テニス スマッシュ

スマッシュ

「スマッシュにも深さが必要!」と思ったら、それはテニス選手として大事なステップです

スマッシュに大事な要素って、何でしょうか?

スピード?コントロール?回転量?フットワーク・・・?

どれも皆大事な要素ですが、あるレベルを超えていくと結果的に、ポイントとなるのは「深さ」。

この重要性に気付けるようになれば、アナタはもうテニス選手として結果を残せるレベルと言えるでしょう。

 

「スマッシュにも深さが必要!」と思ったら、それはテニス選手として大事なステップです

 


 

■浅いスマッシュは反撃されるのが上級者レベル

テニスはワンバウンドで打っても、返球が有効なスポーツ。

ですから大事なのはいかに、2バウンド目を相手から奪うか。

スマッシュ自体はパワーがある花形のショットですが、浅いとそれは2バウンド目の直前までに失速し、相手に反撃を許すショットになってしまう。

「叩き付けて、相手に触れなくすれば良いのでは?」と思った方、それは大チャンスボールですから決めて当然のボール。

深いロブ、から深いスマッシュ、が打てなければ上のレベルの試合では勝てないのです。

 

■深いスマッシュが打てれば、相手を深く押し込める

私も試合をするときは、相手の「スマッシュ力」を早めに観察するようにしています。

深いロブも、深いスマッシュを打てる相手なのかどうか。

もし深いスマッシュを打ってくる相手であれば、自分たちもあまりポジションを前に設定出来ない。

ですが浅いスマッシュになるような相手なら、ベースラインくらいに立って反撃の糸口を探せるのです。

この差は、すごく大きい。

深いロブを打って浅いスマッシュを打ってもらえれば、自分たちのペースで試合が進められる。

スマッシュの深さは、そのまま相手へのプレッシャーの大きさになることを覚えておきましょう。

 

■深いスマッシュは、決して大振りのスウィングではない

深いスマッシュは大きく振ろう、と思うと難しい。

そもそもスマッシュは、しっかり高い位置で触れればそこから大振りしないでOK、コンパクトに上で打ち終わりましょう。

大事なのは、しっかりボールの斜め下側を打つ、くらいのつもりでいること。

真後ろや上側を打つと、ボールが下方向に飛びやすくて浅くなる。

叩き付けるときは別ですが、深いロブに対してはしっかりボールを下から捕らえるくらいで、私はオススメです。

コーチによっては「違う!」という意見もあるでしょうが、あくまで私の感覚です。

 

スマッシュに深さが出ると、自分たちにも自信になる。

一度スマッシュ対ロブ、の展開になると最終的に押し込める、という自信になりますからね。

その逆になると・・・もう試合どころじゃありません。

とにかくロブが嫌で、嫌で・・・となると、試合に勝てる訳が無い。

さぁ、深さを意識したスマッシュ、磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…

関連記事

  1. テニス メンタル

    スマッシュ

    テニスの試合で「スマッシュ打てる!と思ったら意外とロブが深かった…」ときに慌てず対処する技術4つ

    相手をラリーで追い込んで、ロブが来た!打ち込んでポイントゲット、と…

  2. スマッシュ

    相手のスマッシュは、実は自分自身のチャンス

    試合の中で、相手がスマッシュを打つ瞬間。みなさんは、何を考えま…

  3. テニス ラケット

    スマッシュ

    スマッシュでガシャる人は、「ボールが近付いて来てから」打点を決めようとし過ぎている

    スマッシュのチャンスで、当たり損ない、試合で多いですよね。何気…

  4. テニス

    スマッシュ

    「スマッシュ上達したキッカケ」は、スポーツ全般に当てはまる上達のコツ

    スマッシュって難しい。難しいけどちゃんと打てれば攻撃ショットと…

  5. スマッシュ

    高いロブでのスマッシュは、「自分のイメージよりも早く」上方向にラケットを降り出そう

    高いロブ、皆さんはスマッシュでしっかり打ち切れていますか?高い…

特集記事

  1. テニス 観察

    戦術

    全仏オープンを、「テニス選手らしい観点でチェック」したい5つのポイント
  2. テニス ストローク

    リターン

    リターンの超基本「前方向にスプリットステップ」で、必ず攻撃的なリターンが可能にな…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックハンドが安定しない人は、スウィングに入るギリギリまで添えた手を離さない…
  4. テニス 準備

    戦術

    テニスの試合で相手にやられること、失点することは、悪いことじゃない
  5. テニス ストローク

    ロブ

    「スライスロブとトップスピンロブ」は、両方使えてこそ威力を発揮する
PAGE TOP