テニス ストローク

スマッシュ

「下がらないから打てないだけ」テニスでスマッシュに苦手意識がある人の一番の特徴

ダブルスの試合で、せっかく攻撃的な前衛のポジションにいるのに、ロブが上げられるたびにチェンジ、チェンジの繰り返し。

ロブの精度を見るまでもなく、お決まりのように諦める人、いますよね。

ここには、スマッシュを苦手とする人の一番の要素が詰まっています。

 

「下がらないから打てないだけ」テニスでスマッシュに苦手意識がある人の一番の特徴

 


 

■ロブに対して過剰な苦手意識

スマッシュに苦手意識が強い人は、とにかくロブ嫌い。

相手に上げられたら、まるでテニスボールを鉄球と勘違いしているように避けて逃げ回る人。

こんな人は、前衛にいても、シングルスでネットに出てきても全く怖くありません。

まぁ、そもそもネットに出る勇気も無いと思いますが・・・。

 

■スマッシュ=ミスが多いという先入観はなぜ?

スマッシュはミスが多い、という意識が強い人が多いのはなぜでしょうか。

確かに一般の試合を観ていると、スマッシュミスでポイントが終わる、試合の流れも変わってしまうケースも見受けられます。

一つの大きな要因は、「決めないといけない」という過剰な意識。

しっかり打って相手を追い込めれば良いのに、力が入ってミスしてしまう。

ミスというよりも、必然的な確率でポイントを奪われていると言ったほうが良いでしょう。

 

■なぜ、スマッシュを避けて苦手になるのか?

理由は簡単です。

ロブを上げられて、それを「今の自分の場所で打てない」と判断すると、避けてしまうからです。

ダブルスなら後衛に任せる、シングルスなら下がりながら追いかける・・・。

でもよく考えてみれば、ほとんどのロブは下がることができれば触ることができます。

テニスコートの広さから言って、早いタイミングでしっかり下がって触れないボールは、アウトになるはずなのです。

 

■「下がること」ができるようになれば、スマッシュは上達する!

一般の試合では、この下がることができない人が本当に多い。

クロスステップで一歩を大きく下がることが理想ですが、まずはサイドステップでもOK。

とにかく触ろう、打ち切ろうという意識が大切です。

その積極的な姿勢が、相手にプレッシャーを与えてロブをアウトにしたり、パッシングに切り替えてミスを誘ったりできるのです。

 

テニスの試合では「できること」をするのが大前提。

とはいえ、できないことをいつまでも避けていては、勝ち抜くことはできません。

練習でトライすることも大事ですが、お勧めは思い切って試合でトライしてみること。

深いロブを無理にでも追って、スマッシュを打ってみること。

意外と、守備範囲は自分が思っていたよりも広いことに気付くかも知れません。

そういったチャレンジの繰り返しが、アナタを強くしていきます。

ピックアップ記事

  1. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. + POWER CUP について
  3. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュは「ラケットを下から回して担がない」だけで、劇的に準備が速くなる

    テニスの試合において、スマッシュは色々な場面で求められる技術。…

  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    大チャンスなスマッシュでは、早く足を決め過ぎないこと

    明らかにチャンス、なスマッシュの場面。こういうときって、逆に打…

  3. スマッシュ

    ロブが処理出来ないからチェンジ、の時点でそのポイントは厳しいという事実

    ダブルスの試合で、よくある光景。相手にロブを打たれて、前衛が打てな…

  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュを打ち切る選手になりたければ、ダブルスこそ「縦割り担当」でいこう!

    どうしても、スマッシュが打てない、ビビッてしまう。そんな人は、…

  5. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人は、無理やりにでも自分に余裕を作ってみよう

    試合でスマッシュが入らない、大事なところでミスをする。もう、こ…

  6. スマッシュ

    テニスで「スマッシュが上手い人が意識していること」で応用が効く技術5つ

    テニスの試合では色々なショット、技術が求められます。では、その…

特集記事

  1. テニス 確率

    サーブ

    ダブルフォルトが多い人は、「ファーストとセカンドの差」が大き過ぎ
  2. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスにおいて前衛は、「攻撃の優先権がある」ことをまず認識しましょう
  3. テニス フットワーク

    その他

    力強いストロークを打つ為に、「テイクバックは早く済ませて、更に身体をひねる」動き…
  4. テニス 錦織圭

    メンタル

    「自分のテニスをやり切ること」を勘違いしていると、結果的に試合で勝てないことが多…
  5. テニス メンタル

    その他

    マナーが良い選手は、大事な試合に勝てない?
PAGE TOP