テニス メンタル

スマッシュ

遅いスライスロブをスマッシュ、「待たないでジャンプ!」していこう

スライスロブ、試合の中で打たれるケースが多いはず。

特に女子ダブルスの試合は、一般、学生問わず前衛の上を狙うケースが多い。

このロブ、一見ゆっくりしていて打ちやすそうに見えますが・・・実は非常に危ない、ミスを誘う要素を含んでいる。

普通のスマッシュの意識では、きっと痛い目に遭うでしょう。

 

遅いスライスロブをスマッシュ、「待たないでジャンプ!」していこう

 


 

■スライスロブは・・・なかなか落ちて来ない!

皆さんも経験あるはず。

スライス回転がかかったロブは、滞空時間が長いのでとにかく落ちて来ない。

やきもきして待ったあげくに、しっかりラケットに当たらないでスマッシュミス・・・のようなケース、前衛で多いと思います。

スマッシュは、待っては危ない。

引き付ける意識は大事ですが、最後はしっかり自分から打ちにいかないと攻撃的な良いスマッシュにはならないのです。

 

■下半身でスマッシュを打てば、安定する

ここで意識したいのは、上半身より下半身。

しっかり膝を軽く曲げて、後ろ足でジャンプ、前足で着地出来るように意識すること。

ボールが落ちてくるのを待ちつつ、最後は自分でジャンプしてボールに向かっていきましょう。

スライスロブ自体に力は無いので、自分から力をボールに与えるつもりで。

ただし、その力の源は下半身。

上半身はリラックスして、コートをキックする力を止めないようにして打ってみましょう。

 

■スライスロブは風の影響も受けやすい

一つ、追加で注意したいポイントが。

スライス回転のロブは風の影響も受けやすい。

自分が今いる場所が風上なのか風下なのか・・・によって、ボールは最後、落ちてくるときに変化します。

この変化を予測しておかないと、最後に泳いでしまって上手く打てない。

アウトドアのコートのときには、無風での試合って少ないはず。

風上ならボールは相手側に押し戻されるし、風下なら最後にグッと深く自分のコートに伸びて来る。

ここまで警戒出来れば、バッチリです。

 

スライスロブは、打って来る相手が多いのに対策が遅れている。

整理すると、「自分から下半身を使って打ちにいく」ことと、「風を味方につけること」。

きっと、練習から意識出来れば難しいことではありません。

相手の逃げるようなロブは、容赦なくダブルスでも仕留めていきましょう!

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニス初心者が身に付けたい、「スマッシュの基本」4つ

    この春から、新しくテニスを始める方も多いはず。テニスのショット…

  2. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュを強化したいなら、「結論から入る」フットワークでいこう!

    スマッシュを打つ、練習ではちゃんと打てているのに・・・。試合で…

  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人は、「ボールの上側を打つ」意識を持てばアウトが減る

    スマッシュが苦手な人は、何を変えていけば良いのか。色々な方法が…

  4. テニス スライス

    スマッシュ

    スマッシュが安定しない人によくある、「後ろ足回転症候群」を解消してキレ味を磨こう!

    スマッシュが安定しない、キレ味が無いと感じている人は、まずフォームが大…

  5. テニス メンタル

    スマッシュ

    「スマッシュを磨きたければ、まず決断力から」試合で勝ち切るテニスに、必要な決断力とは?

    「スマッシュは、得意ですか?」こう聞かれて、アナタはどう答える…

  6. スマッシュ

    グランドスマッシュを打つ前、バウンド前に相手コートをチラッと見よう

    打つ前に、自分にすごく余裕がある時。こういう時の方が、なんだ…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスが上手くなるのに、センスは要らない
  2. テニス トレーニング

    戦術

    テニスで狙いを絞って、チーム内で1番になろう
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会は、「個人戦こそ、団体戦である」と心得よう
  4. テニス ストローク

    練習メニュー

    試合で使える「回り込みフォアハンドストローク」を鍛える、クロスラリーの基本メニュ…
  5. テニス 戦術

    戦術

    テニスの試合で、「相手の得意パターンにはまらない」為に必要な意識4つ
PAGE TOP