テニス ボレー

ストローク

ストロークラリーで走らされているときには、「スライスのグリップで走り続ける」覚悟を持とう

試合に強い人と、弱い人。

上手い人はたくさんいるけど、なかなか試合に強い人って少ない。

なぜなら、「守備力を高める」というのがテニスでは難しい技術だから、だと私は思っています。

ストロークラリーの中での守備力、まず基本はグリップの意識から。

シングルスの試合では、基本です。

 

ストロークラリーで走らされているときには、「スライスのグリップで走り続ける」覚悟を持とう

 


 

1.スライスのグリップでないと、遠いボールは触れない

スピン系のストロークが大好きでも、遠いボールを触るのにはスライスの方が有利。

さらに打点が少し後ろになっても、スライスなら何とか返球出来るケースが多い。

つまり、スライスのグリップは遠くのボールを打点後ろで触れる、訳ですから守備には大活躍。

プロ選手の試合でも、下がってスライスで返球する、守備的なラリーを続けることは多いですよね。

でも私たちの試合・・・はどうでしょうか?

少し走らされただけで、無理なスピン系のショットで応戦しようとしていませんか?

 

2.グリップを変えることで、意識も変えることが出来る

守備に頭を切り替えて、一度チャンスを待つ。

ストロークのラリーでは、どんなレベルの試合でも必要なことです。

スライスのグリップにチェンジして、しっかり走ってまず返球するという意識を高めること。

これが、プレースタイルに関わらず必要なこと、テニスの試合で大事なポイント。

だって、相手のエースを減らすことが出来る訳ですからね。

スライスグリップに瞬時に変えて守備、というのは、試合で勝てる選手の必須テクニックです。

 

3.コツはラケットヘッドを立てて、ボールの横を触ること

スライスでも、甘い返球になっては意味が無い。

相手の攻撃的なショットの勢いを殺す、しっかりボールを捕らえる意識は大事です。

コツは、しっかりラケットの先を上に向けて「ボールの横を触る」こと。

しっかりスタンスは広く、足を大きく外側に出してボールの後ろに滑り込む。

そうすればフワーっと浮き過ぎないで、良い感じのスライスになるはず。

大事なのは、しっかりボールの上から抑え込むように、しっかりラケットを入れること。

合わせるだけ、みたいな感じだと弾かれて終わり。

粘るスライス、とはいえ、しっかりとラケットを上に準備してラケットヘッドを立てる、ボールの横を触る。

この意識で、練習してみましょう!

 

普段の練習から、あと一歩、出せているのか。

自分をプッシュしてボールを追いかける、ためにはスライスの技術は必要です。

特に、フォアハンド。

バックハンドだけスライス、の練習していませんか?

フォアハンド側を空けているプレースタイルの方も、多いはず。

ぜひフォアハンドのスライスでの守備、も磨いておきましょう。

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス スライス

    ストローク

    バックハンドスライスのストローク、ラケット面を後頭部に隠す感覚で準備してみよう

    スライスのストロークが、弱い人はテイクバックを見直して欲しい。…

  2. ストローク

    前衛を視界に入れながら後衛に打つ、ショットのレベルを上げよう

    ダブルスの試合で、使えるショット。みなさんの意識って、どうでし…

  3. テニス ロブ

    ストローク

    シングルスの試合で、「サイドスライス回転が効いたドロップショット」は使える!

    シングルスの試合でドロップショットを使いたい・・・。だけど拾わ…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークを打つ上での基本、「腕を伸ばして打点を前」を確認しておくとライジングショットも打ち…

    ストロークを攻撃的に改良していきたい、と考えている人は、しっかり「一番…

  5. ストローク

    「まずは、ここから。」テニスの試合で使えるストロークの精度を高めるには順序が

    テニスというスポーツは、相手と打ち合うんだけど、その打ち合いをしっかり…

  6. ストローク

    ゆっくり振って速く飛ばす、がテニスの理想形

    「理想的な打ち方って、何ですか?」というご質問を頂くたびに、私…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    調子が悪い時に、自分を追い込んでませんか?
  2. テニス ポジショニング

    フットワーク

    滅多に来ない厳しいボールを、待ち続ける悲しい人たち
  3. テニス ボレー

    メンタル

    テニスの試合で「粘るプレイヤー」に対しては、緩急の「緩」の返球を狙いポイントを獲…
  4. ボレー

    ポーチに出るタイミング、勘ではダメ
  5. フットワーク

    「いつの間にか右足ばかり」テニスのフットワークは無意識でいると修正できなくなりま…
PAGE TOP