テニス ストローク

ストローク

ドロップショットの質を高めたいなら、「相手の走ろうとしているコースの逆の前」へ落とすことを実践してみよう

ドロップショットで試合を動かす。

それも、相手が走っても間に合わない、どころか走りたくないくらいのショットにしたい。

シングルスでこれが決まると、本当に強い・・・では、どうすれば打てるのか。

その秘訣は、相手の走るコースの逆を突くことにあります。

 

ドロップショットの質を高めたいなら、「相手の走ろうとしているコースの逆の前」へ落とすことを実践してみよう

 


 

■逆を突くのは、ドロップショットでも効果的!

ストロークのラリーでは、意識している人多いと思います。

右と見せかけて左、左と見せかけて右、といった感じで相手の逆を突けるつ主導権を握れる。

これ、ドロップショットでもすごく効果的なんです。

逆を突かれて、さらに前に走る・・・なんて、絶望的な気持ちになってしまう。

追うのすら止めてしまう、そんなドロップショットに仕上げていきましょう!

 

■あくまでチャンスボールを打ち込むような構え、が前提

このショットが有効なのは、浅いチャンスボールを打ち込むような構えから、ドロップショットを繰り出す場面。

そこで、相手の左右の逆を突く。

チャンスボールを打ち込めるような場面ですから、相手はどちらかのオープンスペースをカバーしようと走り出している可能性が高い。

そこであえて、逆の前にドロップショットを落とす・・・イメージ、沸きますか?

相手がオープンスペースをカバーしようと走ろうするのを予測して、その逆の前、にドロップショットを落とす。

この意識だけで、各段にドロップショットが効果的になるでしょう。

 

■まず「強く深く打ちこむ」という、意識付けが大事

相手に対して、ドロップショットは悟られたら危険。

一気に浅くて甘い、チャンスボールになってしまう。

だからこそ、しっかり深く打つような「演技力」も大事なのです。

この演技力があるから、相手はカバーしようと走ったり後ろに下がる。

演技力が無いと、ドロップとバレて前に走られて逆襲されるでしょう。

普段の練習から、周りの仲間と確認しておくこと。

しっかり相手に、「打ち込む雰囲気」を伝えられているかどうか、について。

 

ドロップショットが苦手な人も、この意識だと打ちやすい。

なぜなら、多少甘くても逆を突かれた相手は間に合わないし、やっと届く程度。

きっとシングルスの試合で、有効な武器になってアナタを助けてくれるでしょう。

テニスは、どんどん武器を増やすこと。

今の自分のテクニックに満足せず、どんどん向上心を持って改良していきましょう。

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. テニス フットワーク

    ストローク

    重たいスライスの返球に、必要なアイデア4つ

    重たいスライス。テニスの試合で、これほど厄介なモノは無いでしょ…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    重たいストロークを身に付ける為に、必要な意識4つ

    試合で有効な、「重たい」ストローク。よく表現されるのは、回転量…

  3. テニス メンタル
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「低く滑る攻撃的なスライス」のストロークを身に付けて、試合で使えると勝率は上がります!

    今、改めて見直されている技術の一つが「スライス」のストローク。…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    現代テニスの代表格、フォアハンドストロークのクロス方向への切り返しを練習しよう

    シングルスの試合、相手を左右に走らせて、よし・・・と思ったら、クロスコ…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    身長が低い人に対して、高いバウンドを使わない手は無い

    まず対戦相相手を見て、気付くこと。身長の高さって、どうにも変え…

特集記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「ストロークで相手の逆を突けたら、迷わずネットへ出る」ことで…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で必要な「切り替え上手」になる為に、ストロークに必要な技術とは?
  3. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合で勝ちたければ、「対戦相手の個性を掴む能力」に磨きをかけましょう
  4. テニス 打点

    戦術

    試合の逆転、はそのずっと前に布石がある
  5. ダブルス

    後衛が迷っていると、ダブルスは試合にならない
PAGE TOP