに必要なリズム感、「1,2,3」のフットワークを覚えておけば初心者の方でも安定します!

    今回は、ボレーに必要なフットワークについて改めて。よくストロー…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    「バックハンドのボレーがコントロールできない」人におくる、最低限の手堅い基本4つ

    「バックハンドボレーだけ、どうしても打てない・・・」という方が、テニス…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    テニス選手にも必要な柔軟性は、ローボレーのような球際にこそ活かされる

    テニスに柔軟性は、必要か?というご質問を、たまに頂きます。…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    相手の速いボールが身体の正面に来たときは、「身体を反らせてノーテイクバック」で合わせれば返球できる

    相手の打ったボールが速い、しかも自分の身体の正面に飛んで来た・・・。…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    ネットプレーを入れようとしたけど、アプローチが甘くなった!その時は・・・?

    試合の中で、ネットに出ようと思ったけど・・・アプローチが浅い!甘くなっ…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーカットは、しっかり深く・・・だけだと、危険な発想です
  2. テニス 環境

    戦術

    試合をこなす、から、「計る」に変えていこう
  3. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスで使えるショートクロス、「高い打点から起動高め」でいこう!
  4. テニス サーブ

    ストローク

    社会人からテニスを始めた方に目立つ、「手打ちなストローク」を直せば怪我が減り長く…
  5. テニス 練習

    水分補給

    「まだまだ暑くなる夏に向けて、さぁ準備」しっかり準備対策を取れば、熱中症は防げる…
PAGE TOP