テニス ストローク

ストローク

ドロップショットの質を高めたいなら、「相手の走ろうとしているコースの逆の前」へ落とすことを実践してみよう

ドロップショットで試合を動かす。

それも、相手が走っても間に合わない、どころか走りたくないくらいのショットにしたい。

シングルスでこれが決まると、本当に強い・・・では、どうすれば打てるのか。

その秘訣は、相手の走るコースの逆を突くことにあります。

 

ドロップショットの質を高めたいなら、「相手の走ろうとしているコースの逆の前」へ落とすことを実践してみよう

 


 

■逆を突くのは、ドロップショットでも効果的!

ストロークのラリーでは、意識している人多いと思います。

右と見せかけて左、左と見せかけて右、といった感じで相手の逆を突けるつ主導権を握れる。

これ、ドロップショットでもすごく効果的なんです。

逆を突かれて、さらに前に走る・・・なんて、絶望的な気持ちになってしまう。

追うのすら止めてしまう、そんなドロップショットに仕上げていきましょう!

 

■あくまでチャンスボールを打ち込むような構え、が前提

このショットが有効なのは、浅いチャンスボールを打ち込むような構えから、ドロップショットを繰り出す場面。

そこで、相手の左右の逆を突く。

チャンスボールを打ち込めるような場面ですから、相手はどちらかのオープンスペースをカバーしようと走り出している可能性が高い。

そこであえて、逆の前にドロップショットを落とす・・・イメージ、沸きますか?

相手がオープンスペースをカバーしようと走ろうするのを予測して、その逆の前、にドロップショットを落とす。

この意識だけで、各段にドロップショットが効果的になるでしょう。

 

■まず「強く深く打ちこむ」という、意識付けが大事

相手に対して、ドロップショットは悟られたら危険。

一気に浅くて甘い、チャンスボールになってしまう。

だからこそ、しっかり深く打つような「演技力」も大事なのです。

この演技力があるから、相手はカバーしようと走ったり後ろに下がる。

演技力が無いと、ドロップとバレて前に走られて逆襲されるでしょう。

普段の練習から、周りの仲間と確認しておくこと。

しっかり相手に、「打ち込む雰囲気」を伝えられているかどうか、について。

 

ドロップショットが苦手な人も、この意識だと打ちやすい。

なぜなら、多少甘くても逆を突かれた相手は間に合わないし、やっと届く程度。

きっとシングルスの試合で、有効な武器になってアナタを助けてくれるでしょう。

テニスは、どんどん武器を増やすこと。

今の自分のテクニックに満足せず、どんどん向上心を持って改良していきましょう。

ピックアップ記事

  1. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    片手バックハンドストロークは、何を武器に戦っていこうか?

    最近よく、頂くご質問の中から。「片手バックハンドストロークです…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    こんな対戦相手のストロークは、「やり辛い・・・」と感じる5つの特徴

    対戦相手のストローク、皆さん色々なタイプを経験してきたと思います。…

  3. テニス 戦術

    ストローク

    テニスにおけるストロークの超基本「足を決めて振り切る」ことが、意外とできない4つの理由

    スポーツは、基本に始まり基本に終わる。常に意識はしていても、ス…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    トップスピンのストロークが苦手な人は、打ち終わりの肘の位置が低い人が多い

    回転系のストローク、しっかりスピンをかけて相手を追い込みたい。…

  5. テニス ロブ

    ストローク

    相手のアングルショットを予測することは、ナイスカウンターへの第一歩

    「こっちが攻撃しているのに、なぜか相手から反撃されてしまう・・・」と、…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックハンドが安定しない人は、スウィングに入るギリギリまで添えた手を離さないこと

    バックハンドストローク、片手で打っている方の安定感、どうでしょうか?…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス リターン

    ストローク

    スライスのフォロースルー、実は「長過ぎる」人が多い
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「ストロークを打つときに伸び上がる人」は、いつまで経っても打点がブレるので安定し…
  3. テニス サーブ

    ダブルス

    何回もサーブのトスアップをやり直すと、味方の前衛はリズムを取り辛くなる
  4. テニス ラケット

    メンタル

    どんな最新モデルのラケットを持っていても、その人のテニスがダサければ意味が無い
  5. テニス サーブ

    スマッシュ

    テニスの試合で、少し余裕があるときのスマッシュは、「しっかり相手方向に背中を見せ…
PAGE TOP