テニス 部活

その他

明日、大一番の試合があるなら、「今まで自分に関わってきた全ての人の為に」戦い抜こう

アナタは今、テニスをプレーしている方でしょうか。

もしくは観戦を楽しむ方、かも知れませんね。

いずれにせよ、テニスというスポーツに何かしらで関わっている方だと思います。

試合に出ている方であれば、厳しい戦いが続く、心が折れそうになることもあるでしょう。

そんなときに考えて欲しいのが、このことです。

 

明日、大一番の試合があるなら、「今まで自分に関わってきた全ての人の為に」戦い抜こう

 


 

■プロ選手でも無いのに、周りの人の為って大げさ?

私はそうは思いません。

アナタにも必ず、支えてくれている人、ファンとなるような人はいる。

家族や仲間、一度頭の中でイメージしてみて下さい。

みんながアナタのテニスを支えている。

このことを、大事な試合の前には必ず、思い出すようにしてみて下さい。

きっと試合の中での最後の頑張りが、全然違うはずです。

 

■ラケット、ウェア、テニスコート・・・全ては、誰かが用意してくれている

私は高校時代、感情が高ぶってラケットを3本折ったことがあります。

ここで偉そうに書けるほどの人間ではない、と今でも思っています。

でもそのとき、先輩に言われた一言が今でも心に刺さっています。

「ラケットもテニスウェアもテニスコートも、お前一人では何も準備出来ないんだぞ」という言葉。

当たり前ですが、テニスは一人では出来ない。

感謝の気持ちを持って、試合に臨む、精進していく。

用具を作ってくれた人、テニスコートを整備してくれた人も、アナタに関わった大事な人です。

試合に強い選手は、この強い意志を持っているのです。

 

■「感謝したい人を集めた動画」を自分なりに作成してみよう

昨年大躍進した日本ラグビーチームですが、試合前に、あるVTRをみんなで観たそうです。

今まで戦ってきた仲間、代表選考に漏れた選手、その家族・・・みんなが代表選手の試合前に、メッセージを動画で贈る。

サプライズ的な要素もあって、選手たちは大いに奮起し、結果的に南アフリカのチームを破る大番狂わせを演じることになったのです。

アナタ自身、試合前に観る動画、写真を一度整理してみませんか?

「この人の為に頑張りたい」と思える人、絶対身近にいるはずです。

試合前に自分を強くしてくれる、そんな時間を作ってみてはどうでしょうか。

 

人に感謝出来れば、行動が変わる。

試合の中で、最後まで諦めない「理由」が出来ますからね。

行動が変わらない人って結局、心から感謝している訳では無い。

関わってきた全ての人に感謝して、大事な試合は戦い抜きましょう。

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    相手や周りを「褒めること」が出来る人は、きっとテニスも早く上達していく

    みなさんの周りにも、いつも人が集まって、テニスも含めて色々なことが「良…

  2. テニス 準備

    その他

    「サザエさん、テニスNo.1は誰だ!?」テニスの試合で必要な要素から考えてみる

    先日、「ゴルゴ13とテニス」ということで、テニスとゴルゴ13を重ね合わ…

  3. テニス メンタル

    その他

    テニス選手としての「肩書き」を外したときに、アナタには何が残るだろうか?

    今回は少し、重たいお話を。いつも重たいと感じている方は、すみま…

  4. テニス サーブ
  5. テニス ロブ

    その他

    「これがリアルなんだ」と、試合中は割り切っていこう

    試合中に、どういうスタンスで自分と向き合うのか。この問題につい…

  6. その他

    テニススクールでしっかり上達したいなら、「ボールを打っていない時間」こそ大事にしたい

    学生の方でも、社会人の方でも、テニススクールに通っている方は少なくない…

特集記事

  1. テニス リターン

    戦術

    試合に勝ったときにこそ「考える」選手は、強くなる
  2. テニス 言葉

    ボレー

    相手にバックボレーを打たせる戦術、は基本中の基本
  3. テニス メンタル

    戦術

    ピンチでコースを張って逆を突かれたら、全力でウォッチ&ジャッジを
  4. テニス サーブ

    サーブ

    下からラケットを回すサーブ、私はあまりお勧め出来ません
  5. メンタル

    捨てて攻める、ことがテニスの本質
PAGE TOP