テニス サーブ

リターン

相手のサーブは、いわゆる球出しです

リターンでどうしても、調子が上がらない時。

こういう発想を持てると、私はすごく楽になれると思いますよ。

特に、テニススクールで日々練習している方は、こういう発想は大事。

いつもの練習、に近いんだと思えれば楽ですよね。

 

相手のサーブは、いわゆる球出しです

 


 

1.一般の人のサーブは、大したことない

まず、これが前提です。

正直、特に女性の方はそうじゃないでしょうか?

セカンドサーブなら、ほとんど球出しに近い。

たまに早いファーストサーブも入るかも知れませんが、それも「厳しい球出し」だと思えば良い。

プロ選手のように、サーブが強力で優位に立つ、ということはほとんど無いでしょうから。

この部分、しっかり意識しておくと試合ですごく楽になりますよ。

 

2.球出し、は自分に優位である

という発想、が持てると良いでしょう。

自分の為に、相手が球出ししてくれる。

そのボールから、優位に立てるのは自分自身なんだと思えると、練習通りじゃないですか?

練習の時の球出し、その役を相手がやってくれているということ。

実際に、それくらい打ちやすいボール、が来ると思いますので。

相手のサーブは、自分への球出し。

この言葉、を持っておくだけで、かなり楽になると思います。

 

3.その球出しは、どこに打ってもOK!

実際の練習では、打つコースを限定されたりもしますよね。

「最初は、クロスに返して・・・」みたいなこと、は無いですから。

随分と、これまた楽ですよね。

そして、自分が優位だということを感じることが出来る。

試合の緊張した場面では、どうしてもリターン側の選手が不利、サーブ側が優位、という雰囲気になりがち。

でも、そんなことは無いですから、私たちの試合では。

 

4.その球出しは、浅い球出し

そして、極めつけはこれです。

深いサーブ、球出しはフォルト、になりますよね。

だからこそ、アナタ自身は自信を持って良い。

浅い球出しから、自分はどんどん展開出来るんだと思って良い。

攻撃的に、何も恐れる必要は無いですから。

相手のサーブは、浅い球出し。

これだけは、覚えておいて損は無いでしょう。

 

実際、しっかりリターンを打っていけるような人は試合で強い。

相手サーブを恐れていない、自分から展開出来るもの、という認識が強いですからね。

相手が、自分の打ちやすいボールを出してくれて、そこから試合はスタートしていく。

試合は、これでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. テニス 練習

    リターン

    ストレートアタック、をリターンで成功させる5つのコツ

    ダブルスの試合で、リターンをストレートに打つ。これが精度高く…

  2. テニス クレーコート

    リターン

    なぜフェデラー選手のリターンが凄いのか、を分析してみると・・・?

    昨日のウィンブルドン決勝、ご覧になった方も多いと思います。フェ…

  3. テニス メンタル

    リターン

    「ブロックリターンが使えると、試合にリズムが作れる」相手に決めらるのはOK、と割り切って

    リターンが苦手な人は、良いサーブでも同じようにリターンして失敗する。…

  4. リターン

    リターンダッシュで意識したい、ボールへの力の伝え方

    試合で有効なリターンダッシュ。特に相手のセカンドサーブは、しっ…

  5. テニス リターン

    リターン

    ダブルスの試合で有効な「ドロップショット気味のリターン」は、置きにいくとネットを越えないので注意

    リターンからのドロップショット、とまでいかなくても浅めにリターン出来る…

  6. リターン

    クロスへの強烈なリターン、をまず消そう

    ダブルスの試合で、「まずいな・・・」と感じる場面。みなさん、ど…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス リターン

    ストローク

    ストロークで切れ味を出したいなら、「ラケットを強く振るのではなく、鞭のように扱う…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    「ハイボレーでもっとパンチ力が欲しい!」人に、オススメの練習方法とは?
  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスの練習では、「不確定なランダム要素」を取り入れないと、試合とのギャップを埋…
  4. ストローク

    ボレーヤーに向かってストロークを打ち込む、ことを恐れてはいけない
  5. 戦術

    考えた時点で、もう遅い
PAGE TOP