テニス サーブ

サーブ

下からラケットを回すサーブ、私はあまりお勧め出来ません

試合でもよく見る、この下からラケットを回してくる、大きなフォームで打つサーブ。

これって、特にベテラン選手の方に多いように思います。

でも、逆に若い選手、学生の方は少ないような気がする。

私はあまり、こういう打ち方オススメ出来ません。

下から回すサーブ、何より効率が悪いんですよね。

安定感も無いし、この機会に変えてみませんか?

 

下からラケットを回すサーブ、私はあまりお勧め出来ません

 

1.下から回す打ち方って、サーブの威力が増す?

これは幻想です。

サーブを打つときに、トスアップしていく際に下からラケットを大きく回す・・・ようなフォーム。

良いサーブ、速いサーブが打てそうな気がする。

実際、1980年代から90年代には、こういったサーブのフォームが主流でした。

そこでサービスエースが多かったのも、事実。

ベテランやシニアのプレイヤーのみなさんは、このイメージが強いんだと思います。

でも、現代のラケットではこんなに大きなフォームは必要無い。

むしろ、ラケットやガット自体に飛ばす力は備わっているので、動作はシンプルで良い。

下からラケットを大きく回すサーブは、結構デメリットがいっぱいです。

 

2.トスを高くしないといけないので、安定感が無い

一番の理由はこれ、ですね。

トスアップの高さ、がかなり必要になって来る。

トスを上げ始めるときに、ラケットはまだ下にある状態ですからね・・・高さが無いと、上で打つまでの時間が無い。

でも、ご存知の通りトスを高く上げるとそれだけで疲れるし、安定感が無くなる。

風が強い日なんて、もう致命的でしょう。

自分のサーブを、もっとコンパクトにシンプルにしていく。

この意識は、今のアナタに絶対に必要。

サーブは下からラケットを回す、ような勢いの付け方では上手く打てません。

 

3.力は下半身から、効率的に伝えていこう

力を効率的に伝える方法は、何度も書いてきましたが下半身から。

コートを前足でキックして、コートの反発力から力をもらう意識でちょうど良い。

ラケットをサーブで大きく回している人は、まだまだ力を生むのが上半身の仕事、と思ってるんですよね。

これだと、怪我にもつながるし、サーブで体力を消耗してしまいます。

ラケットの動作は、むしろシンプルにしておくべきでしょう。

ラケットを下から回す、のではなくシンプルに上にセットしていく意識。

男性も女性も、これくらいの感覚で良いと思います。

 

4.肘から上に上げていく、シンプルに

私のサーブも、かなりシンプルにしました。

自分の肘から、自然に上に上げていく。

サーブを打つ前の構えから、ラケットは自然に上にそのまま上がっていく感じですね。

意識したいポイントは、肘。

ラケットを持っている腕の肘をまっすぐ、自分の顔の横にセットする感じ。

最短距離を移動するので、トスアップのトスも低くて良い。

少し前に上げて、膝を軽く曲げてコートをキックしていく。

これで充分、しっかりと良いサーブは打てますよ。

 

5.現代のラケットの性能を活かす、ことに集中する

ラケットでしっかり、回転をかける。

これが出来ていれば、良いサーブは打てます。

ラケットの性能を活かす、ということは、コンパクトなフォームでしっかりと「弾く」ようなサーブを打つ、ということ。

特にサーブで大事なのは、良い回転、をかけることですよね。

回転をかけるのに、腕を大きく振る必要はありません。

しっかりとボールを弾く、手のひらでプロネーションを効かせて打つこと、に集中しましょう。

腕を大きく振れば振るほど、サーブとしての安定感は乱れていきますよ。

 

下からブワン!と、勢いを付けてサーブを打っている方。

特にベテラン、シニアの女性の方に多いように思います。

これって、本当に非効率的。

テニスのサーブは、もっとシンプルにサクッと打ち終わりましょう。

大事なのはその後、ですからね。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. サーブ

    セカンドサーブが入らない人が、見直したい基本5つ

    セカンドサーブが、試合で入らない。もう、ファーストサーブがフォ…

  2. サーブ

    サーブ&ボレーになるとサーブが乱れる人に、とっておきの秘策を

    試合でサーブ&ボレーになると、サーブ自体が乱れていく人、多いですよね。…

  3. テニス ストローク

    サーブ

    「サーブに求められるもの」テニスの試合で有効なセカンドサーブ、打ててますか?

    サーブは難しい。技術も難しいし、その上「入れなきゃ」というプレ…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストサーブ、セカンドサーブ関係無く「同じサーブを2回打つ」という作戦について考えてみる

    テニスの試合にたくさん出ていると、こういう相手と対戦する機会もあります…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    「スピンサーブが落ち切らないでオーバーフォルトしてしまう」人は、しっかり上にラケットを抜くことで良い…

    スピンサーブを安定させるには、高い軌道でしっかりサービスライン手前で変…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    サーブに頼る者、サーブに泣いて負けていく

    1ゲーム目から、ものすごいサーブを打ち込まれる。そうなると、戦…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    サーブ

    「サーブは軸足でコントロール」することでテニスの試合で安定感が生まれます
  2. テニス 怪我

    テニス知識

    急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. 戦術

    必ずこの相手に、どこかで上回れる
  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    本当に「キツイ」テニスの練習は、体力的なキツさだけじゃない
  5. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合で「リターンが安定しない人」は、最初の一歩目で膝を曲げて目線を落とし…
PAGE TOP