テニス リターン

ストローク

「打つコースがバレないように隠す」ことが、本気で求められている

テニスが上手くなる、試合に強くなる。

うえで、このステップは絶対に欠かせない。

そろそろ、自分が打っているボールがどうとか、そういうレベルを超えた考えを持って行かないと。

アナタもきっと、そのレベルになっているはずです。

 

「打つコースがバレないように隠す」ことが、本気で求められている

 


 

■「打つコースを相手に隠す」ことの重要性の認識は、まだまだ甘い!

試合に出ていない人、真剣勝負で格上相手の試合が少ない人は、まだまだ認識が甘い。

だって簡単な練習、ラリーで打ち合うだけでは、全く必要無いですからね。

自分が打つコース、を隠すという概念、そもそも必要無い。

でも、実際に試合に出ている人なら分かるはず。

どんなに強烈で速いショットを打つ選手よりも、確実に、しかもコースを隠してくる相手の方が嫌。

戦い辛いこと、この上無いのです。

アナタ自身、どんなに良いショット、を打っていてもコースがバレていれば相手にとっての「良いショット」では無いのです。

 

■コースを隠すには、速い準備とボールの回転量が不可欠

まず、何度も書いてきましたが速い準備は絶対に必要。

それは、打つ準備、だけじゃないんです。

準備出来ている、しっかりテイクバックまで完了して止まって待つ、という格好を相手に見せるからコースを読ませない。

コースを隠している、とは速い準備を相手に見せているということ。

さらに、そこから回転量のあるショットでボールをコントロールする。

スピン系でも回転量が多いショットは、クロス、ストレート、打ち方が変わらない。

多少打点は変わっても、相手からすると本当に「同じ打ち方」で打って来るように見えるから、やり辛い。

まずは構えの速さ、から見直していきましょう。

 

■コースを隠す、決断する、打ち切る、を繰り返すのがラリー

ラリーの意識も、変えていきましょう。

相手のボールに対して、まずはコースを隠す。

つまりは、どちらにでも打てる決断が下せるように、しっかり打点に入るということ。

良いショットが打てたからと言って、満足しない。

「今のはエースになったけど、ストレートに打てる態勢じゃなかったな・・・」とか、気付けてますか?

これに気付けていない選手は、テニスの試合に勝てる訳が無い。

駆け引き、という土壌にすら上がれない訳ですからね。

 

意識を変えれば、練習が変わる。

ただ、何も考えずにストレート、クロスのラリー・・・という練習では物足りなくなるでしょう。

どちらにでも打てる態勢で、全てのボールに入ってコースを隠す。

決断し、振り切る、やり切る。

これが出来る選手になるレベルに、アナタはもう成長しているはず。

この記事が良いきっかけになるように、祈っています。

ピックアップ記事

  1. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  2. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス シングルス

    ストローク

    テニスの試合で、「攻撃的にプレーゾーンを前」にしたければ改善しないといけない5つのこと

    テニスの試合、ここぞという場面では前に入りたい。ベースライン上…

  2. ストローク

    パッシングショットが苦手な人は、駆け引きという発想が無いから辛いんです

    パッシングショット、シングルスの試合では使う機会が多いですよね。…

  3. ストローク

    「走らされても安定感」テニスの試合で差が出る前への動きと対応方法

    皆、しっかり練習してるかい?安定したショットと攻撃のショットの…

  4. ストローク

    テニスの試合で、「コントロール良くストロークを打ち続ける」為に必要なターゲット意識とは?

    テニスの試合でコントロールが良い人、絶対に強い。うらやましいく…

  5. ストローク

    スライスアプローチ、を安定させるラケット面の意識とは?

    今回は、スライスのアプローチショットについて。本当にちょっと…

  6. テニス サーブ

    ストローク

    「テニスにおける隙の無い並行陣を崩す」為のストローク術とは?

    ネットプレーが得意な選手の並行陣、とても安定感がありますよね。…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーは腕を伸ばす、のではなく「しっかり胸を寄せて」いこう!
  2. テニス サーブ

    サーブ

    コーナーを突いたセカンドサーブ、を試合で打つ為の4つのコツ
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「自分はテニスが下手」という言葉は、謙遜でも口にしたり文章に書いてはいけない
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「速いけど確率が悪いサーブ」を変えていくなら、ラケットとボールが当たる表面積を変…
  5. テニス 環境

    メンタル

    テニスの試合では、「良い形でポイントを獲った」その後のポイントこそ重要です
PAGE TOP