テニス メンタル

リターン

「ダブルスの試合で、相手の並行陣を崩す!」為に必要な、リターン側の前衛の役割5つ

安定したネットプレーを得意にするダブルスプレイヤーは、並行陣で挑んでくることが多いですよね。

特にサーブからネットを取られる流れに乗せてしまうと、あっという間に試合が進んでゲームセットということに。

テンポの良いサービスゲームを崩すリターンゲームに必要なのは、どんな作戦でしょうか?

 

「ダブルスの試合で、相手の並行陣を崩す!」為に必要な、リターン側の前衛の役割5つ

 


 

1.クロスリターンを沈めた後のファーストボレーを仕留める

クロスへリターンを沈めることができる人は多い。

それでもその次のボールを仕留めにいけるペアがいないのは、とても残念なこと。

沈めることができればリターン側の前衛はどんどんネットに詰めてきます。

相手が「上」打って繋いでくるボールを仕留めにいかなければ、状況はどんどん不利になります。

クロスに沈めることは、リターンをするプレイヤーの責任。

リターン側の前衛はそれを信じて、前にチャージしていきましょう。

 

2.ファーストボレーをストレートへ誘うフェイントを入れる

1.でしっかりとプレッシャーをかければ、サーバーは当然ストレートへ展開するようになります。

そのタイミングを逃さず、ストレートへ誘うようにフェイントを入れましょう。

ポーチに行くと見せかけて、ストレート、つまり元いた場所に戻って相手のボールを仕留める。

ポイントは、ストレートに呼び込むときにも必ず前に詰めながらボールを捕えにいくこと。

よく、待っていることが「ストレートケア、呼び込むこと」という意識の人がいますが、それは違います。

前に行ってネットに近づかなければ、攻撃的なボレーができません。

 

3.後衛の選手がラリーの中で崩して、前衛が前で決める

後衛の選手がストローク、ロブを積極的に展開できれば、前衛はそれを仕留めるように動かなければいけません。

ストレートロブを触らせたり、またセンターへ沈めるボールを打った時には、リターン側も前衛が触りにいかなければもったいないのです。

後衛、つまりリターン側の選手にチャンスボールがきた際には、どう展開していくのか得意なパターンを作っておくと良いでしょう。

ショートクロス、ストレートへのスピンロブを触らせるのか・・・息の合った攻撃ができるよう、しっかり練習しておきましょう。

 

4.いつでもロブボレーの準備をしておく

前衛は、相手の前衛から攻撃される場面も多くなります。

特にサーブが強烈でリターンが甘くなった際には、まず守備を優先して構えなければなりません。

その際に、相手並行陣も弱点である上を使えるように、ロブボレー、ロブハーフボレーを打てるように準備しておきましょう。

相手は攻撃しているときには、上を使った反撃に弱い。

自分たちが並行陣で攻撃していく際にも、注意が必要です。

 

5.素早く攻撃的、守備的なポジションにも移れるようにする

前衛は、ポジショニングが8割、と言っても良いでしょう。

ラリーの中で、どれだけ細かいポジションチェンジ、調整がでいるかが勝負です。

上のレベルの試合になると、前衛もお互いに読み合いの心理戦。

攻撃的なポジションが必要だと感じた際には、ネットすれすれまで、しっかり前に動けるように。

ボールを打っていないときの動きで、差が出るのがテニスの実力です。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    「ダブルスでリターンのサイドはどうやって決める?」参考にしたいテニスの試合巧者の考え方

    皆さんは、ダブルスで得意なサイドはありますか?組むペアによって…

  2. テニス 練習

    リターン

    緩くて深いリターンは、シングルスの試合で効果的

    実は、怖いようで有効な攻撃。シングルスの試合で、ぜひ試して欲し…

  3. リターン

    ダブルスの試合で必要な、「リターンをクロスに深く、高く返球」は基本パターンとして磨いておこう!

    ダブルスの試合、色々考えることは必要ですが、まずシンプルにクロスに高い…

  4. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で使える、「リターンで有効なコース」4つ

    シングルスの試合、意外とリターンのコース、迷いませんか?ある程…

  5. テニス メンタル

    リターン

    ボディへの速いサーブは、「脇を締めてラケット面を被せる」ことで返球出来る

    ボディへのサーブ、きっと最近増えています。こう感じるのは、男子…

  6. テニス リターン

特集記事

  1. テニス サイト

    メンタル

    リードすること、勝利することを恐れてはいけない
  2. テニス スマッシュ

    ストローク

    テニスの上達の鍵は、「小指」の使い方に有り
  3. テニス センス

    日々の雑記

    テニスが上手い選手、テニスも上手い選手
  4. テニス ハードコート

    戦術

    変則的な陣形になったら、すぐに前衛が動くのが吉
  5. その他

    テニスの草トー大会ほど、残酷なものは無い
PAGE TOP