テニス リターン

ストローク

「打つコースがバレないように隠す」ことが、本気で求められている

テニスが上手くなる、試合に強くなる。

うえで、このステップは絶対に欠かせない。

そろそろ、自分が打っているボールがどうとか、そういうレベルを超えた考えを持って行かないと。

アナタもきっと、そのレベルになっているはずです。

 

「打つコースがバレないように隠す」ことが、本気で求められている

 


 

■「打つコースを相手に隠す」ことの重要性の認識は、まだまだ甘い!

試合に出ていない人、真剣勝負で格上相手の試合が少ない人は、まだまだ認識が甘い。

だって簡単な練習、ラリーで打ち合うだけでは、全く必要無いですからね。

自分が打つコース、を隠すという概念、そもそも必要無い。

でも、実際に試合に出ている人なら分かるはず。

どんなに強烈で速いショットを打つ選手よりも、確実に、しかもコースを隠してくる相手の方が嫌。

戦い辛いこと、この上無いのです。

アナタ自身、どんなに良いショット、を打っていてもコースがバレていれば相手にとっての「良いショット」では無いのです。

 

■コースを隠すには、速い準備とボールの回転量が不可欠

まず、何度も書いてきましたが速い準備は絶対に必要。

それは、打つ準備、だけじゃないんです。

準備出来ている、しっかりテイクバックまで完了して止まって待つ、という格好を相手に見せるからコースを読ませない。

コースを隠している、とは速い準備を相手に見せているということ。

さらに、そこから回転量のあるショットでボールをコントロールする。

スピン系でも回転量が多いショットは、クロス、ストレート、打ち方が変わらない。

多少打点は変わっても、相手からすると本当に「同じ打ち方」で打って来るように見えるから、やり辛い。

まずは構えの速さ、から見直していきましょう。

 

■コースを隠す、決断する、打ち切る、を繰り返すのがラリー

ラリーの意識も、変えていきましょう。

相手のボールに対して、まずはコースを隠す。

つまりは、どちらにでも打てる決断が下せるように、しっかり打点に入るということ。

良いショットが打てたからと言って、満足しない。

「今のはエースになったけど、ストレートに打てる態勢じゃなかったな・・・」とか、気付けてますか?

これに気付けていない選手は、テニスの試合に勝てる訳が無い。

駆け引き、という土壌にすら上がれない訳ですからね。

 

意識を変えれば、練習が変わる。

ただ、何も考えずにストレート、クロスのラリー・・・という練習では物足りなくなるでしょう。

どちらにでも打てる態勢で、全てのボールに入ってコースを隠す。

決断し、振り切る、やり切る。

これが出来る選手になるレベルに、アナタはもう成長しているはず。

この記事が良いきっかけになるように、祈っています。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス 練習

    ストローク

    「自分のストロークに相手が慣れてきたな…」と感じたら実践したい5つのチェンジオブペース

    対戦相手と、それほど実力差は無いと感じる試合の中で、中盤から相手に押さ…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドストロークの基本、テイクバックの状態の形を確認しよう

    自由に打てる分、なかなか定まらないのがフォアハンドストローク。…

  3. テニス ダブルス
  4. テニス ロブ

    ストローク

    ロブがいつも甘くなる人は、「軌道の頂点をどこに置くか?」をまず考えて打てば攻撃的になる!

    アナタはまだ、きっと「ロブ」の本当の強さを知らない。私自身、1…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの「両手バックハンドストローク」で、今よりもっとパワー出すには・・・?

    ストロークのバックハンドを両手で打っている人、男性でも女性でも多いと思…

  6. テニス ボレー

    ストローク

    テニスのシングルスの試合で、「ネットプレーに繋げるストローク」で意識したい5つのポイント

    ダブルスが得意な選手がシングルスに出るとき、意識したいのはいかにボレー…

特集記事

  1. テニス 気付き

    その他

    テニスの試合力は、「アルバイトでも鍛えられる!」部活やサークルとの両立は、オスス…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で勝ちたければ、「サービスごとのポイント獲得率」をしっかり意識しまし…
  3. ロブ

    リターンでいきなり トップスピンロブが使える!
  4. テニス 居場所

    戦術

    ラケットを振れなくなった段階で、試合を投げてしまう人が多過ぎ
  5. テニス イベント

    練習メニュー

    「毎日のテニスの練習が楽しい」と思えたら、それは危険なサインだと自覚しよう
PAGE TOP