テニス サーブ

ダブルス

相手のスマッシュの場面では、しっかり声掛けしていこう

ダブルスの試合での、守備の基本。

相手のスマッシュチャンス、になった場面ではしっかりとパートナーに声掛けをする。

ロブを打つ、という意志を前衛に伝えることが、なぜ大事なのか。

当たり前に思っている部分かも知れませんが、こういう意識って大事ですよ。

ちょっとした声掛けで、守備力は各段に変わります。

 

相手のスマッシュの場面では、しっかり声掛けしていこう

 

1.ロブを上げるときには、「上げる!」と声掛けを

特に、ラリーになってからロブを使うとき。

後衛の選手がよほど、良い感じで打てる、攻撃的に打てるとき以外は、「上げる!」と声掛けをしましょう。

私自身、たとえそのロブが良いロブになっても、前衛に声掛けは行う。

だって、もしかしたら相手が先読みして下がってスマッシュ、ということも考えられますからね。

とにかく、相手がスマッシュを打つかもしれない、そういう雰囲気になりそうなときには、声掛けが大事です。

声掛けから前衛が下がるだけで、相手のスマッシュを拾える可能性は高まる訳ですからね。

 

2.前衛は、パートナーの後衛の「苦しさ」を感じよう

敏感な前衛は、感じてくれます。

「あ、この相手の深いショットは、ロブになるかも・・・」という感じで、悟ってくれる。

「上げた!」と後衛が言えば、「やっぱり!」と心の中で思っている。

だから反応が早いし、相手のスマッシュを拾うチャンスが拡がる。

鈍感な人って、そもそも声掛けしても気付かない、自分のことしか考えてないですからね。

ダブルスのスピードゲームで、これは致命的。

ぜひ、アナタ自身前衛でプレーするときには、後衛の選手の雰囲気、まで感じて欲しい。

そして声掛けを待つのではなく、先にカバーに動いてあげるくらいの心意気、を持って欲しいんです。

 

3.下がればスマッシュは、ほとんど拾える

実際に、ダブルスの試合でのスマッシュ、みなさんは拾えてますか?

相手のナイススマッシュ、なら仕方ないですが、そのほとんどは良い守備位置でカバー出来る、対応出来るはず。

しっかり前衛が下がって、ベースラインの一歩内側、くらいまでポジションを下げる。

これだけで、相手は嫌ですよ。

力んでミス、してくれる可能性も高くなりますしね。

何も声掛けしないで、前衛のポジションのままにスマッシュを打たれると、それは触れないし危険。

身体にスマッシュを当てられるかもしれませんしね。

きっとそんなときは、アナタ自身のポジションがおかしいんです。

 

4.声掛けとは、すなわちアナタ自身の「意志」である

私も、試合では「上げる!」と叫びます。

特に厳しいショットをロブ、でしか返せないような場面、ダブルスでもあるじゃないですか。

でも、この「上げる!」という声は、決して「逃げろ!」じゃない。

「下がって反撃するぞ!」という意志表示、なんです。

声掛けすることで、当然自分にも責任が生まれる。

自分の方に打たれる可能性だって高い訳ですからね。

絶対に諦めない、一緒にこのスマッシュから挽回するぞ!という意志表示、大事にしたいですね。

 

声掛け一つで、ダブルスは変わります。

特にこういうロブ、スマッシュを打たれるようなときに、上手く声掛けが出来ないと・・・「何だよ」という感じになりますよね。

下がれば返球出来るスマッシュ、たくさんあります。

このあたりも、後衛がゲームメイカーとしてしっかり作っていく。

しぶといポイントを増やしていく作業、大事ですよ。

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    相手の集中狙いに屈しない守備力、がダブルスには必要

    ダブルスの試合で強いペア、みなさんどんな選手を想像しますかきっ…

  2. テニス 戦術

    ダブルス

    並行陣の基本は深いボレー、という落とし穴に気付かないと

    ダブルスの試合、並行陣で前に出ても・・・なかなかポイントが取れない。…

  3. テニス サーブ

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合で、「若手ペアに勝てない・・・」と悩むシニアのペアの方へ

    早速、今回頂いたアンケートの中から少しだけ。ベテラン、シニアのみな…

  4. テニス センス

    ダブルス

    ダブルスパートナーが自分より上なら、いかに使うかを考えて試合をすること

    ダブルスの試合で、自分より上手い選手と組む機会がある。こういう…

  5. テニス ミス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合、「実際に使っている9割はシングルスコート」という事実について

    ダブルスの試合、まずアナタ自身がシングルスと違うと考える点はどこですか…

  6. テニス 部活

    ダブルス

    ダブルス初心者の方が意識したい、3つの基本戦術

    初めて試合に出るけど、どうせなら良い試合をしたい。ダブルスの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. サーブ

    サーブのトスは上げるんじゃなくて、自然に「上がる」感じで
  2. テニス 日焼け止め

    テニス知識

    塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. ストローク

    シングルスの試合で、バックハンドを集中攻撃されて負ける人は、「ストロークのコース…
  4. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合で使える、「騙しやすいドロップショットの打ち方」について
  5. テニス 練習

    その他

    セルフジャッジが汚い相手には、「2回目」で戦う姿勢を見せよう
PAGE TOP