テニス メンタル

ストローク

「ストロークをどこに打つのか?」ラリーの中でコースを決めるタイミングは・・・?

ストロークのコースの打ち分け、テニスの基本中の基本。

それでも上級者の中でも、その「打ち分け」のタイミングが自分で把握できていない人がいます。

自分自身が、どこまでボールを待てるのか、コースを決めないで引き付けられるのか・・・。

アナタは正確に、自分のタイミングを把握できていますか?

 

「ストロークをどこに打つのか?」ラリーの中でコースを決めるタイミングは・・・?

 


 

■一般的にはラケットダウン以降はコースを変えられない

ストロークにおいて、コースを隠せるタイミングは人それぞれです。

どんどん早いライジングのタイミングで打っていく選手は、ストロークの配球コースの決断も早い。

感覚的に相手を攻撃していくタイプに多いようです。

一般的には、テイクバックからラケットダウンが始まると、もうコースの変更はできません。

あとは打点を前に取ってクロス、引き付けてストレート、という打ち分け方も一般的ですよね。

この細かい部分のタイミングを、「自分自身で把握できているかどうか」がポイントになります。

 

■自分の「タイミングの型」ができれば、早くその態勢に入れば主導権が握れる

試合の中では、「どちらにでも打てる状態」をいかに多く作るかが重要なポイントになります。

自分のストロークのコース決定のタイミングが分れば、その態勢を多く作ることで試合を優位に進められますよね。

もちろんそれには、フットワークは不可欠です。

そして相手に早いテイクバックを見せ付けましょう。

テイクバックして構えている状態が、アナタの間であり、コースを決定できるタイミングになります。

 

■試合に勝つにはラリーの中で常に相手コートを観察する力が必要

上のレベルの相手を倒していくには、ラリーの中で相手の動きを観察する必要があります。

自分のストロークにだけ頭がいっぱいになると、相手にとっては余裕が無いように写り、非常に楽な対戦相手になってしまいます。

普段の練習から、相手コートの「どこにスペース」があるのか、「どちらの足に体重がかかっているのか」を確認しながら、打つコースを決定していけるようにしましょう。

漠然とラリー練習していては、感性が磨かれません。

普段の練習相手こそ、しっかり観察してコース選択の材料にしていきましょう。

 

上のレベルになれば、アナタの予測を予測してきます。

予測を上回る裏をかくには、コース決定のタイミングを自分で把握しておかなければなりません。

アナタ自身の「間」で勝負しなければ、テニスはいつまでも「打たされている」ままです。

まずは明日の練習から、自分は「どのタイミングでコースを変更できるのか」を探ってみて下さい。

自分を知ることで、全てがスタートします!

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. ストローク

    「グリップを使い分けよう」テニスのストロークの調整は自分自身でカスタマイズ

    グリップの持ち方って、一応それぞれのショットに対して主流はあるけど、人…

  2. ストローク

    「オープンスタンスでフォアハンドストローク」テニスの試合でつなぎには最適ですが・・・

    フォアハンドストロークのオープンスタンスは便利!!!ムチャクチ…

  3. テニス メンタル

    ストローク

    苦し紛れのドロップショットは、結構相手にバレバレです

    試合の中で、私は何度も「ドロップを使おう!」と書いて来ました。…

  4. ストローク

    速いボールを正確に打って来る相手、にはどう対抗する?

    最近、よく頂くご質問です。「色々戦術は分かったけど、結局速い…

  5. ストローク

    鋭く足下に沈む攻撃的なストロークは、「軌道の頂点がネット手前」に設定されている

    相手が前に出て来ているから、しっかり足下に沈めたい。自分では良…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドストロークが安定しないときに、調子を戻す方法

    試合の中で、アナタの武器はきっと「フォアハンドストローク」じゃないでし…

特集記事

  1. テニス 環境

    その他

    「チャレンジした上でのミス」が許されない環境の中で、学生テニスプレイヤーは画一化…
  2. テニス ポジショニング

    ダブルス

    魚のいない場所で糸を垂らしても、一匹も釣れない
  3. 戦術

    振り切ってコントロール、なぜ難しいのか?について
  4. ボレー

    ネットに詰めたら、上段の構えが基本
  5. テニス ストローク

    サーブ

    試合の緊張した場面で、「サーブを置きにいくときの自分の癖」を把握しておけば直せる…
PAGE TOP