メンタル

強くなるテニス選手は、「これくらいで良いか・・・」の「これくらい」が、ものすごく高い

意識が低い、高いという話、よく聞きますよね。

テニスに対して意識が高い人、やっぱり上達のスピードも速い。

ですが、実際にどんなことを考えながら練習しているのか・・・は、皆さんも疑問のはず。

これはテニスに限った話では無いと思うのですが、やっぱり物事をしっかり突き詰めて考えられる人は強い。

今回の記事はちょっとした考えるきっかけになってもらえれば、嬉しいです。

 

強くなるテニス選手は、「これくらいで良いか・・・」の「これくらい」が、ものすごく高い

 


 

■ほとんどの人は、「これくらいで良いか」と自分に言い聞かせる

テニスの練習、一つ一つのショット。

アナタは自分の中で、しっかり採点できていますか?

思い通りに打てたとき、そうでないとき・・・色々あると思いますが、どこかで全体として自分を納得させてはいないか、という疑問は持って欲しい。

「これくらいで良いか・・・」と思いながら、日々練習を終えていますよね。

でもこれくらいって、一体どれくらいなんでしょうか。

 

■強くなる選手は、納得できないと練習を繰り返す

「これくらい」という基準は、誰にも分からない。

コートの1/64にコントロール出来ればOK、なのかも知れないし、1/8かも知れない。

レベルによって差はあるでしょうが、意識が高い、強くなる選手ほど自分の技術を客観視して厳しい目標を設定します。

「これくらいじゃ、ダメなんだ!」と自分で言い聞かせて練習を継続させていく。

しっかり出来て終わらないと気持ち悪い、くらいになってくると、もうアナタは強くなる道を歩み始めていると言えるでしょう。

 

■「ライバルを、第1シードを倒したい」なら納得出来るはずが無い

明確に倒したい相手がいるなら、納得出来て練習を終える機会は少ないはず。

もちろん限られた時間、環境の中での練習ですので、制約はあると思います。

だからこそ、その中で「これくらいで良い」というこれくらいは、とてつもなく高く設定したい。

練習で高く設定していれば、試合でもその半分出せるくらいで勝てるかも知れない。

第1シード相手では、それでも厳しいかと思いますが・・・まずは練習からの意識で、全てが変わります。

 

意識を高めるのは、アナタ自身です。

一朝一夕には、当然上手くいかない。

一度「言葉」から、アナタの中で変えていきませんか?

「これくらい」って、楽するような言葉として使っているようだと危険。

すごくハードルが高い、「これくらい」に変えていきましょう。

日々使う言葉が変われば、テニスも自然と変わってくるでしょう。

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  5. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…

関連記事

  1. テニス テニスボール

    メンタル

    「テニスの試合に勝てない・・・」スランプに陥ったら、答えはきっと試合の現場にある

    皆さんにとって、スランプの時期はありましたか?今まさにその時期…

  2. テニス フットワーク

    メンタル

    テニス部の偉大なリーダーが抜けたとき、こそ最大の成長のときである

    新学期、新入生、新体制・・・。アナタのテニス部やサークル、チー…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    勝つ為、ではなく自分を磨く為

    「自分は、何のために試合をやるのか」この問いかけを、みなさん最…

  4. テニス ストローク

    メンタル

    ビビった時のスピンストローク、ラケット面は下を向く

    試合でビビって、ストロークが打てなくなる。誰しもが、経験した…

  5. テニス ストローク

    メンタル

    テニスを続けていて、身体と技術の成長は見えるけど「心の成長は見えない」から、難しいのです

    テニスを続けていると、遅かれ早かれ、成長はしていく。学生の皆さ…

  6. メンタル

    テニス選手として成長したいなら、「自分の敗因の深いところを、しっかり見れているのか?」について常に考…

    練習、試合、練習・・・を繰り返していると、その繰り返し自体に慣れてしま…

特集記事

  1. その他

    〇〇しないといけない、という考え方
  2. テニス ストローク

    リターン

    2バックダブルス、リターンでのジャッジが難しい件
  3. テニス 目

    その他

    「利き腕」という言葉があるように「利き目」もあることを、テニス選手なら理解して練…
  4. テニス 環境

    その他

    試合前にやっておくとスタートダッシュが切れる!「試合用のウォーミングアップ」を見…
  5. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルス上級者の戦術は、「動くこと」が目的じゃない
PAGE TOP