テニス スマッシュ

リターン

身長が低い選手のサーブは、「回転系」が基本になる

テニスの試合、サーブの特徴は早く把握するに越したことは無い。

特にシングルスの試合では、半分は相手のサービスゲーム。

このサービスゲームに入る前から、実はテニスにはある鉄則がある。

女性プレイヤーにも非常に参考になる部分、だと思います。

 

身長が低い選手のサーブは、「回転系」が基本になる

 


 

1.身長に低い選手のサーブ、ほど厄介なものは無い!

サーブは身長が高い選手が優位?

確かにそうかも知れませんが、でもそれってプロ選手のイメージが強過ぎるのかも知れない。

打点が高いサーブは速くて脅威ですが、身長が低い選手のサーブも、実は厄介な部分が多い。

なぜなら、身長が低い選手はしっかり「回転をかけたサーブ」を得意にしている選手が多いから。

特に結果を出している選手で身長が低い、選手は上手くサーブでのハンディを武器に変えている。

回転がしっかりかかったサーブの方が、軽くて速いサーブより厄介だと思いませんか?

 

2.サーブの威力は、「バウンド後のボール」で測ろう

見た目よりも伸びて来る、手元で加速するようなサーブ、脅威ですよね。

身長が低くてもバネがある、しっかり下半身を使えている選手はこういったサーブを打って来ます。

試合が始まる前に、身長が低い選手には「しっかり回転系のサーブ、警戒しないとな・・・」と自分でイメージしておく。

きっとファーストサーブからしっかり入れて、ラリーに持ち込むような選手が多い。

まず、楽な戦いは避けられないでしょう。

 

3.回転系のサーブのリターンが苦手な人は・・・?

まず、しっかり前に踏み込んでいくこと。

待っていてもどんどん、バウンド後の勢いで差し込まれます。

しっかりスプリットステップから前、に踏み込んでバウンド後をライジングで捕らえるイメージでリターンを入りましょう。

バウンド後の変化は、コートサーフェスによっても異なります。

速く慣れることが大事だし、しっかり予測してラケットを準備することも大事。

もたもたしていては、あっという間に試合は終わってしまいますからね。

 

身長が低い選手は、どこか実力も低くみられがち。

ですが、それは大きな間違いだしアナタ自身損をしている。

逆にもし、アナタが身長が低めの選手であれば・・・上手く相手を「騙す」ようなことも出来る。

回転系のサーブだけでなく、フットワークを活かしたスマッシュやネットプレーも、磨いていきましょう。

そして相手がひるんでいるうちに、試合を終わらせてしまいましょう!

ピックアップ記事

  1. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. テニス サーブ

    リターン

    シングルスの試合で、「リターンゲームこそネットプレーを入れていきたい」4つの理由

    リターンゲームで、アナタは何か違いを作れる選手でしょうか。つい…

  2. テニス ストローク

    リターン

    ハッキリとリターンの立ち位置を変えると、メンタルまで変わる

    リターンで攻撃的にいきたい。錦織選手の試合を観ていると、本当に…

  3. テニス ストローク

    リターン

    リターンの反応が遅い選手は、ネット上に分岐点を作って待つようにしてみよう

    リターンの反応が、遅いと感じている人・・・。なかなか、ブレイク…

  4. テニス シングルス

    リターン

    デュースサイドを手堅く、アドバンテージサイドで冒険

    これは、私がシングルスの試合で考えていること。リターンをずっと…

  5. リターン

    「リターン嫌い脱出大作戦」テニスの試合は意識を変えることでリターン上手になれる!

    「リターンが苦手」という言葉をよく聞く。でもリターンって結局は…

  6. リターン

    リターンの準備に必要なのは、ラケット位置の高さ

    私がいつも、リターンの時に意識していること。速いサーブでも、緩…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニス初心者の頃から身に付けたい、「身体を横向きに作って、相手方向を見る癖」につ…
  2. シングルス

    対戦相手は、変化するもの
  3. シングルス

    シングルスの試合、相手がスライスの構えになったら実行したい5つの秘策
  4. テニス ダブルス

    リターン

    バックハンドリターンは、踏み込んで合わせる形で攻撃していこう
  5. テニス リターン

    リターン

    ブロックリターンがシングルスの試合で有効な理由5つ
PAGE TOP