テニス ポジショニング

ストローク

フォロースルーを前に出さないスライス、でドロップショットは完成です

シングルスでもダブルスでも、ドロップショットは使いたい。

特に、ネットから近いような場所、からなら打ちやすいのでお勧めです。

今回紹介するコツは、スライスのフォロースルーを少し調整するだけ。

これだけで、しっかりとした違いを出すことが出来て、そのままドロップショットになる。

初心者の方でも、ぜひ積極的にトライしてみて下さいね。

 

フォロースルーを前に出さないスライス、でドロップショットは完成です

 

1.スライスをまずはしっかり、練習しよう

ドロップショット、の前段階で、しっかり意識していきたいこと。

それは、スライスのストロークをしっかり練習する、ということです。

普段のショートラリー、ロングラリーのストロークから、スライスを使っていく。

その時には、フォロースルー、打った後のラケットをしっかり前に出していく練習をしていきましょう。

この意識が、ドロップショットの大きな基礎になる。

スライスを全く使わない人は、なかなかドロップショットも身に付かないですよ。

この覚悟は大事です。

 

2.スライスのラケット、前に出さないとどうなるか?

前に出さないで、上から下に動かすだけ。

そうなると・・・ボールはどうなるでしょう?

山なりに飛んで、飛距離は出ない。

サッカーで言う、トラップをしただけ、のような感じになりますよね。

この感覚を、まずはぜひ覚えて欲しいんです。

山なりなボールを、自分の2~3メートル前に落とす。

スライスなんだけど、ラケットは前に出さない。

ドロップショットはこれで完成です。

 

3.ネットの近くから打っていけば、良い成功イメージが養える

ベースラインから打とうとするから、難しい。

良いじゃないですか、最初はネット近くから練習する。

実際に、テニスの試合ではこういう場面で打つこと、多いですよ。

ダブルスなら前衛で打つこともあるでしょうし、シングルスでも浅いボールを打ち込むように見せてドロップショット、にも出来る。

遠くからドロップショットを打っていく、のはリスクが大きいし失敗したときの落ち込みが怖い。

ネット近くなら、このラケットを前に出さない基本、だけで結構良いドロップショットになりますよ。

 

4.リラックスして、グリップは握り過ぎないこと

あくまでリラックス、軽く握るくらいでちょうど良い。

力が入ったら、ボールが飛んでしまいますからね。

勢いを殺す、くらいの感覚で良いでしょう。

決めよう!と思うと力んでしまいますからね。

相手に拾われても良い、くらいの感覚、何度も書いてきましたが大事です。

 

5.フォアハンドでも打ちやすいのが魅力

フォアハンドのスライス、をしっかり打てると、非常にやりやすい。

スライスはバックハンドしか使わない、という方も多いでしょう。

フォアハンドスライス、このドロップショットと一緒に鍛えていくとすごく試合で使えますよ。

ドロップショットを鍛えていくと、フォアハンドスライスも上手くなる。

ぜひ、意識して練習から使って欲しい。

スライスを打っていくこと、を無意識のうちに出来るくらい。

そうなったら、もうアナタは立派なドロップショットの使い手です。

 

スライスのちょっとした工夫、でドロップショットは完成します。

これは、本当に遊び心が大事。

大げさな技術、じゃないと私は思います。

フォロースルーの調整、だけで良いと思うと楽じゃないですか?

ぜひ、普段の練習から使ってみて下さい。

まずは自分がネットに近い場所、にいるときに、ですね。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. ストローク

    ストロークで横に流れながら打つ人は、「最後で調節する癖」を無くそう

    ほとんどの人が、実は気付いていない部分。ストロークを打ちながら…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドストロークの切れ味、最後にラケットを前に出せるかどうかが肝

    バックハンドストローク、両手打ちでなかなか威力が出ないという方も多いと…

  3. ストローク

    勝負どころで、1球多く返すのに必要な意識とは?

    試合に強い人は、最後までしぶとい。本当に粘り強い人って、トーナ…

  4. ストローク

    エグいスピンに押される人は、結局何が問題なのか?

    強い相手との試合は、ストロークで押されてしまう。ベテランの方が…

  5. テニス ラケット
  6. テニス ストローク

    ストローク

    「スタンスの使い分け」テニスのストロークのスタンスは、結局どれが良いの?

    フォアハンドストロークを打つ時のスタンスはオープンスタンスが良いのか、…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 居場所

    戦術

    調子が良いときほど、負けやすい理由
  2. テニス 雪

    メンタル

    メンタルの弱さとは、そのままアナタの意志の弱さである
  3. テニス リターン

    リターン

    「上級者限定!」ダブルスの試合でリターンするのときに、前衛を足止めする裏ワザ
  4. テニス 攻撃

    サーブ

    サーブから攻撃していくイメージが持てない人は、「ベースライン1メートル前から打っ…
  5. ダブルス

    ダブルスでネットに詰めて良い場面5つ
PAGE TOP