テニス ボレー

ストローク

ストロークラリーで走らされているときには、「スライスのグリップで走り続ける」覚悟を持とう

試合に強い人と、弱い人。

上手い人はたくさんいるけど、なかなか試合に強い人って少ない。

なぜなら、「守備力を高める」というのがテニスでは難しい技術だから、だと私は思っています。

ストロークラリーの中での守備力、まず基本はグリップの意識から。

シングルスの試合では、基本です。

 

ストロークラリーで走らされているときには、「スライスのグリップで走り続ける」覚悟を持とう

 


 

1.スライスのグリップでないと、遠いボールは触れない

スピン系のストロークが大好きでも、遠いボールを触るのにはスライスの方が有利。

さらに打点が少し後ろになっても、スライスなら何とか返球出来るケースが多い。

つまり、スライスのグリップは遠くのボールを打点後ろで触れる、訳ですから守備には大活躍。

プロ選手の試合でも、下がってスライスで返球する、守備的なラリーを続けることは多いですよね。

でも私たちの試合・・・はどうでしょうか?

少し走らされただけで、無理なスピン系のショットで応戦しようとしていませんか?

 

2.グリップを変えることで、意識も変えることが出来る

守備に頭を切り替えて、一度チャンスを待つ。

ストロークのラリーでは、どんなレベルの試合でも必要なことです。

スライスのグリップにチェンジして、しっかり走ってまず返球するという意識を高めること。

これが、プレースタイルに関わらず必要なこと、テニスの試合で大事なポイント。

だって、相手のエースを減らすことが出来る訳ですからね。

スライスグリップに瞬時に変えて守備、というのは、試合で勝てる選手の必須テクニックです。

 

3.コツはラケットヘッドを立てて、ボールの横を触ること

スライスでも、甘い返球になっては意味が無い。

相手の攻撃的なショットの勢いを殺す、しっかりボールを捕らえる意識は大事です。

コツは、しっかりラケットの先を上に向けて「ボールの横を触る」こと。

しっかりスタンスは広く、足を大きく外側に出してボールの後ろに滑り込む。

そうすればフワーっと浮き過ぎないで、良い感じのスライスになるはず。

大事なのは、しっかりボールの上から抑え込むように、しっかりラケットを入れること。

合わせるだけ、みたいな感じだと弾かれて終わり。

粘るスライス、とはいえ、しっかりとラケットを上に準備してラケットヘッドを立てる、ボールの横を触る。

この意識で、練習してみましょう!

 

普段の練習から、あと一歩、出せているのか。

自分をプッシュしてボールを追いかける、ためにはスライスの技術は必要です。

特に、フォアハンド。

バックハンドだけスライス、の練習していませんか?

フォアハンド側を空けているプレースタイルの方も、多いはず。

ぜひフォアハンドのスライスでの守備、も磨いておきましょう。

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. テニス ロブ

    ストローク

    ロブがいつも甘くなる人は、「軌道の頂点をどこに置くか?」をまず考えて打てば攻撃的になる!

    アナタはまだ、きっと「ロブ」の本当の強さを知らない。私自身、1…

  2. ストローク

    深いストロークの、軌道の頂点はどこ?

    深いストロークを打ちたい・・・でも、アウトも怖い。この葛藤、…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    今も昔も、「ストロークの変わらない基本は、前に踏み込んで打つ!」この基本、忘れていませんか?

    人は何かを上達させていくときに、壁にぶつかれば必ず基本に立ち返る。…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    厳しいボールをスライスで返球するときほど、上からラケットを入れよう

    シングルスの試合では、厳しいボールを追いかけることも多い。2バ…

  5. テニス メンタル

    ストローク

    ダブルスで後衛としての展開力を鍛えたいなら、相手の後衛をどんどん走らせよう

    ダブルスの試合で、後衛として試合を作っていく。なかなか、教えら…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    しっかりスピン回転をかけたストロークに共通する、打ち終わりのイメージとは?

    ストロークでしっかりスピン回転をかける為に、私は「打ち終わり」の形をし…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、最悪キレても良いけど音はバレないようにね
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのレベルを上げたければ、左右よりも前後の反応速度を上げていこう
  3. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合で使える、「騙しやすいドロップショットの打ち方」について
  4. ボレー

    相手に深いボールを打たせない、為にネットプレーがある
  5. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合経験を積むには、「自分から動いてネットワークを作る」ことが大事です
PAGE TOP