練習メニュー

テニスにおける技術は、身に付けるという意識より「どんどん丸呑みしていく」くらいの貪欲な姿勢が大事

高いお金を払ってテニススクール、プライベートレッスンをやってもなかなか上達が低い人。

すごく真面目にテニスに取り組んでいるのに、結果に結びつかない、技術が向上していかないと悩んでいる方は、言葉のニュアンスを変えてみませんか?

そう、言葉ってすごく力を持っている。

同じことをやっているつもりでも、自分で意識する言葉一つで変わってくると私は思います。

 

テニスにおける技術は、身に付けるという意識より「どんどん丸呑みしていく」くらいの貪欲な姿勢が大事

 


 

■「身に付ける」という言葉、気が長く感じない?

私は「身に付ける」という言葉が、あまり好きじゃない。

自分の身体に身に付ける、ということはいつでも外せるような意味合いにも聞こえる。

何より、自分の身体と調整しながら練習して身に付けていく・・・って、すごく気が長いような気がする。

もちろん、簡単に技術が自分のものになる、なんてことは無いのですが、言葉として弱い、インパクトに欠けると私は思っています。

ということでオススメは、「丸呑み」です。

 

■「丸呑み」するからこそ、自分のものになる

新しい技術は、誰だって拒否反応から入る。

私もバックハンドを片手に変えるときは、拒否反応だらけ、吐き気がしそうなくらいきつかった。

ですが、やると決めて「丸呑み」していたので、もう是が非でも消化するしかない。

それか、吐き出してしまうかですね。

吐き出すにしても、消化しようと必死でもがくことがまず大事。

皆さんはコーチや周囲からもらったアドバイス、どこか他人事のように聞いていませんか?

 

■相手を信頼し、受け入れる姿勢こそ上達には大事

テニススクールでも、アドバイスを聞いているだけで実践しない人がほとんど、

プライドもあるでしょうし、何より自分で自分を変えていくことが難しい、面倒なんですよね。

身に付けよう、と思っても、自分の身体や今の技術を大事にしてしまう。

だからこそ、相手を受け入れ、丸呑みしてしまうんですよ。

毒が入っている訳でも無い、相手を信頼して一度自分が内側から変わっていくくらいの意識、でアドバイス聞いてみましょう!

 

丸呑みしていく選手は、変わっていくのも速い。

自分の合っている、合っていないか・・・なんて、本当に身体の中に入れるくらいの覚悟でやってみないと分からない。

いつまでも、うわべだけでアドバイスを受けていても成長しない。

この覚悟を持って、アドバイスに耳を傾けてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. テニス 練習
  2. 練習メニュー

    いつものボレーボレーの練習を、格段に実戦向きにする方法

    ボレー同士で打ち合う、ボレーボレーの練習。みなさんも、練習のウ…

  3. テニス ダブルス

    練習メニュー

    男子テニス部の皆さん、「女子と練習しても、上手くならない・・・?」

    最近、男子高校生の方からこんな質問を頂きました。「うちのテニス…

  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    「練習中、新しい事にトライしてる?」練習環境を見直すとテニスはもっと強くなる!

    都内の中学校へボランティア部活レッスンで行ってきた。一日、子供…

  5. テニス 守備

    練習メニュー

    部活の練習で、「しっかりつなぎながら、決めることも出来る」テニスを養う練習方法とは?

    部活やサークルでの練習で、出来るだけ「試合に近い環境」で練習したいと思…

  6. テニス 試合

    練習メニュー

    こだわりを捨てて、「上手い人をどんどん真似る」ことが出来れば、上達は早い

    上達するのに、必要なこと。私はこれ、だと思いますよ。ま…

特集記事

  1. テニス 観察眼

    メンタル

    平凡なことを続けていれば、それは非凡になる
  2. テニス 練習

    メンタル

    「大事な試合に一度勝っただけで、すぐ満足してしまう人」と「勝ち続けられる人」の違…
  3. 戦術

    観察から行動に変えないと、意味が無い
  4. テニス メンタル

    フットワーク

    スプリットステップをつま先で終えれば、前への推進力を活かして攻撃出来る
  5. テニス ボレー

    スマッシュ

    「ネット際で押し込むスマッシュには、フォアボレーの要素も・・・」練習しておかない…
PAGE TOP