スマッシュ

「深いロブでスマッシュが厳しい!」ときにはスィングを止めての返球でOK!な感覚も大事

女子ダブルスの試合、特に年齢別の方の試合になると、頭上を狙うロブの精度が上がってきます。

もちろんそれをしっかりケアできるポジショニングも大事ですが、スマッシュを「打てる!」と思ったロブが意外に厳しい・・・ときの切り替えの手段を持っているかどうかも大事。

学生の皆さんも、「打てると思ったけど厳しい・・・でも、打たないと!」という感じで、たまに破れかぶれになってしまうとき、ありませんか?

スマッシュは、打点が後ろになってしまうと、どうやったって厳しい。

そんなときには、スィングを止めて、山なりのボレーに切り替えるのも一つの手です。

 

「深いロブでスマッシュが厳しい!」ときにはスィングを止めての返球でOK!な感覚も大事

 


 

■スマッシュは「エースか、ミスか」だと試合で使えない

スマッシュのイメージ、アナタはどんな感覚で普段練習していますか?

テニスではフィニッシュショットのイメージが強いので、「しっかりエースで決めたい!」と思うのは、間違いではありません。

しかし、エースかミスかの両極端な結果だけしか出ない感じだと、試合で使っていくのが怖い。

大事なポイントで、ギャンブルはしたくない。

スマッシュを入れたポイントは、ラリーの中でも確実に取っていける自信が付けられると、すごく試合がやりやすくなるでしょう。

 

■ロブの目測を誤ることは、誰でもある

誰でもロブの目測を誤ることはあります。

風下の場合はボールが伸びてきますし、スライスロブだと尚更、風に乗って深さが出て来る。

そんなときには、まず「早く気付く」こと。

そしてダブルスの試合では、自分で打つ構えをしたら「絶対に自分が触る」ことがとても大切。

スマッシュからボレーに切り替えるなら、しっかり山なりなボールを相手コートに返して一度態勢を整え直さないといけません。

この状況では、相手の方が優勢、ですのでまずは状況をイーブンに戻すことを意識。

ハイボレーを山なりで返球するには、しっかりラケット面を上に向けて肘を少し曲げておくとコントロールしやすいです。

ぜひ、試してみて下さい。

 

■試合の中でまずいのは、「破れかぶれ」と「やっぱりお任せ」

深いロブに対して、やってはいけないことは2つ。

「破れかぶれ」に無理やり打つことと、「やっぱ打てない」と思って触らない、ペアに任せること。

前者は多少、相手に対して「甘いロブなら決められるな・・・」という印象を残せますが、後者ははっきり言って最悪です。

ダブルスの試合でよく見受けられますが、「スマッシュの構えをしたのに、お願い!」と言われてもペアは困るだけ。

雰囲気も一気に悪くなります。

声掛けと打つ構えをしっかりして、その後は責任をもってまず「触る」ことまではやり切りましょう。

 

深いロブ、やっぱり基本はスマッシュで打ち込みたい。

その為にはフットワークや技術も必要です、これはしっかり練習しましょう。

それでもこの「ハイボレーに切り替えて、カットしてつなぐ」という練習も、ぜひ普段から取り入れてみて下さい。

学生の皆さんは、ダサいと感じるかも知れません、私もそうでした。

でもこの返球で、相手がミスしてくれるような感じだと・・・試合運びが、すごく楽ですよね。

ネットプレーに粘りを出す意味でも、深いロブへの対抗策はしっかり準備しておきましょう!

ピックアップ記事

  1. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    ハイボレーでミスが続くときには、スマッシュに切り替えるのも作戦として有り

    ハイボレーって、チャンス?でしょうか。意外と、バックボレーなん…

  2. テニス サーブ

    スマッシュ

    深い位置からのスマッシュでも、「しっかりコースを突いて、相手を追い込む」為に必要な練習意識とは?

    深いロブに対して、しっかり準備できていないと試合で勝つのは難しい。…

  3. テニス スライス

    スマッシュ

    バドミントンのように、スマッシュの後は前をケアしよう

    最近、バドミントンの日本勢の躍進がすごいですよね。近しいテニス…

  4. スマッシュ

    テニスで「スマッシュが上手い人が意識していること」で応用が効く技術5つ

    テニスの試合では色々なショット、技術が求められます。では、その…

  5. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュは逆クロスのコースが、試合では決まりやすい

    スマッシュをしっかり、試合で打っていくのって・・・難しいですよね。…

  6. テニス サーブ

    スマッシュ

    「スマッシュ対ロブ」のラリーが出来ないと、試合前の5分間アップで大変なことに

    プロテニス選手の試合、しっかりウォーミングアップから観たことはあります…

特集記事

  1. テニス 客観視

    シングルス

    テニスのシングルスの試合、結局相手のどこをチェックすれば良い?
  2. テニス ボレー

    メンタル

    ネット際に落ちるボールは、チャンスボールでは無い
  3. 練習メニュー

    素振りとは、実は振る練習ではない
  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    アドバイスで変われる人、変われない人の違い
  5. ボレー

    至近距離でのボレー戦になったら、どんどん上を使おう
PAGE TOP