サーブ

「サーブのトスを低くしてみる」ことで、アナタは劇的に変わるかも知れません

各選手の特徴を観ていて、面白いと思うのがサーブ。

これだけ指導法も確立されて、ラケットもガットも進化してきて、テニスというスポーツはどこか「テクニックが画一化されつつある」という話を聞いたことがあります。

確かに、両手バックハンドストロークなんかは、正直プロ選手でも同じように見える選手が多いですよね・・・。

でも個人的には、サーブって特徴が強く残っているような気がします。

だからこそ、レベルアップが難しいとも言えるのかも知れません。

そんなサーブ、試合でもっと使える武器にしていきたい・・・と考えている人は、一度トスアップを低くしてみることをオススメします。

 

テニスの試合、「サーブのトスを低くしてみる」ことで、アナタは劇的に変わるかも知れません

 


 

■「サーブは高い打点で!」という、常識を疑ってみる

スポーツには、成長を妨げるときに大きな壁となっている要素があります。

それは、いつの間にか出来上がっている「先入観」。

サーブは、「高い打点で!」と、誰でも一度は教えられたことがあると思います。

その為に、トスを高く・・・と考えると、実はこれでバランスを悪くしている選手が多い。

高いトスを打つサーブは、タイミングを取るのもかなり難しいし、風にも弱い。

高く上げたボールは落ちてくるときに加速度も高まりますし、体への負担も大きい、それに高くボールを上げるには腕の力も必要になり体力を消耗してしまいます。

 

■低いトスは、ダブルスプレイヤーの中でも主流になりつつある

サーブ&ボレー、またサーブでもコースを重視するプレイヤーの中では主流になりつつあると感じています。

兄弟で活躍するブライアン選手がこの低いトスアップ、効果的に使用していますよね。

クイック気味に打つこともできて、リターン側にプレッシャーをかけることが出来る。

スライスサーブやスピンサーブは、低いトスのほうがシンプルなラケットワークで打ちやすいと思います。

高いトスで、一度身体が止まり気味になってしまう・・・という人は、ぜひ試してみることをオススメします!

 

■低いトス、だからこそ力は下半身から

低いトスで伸びのあるサーブを打つには、しっかり地面をキックしてパワーを伝えたい。

トスアップと同時に、前足の膝をしっかり曲げてみましょう。

そしてぜひ、友達に頼んで動画で撮影してみて下さい。

自分の動画を観たときに、思ったより・・・曲がっていない可能性が大、なのがこのサーブの難しいところ。

男性で身長がある人ほど、この膝は曲がりにくい傾向にあるので、注意して練習してみて下さい。

 

トスアップを安定させたい、というお話は何度か記事でも書いてきましたが、極論高さを低くするのが一番簡単。

それでも、「打ちにくい!」と感じる人もいるでしょう。

ですがこの「低いトス」を一度試してから、少しずつ高くしていくことで「良いトスの高さ」が見つかるかも知れません。

今のトスアップが、完成系では無いということだけ、頭に入れてみて欲しい。

自分のテニスを変えていくことに、貪欲になっていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス ステップ

    サーブ

    テニスの試合で、「相手サーブをブレイクした後のゲーム」にて意識したいポイント4つ

    1つのブレイクが、そのセットの勝敗を決める。プロの試合では、ほ…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブで身体が開いて安定しない」人は、肩にアゴを乗せてトスアップを意識してみましょう

    このサイトでもサーブのテーマについて、色々書かせて頂きましたが、やっぱ…

  3. サーブ

    テニスの試合、サーブで力が伝わらないと感じている人は、「トスを上げた腕を胸の前」にもってきましょう

    サーブを打っていて、イマイチ力が伝わり切れていないと感じている方。…

  4. テニス ダブルス
  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つときに、「フォアハンド狙い」を大事なポイントに取っておこう

    サーブは相手のバックハンド狙いが基本。でも、それしか練習してい…

  6. テニス ダブルス

    サーブ

    ファーストサーブが入るのが当たり前、にしていこう

    試合慣れしていない人、勝ち慣れていない人は、すぐ分かります。試…

特集記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    「片足スプリットステップはテニスプレイヤーなら誰でも使える!」試合での反応を良く…
  2. テニス 準備

    ボレー

    テニスの試合、「ネットに詰めれば詰める」ほど、上半身はリラックスしていこう
  3. テニス メンタル

    ストローク

    ラケットは常に、「利き腕でない方の腕」を意識
  4. 日々の雑記

    「みなさん次第です」で逃げてました
  5. テニス ストローク

    ボレー

    ハイボレーをしっかり決めるには、〇〇を意識すれば大丈夫!
PAGE TOP