テニス 戦術

ストローク

打つ前に想像しないと、良いショットは生まれない

良いショットを打ちたい。

誰もがそう思いますよね。

でも、良いショットを打つには練習が必要、でしょうか?

もちろんそうです。

でも、その前段階をしっかり乗り越えて準備しないといけない。

なぜ、自分が良いショットが打てないのか?について。

そろそろしっかり考えておくべきでしょう。

 

打つ前に想像しないと、良いショットは生まれない

 

1.想像出来ないショットは、打てない

改めて、これが現実です。

アナタ自身が打ちたいと思うショット。

ほとんどの人は、そのショットがイメージ出来ていない。

軌道をイメージ出来ていないと、打てないのがテニス、なんですよ。

打ちたいショットを、想像する。

この想像という過程が、ほとんどの人が出来ていないような気がします。

逆にこうとも言えるでしょう。

 

2.望めば、人は想像出来る

本当に打ちたいと思えば、人は想像出来る。

想像できることは、確実に人は実行出来る、実践出来る。

まずは、アナタ自身が強く望むことから全ては始まる。

この部分を、しっかり意識しておかないと。

まず、アナタ自身が望んでいるかどうか、が第一。

人は望めば、想像出来る。

想像出来るショットは、アナタ自身が打てるようになる、その第一歩。

テニスの試合、どんなショットが必要なのか。

それは、どんな軌道なのか。

アナタ自身、もっともっと、具体化しておかないといけないんです。

 

3.普段から、強く強く、イメージしよう

練習だけ、では足りない。

普段から、アナタ自身が打ちたいサーブ、ストローク、しっかり軌道をイメージする。

そして、その軌道にボールを近づけていく。

実際にボールを打っている時間だけだと、私は足りないと思いますよ。

普段から、強くイメージし続けて、実際にボールを打つ貴重な時間で、それを合わせていく。

想像、に勝るトレーニングは無いでしょう。

アナタ自身、この覚悟が大事です。

 

4.試合前に、試合全体も想像しよう

きっと、アナタ自身の試合全体、もそうでしょう。

全体を想像し、試合に入る。

そこで浮かんでくることは、良いことばかりではないはず。

「んー大丈夫かな・・・」と、思う感じで良い。

想像して、実践して、ショットを作って試合を進めていく。

良いか悪いか、は、やってみないと分からない。

ただ一つだけ言えるのは、良いショット、良い試合は、きっと良い想像から生まれてくるということ。

想像力が無い人には、無意味?

そんなことはありません。

きっと、アナタ自身が実践出来るテニス、ショットはもっと無限にある。

このことだけは、ハッキリ言っておきますね。

 

想像出来ることは、実現出来る。

その逆もまた、しかりです。

軌道をしっかりイメージして、「これだ!」というのを掴む感覚。

本当に良いショットが打てた時って、妙に冷静じゃないですか?

「やったー!」というより、「これだ・・・これなんだよ・・・」という感じ。

さぁ、一緒に想像していきましょう。

アナタにとっての、良いショットの軌道を、一緒に。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. ストローク

    「ネット際にドロップショット」をテニスの試合で打つ為に必要な一番大きな要素は?

    「深く打て!!」ショットを打つ時にはよく言われる言葉だ。…

  2. テニス ストローク
  3. ストローク

    相手が打った瞬間に、フォアかバックかを決めて、グリップまで決めよう!

    ストロークで速い攻撃がしたいなら、これが絶対に大事。みなさん、…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合のラリーでは、自分が打った後は「ボールでは無く相手」を集中して見よう!

    初心者の方と、試合慣れしている方。一番の違いは、打った後の意識…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックハンドストロークは、テイクバックの形でパワーが決まる

    片手バックハンドストローク、もっとパワーが欲しい。私もそう感じ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 試合

    メンタル

    テニスの試合に出続けるということは、「弱い自分の中身を覗き続ける」ことに他なりま…
  2. テニス ボレー

    ストローク

    テニスで、「ラケットを強く握り過ぎてしまう人」は、反対の手のひらを大きく広げると…
  3. ボレー

    「試合が強い選手のボレーボレー」練習は、ココが違う!4つのポイント
  4. テニス メンタル

    日々の雑記

    上手くなった自分を、日々イメージしていかないと
  5. テニス 客観視

    メンタル

    試合の中で良い流れを手放したくなければ、「テニスの基本」を徹底することを貫こう
PAGE TOP