スマッシュ

スマッシュとサーブの違いを考えると、「少しだけスマッシュが楽になる」考え方について

スマッシュに苦手意識を持っている方、色々理由があると思います。

高いボールが落ちて来るのに恐怖を感じる、後ろに動くのが苦手・・・など。

ですが、サーブに近い動作と考えて発想を変えると、実はスマッシュは楽。

自分でプレッシャーをかけ過ぎているのは、もったいないことです。

 

スマッシュとサーブの違いを考えると、「少しだけスマッシュが楽になる」考え方について

 


 

■スマッシュはまず、コートの中に入ればOK

サーブと異なり、スマッシュはコートの中に入ればOK。

しかも相手のレベルによっては、「スマッシュを打たれて、入って来る」だけでかなりプレッシャーになる。

まずはスマッシュは、サーブよりも入ってOKのエリアが広いし、入るだけでプレッシャーになるショットであることを、自覚しましょう。

もちろん、上のレベルになればそれだけだと辛い。

ですが、サーブよりも全然楽に打って良い!と考えると、少しだけ楽になりませんか?

 

■フィニッシュショットにする必要は、無い

厳しいロブを、スマッシュでエース・・・なんて、なかなかプロでも出来ない。

ロブをしっかり判断して、無理に決めにいこうとしないでまずはしっかりスマッシュを入れる。

その為には、サーブに近い動作で深く打つ、ネットしないことだけ意識しましょう。

深いロブでは、ゆっくり打ってハイボレーに近い形にしても良い。

自分で理想を高くして、苦しめていると結果的に試合で勝てません。

 

■スマッシュを打っていくこと、それ自体が大事!

ダブルスでもそうですが、スマッシュを打つこと、がまず大事。

スマッシュを避けているようでは、まず相手に対して優位に立てない。

ロブさえ上げていれば良いや・・・となってしまうと、相手は攻撃をしのぐのが楽になります。

スマッシュは絶対、難しくない。

難しくないからこそ、しっかり振り切ることが大事なのです。

 

サーブとの違い、それはインになるエリアの広さ。

しかも、サーブよりも自分の足で動いて打ちやすい場所を探して良いのがスマッシュ。

スマッシュに対して抵抗感を減らしていくには、アナタ自身が考えてイメージトレーニングしてみること。

そこに納得出来れば、どんどんスマッシュ打てるようになるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    テニスの試合で「低い弾道のロブをスマッシュするとき」要注意したい5つのポイント

    スマッシュの重要性は、何度か書いてきました。今回は、低くて速い…

  2. テニス ポーチ
  3. スマッシュ

    「絶対入る!」と思って、スマッシュを打つこと

    スマッシュが苦手な人って、そういう雰囲気がある。逆に決める人っ…

  4. スマッシュ

    スマッシュの決定力を、劇的に変えるためには?

    スマッシュを打って、ポイントが決まらない。この一発で、流れが大…

  5. テニス スライス

    スマッシュ

    スマッシュをロブで粘れる、ようになるには?

    相手の速いボールを、しっかり返球出来る人。特にスマッシュをロブ…

  6. テニス フットワーク

    スマッシュ

    相手にスマッシュで打ち込まれそうなときは、とにかく一度止まって構えよう

    守備が上手い選手は、試合で変な負け方はしない。スマッシュを打ち…

特集記事

  1. シングルス

    「ただ粘るだけじゃ、試合に勝てない!」相手からミスを誘うシングルスの試合での粘り…
  2. テニス ダブルス

    Q&A

    読者のみなさんよりアンケートで頂いたお悩みに、私なりにお答えさせて頂きます Vo…
  3. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合で自滅する人は、センターから無理して展開する人ばかり
  4. テニス ガット

    その他

    「ストリングのテンション」気温の変化とプレースタイルで調整しよう
  5. テニス ダブルス

    日々の雑記

    みんなで強くなることが、大きな相乗効果を生む
PAGE TOP