テニス ダブルス

ダブルス

「ストレートケアしとくね」と、「プレッシャーかけてリターンを誘うね!」だと、どっちが前衛として頼もしいですか?

この2つの言葉。

実は、ダブルスの前衛としての動きとしては、そこまで大きな差は無いのかも知れません。

それは・・・結果的に、です。

前衛として、ポーチに出ないでクロスはサーブを打った後衛に任せる。

でも、違いは大いにあります。

アナタ自身、もしリターンの立場に立ったなら、それを実感出来るはず。

強いペアは、圧倒的に後者の考え方、ですからね。

 

「ストレートケアしとくね」と、「プレッシャーかけてリターンを誘うね!」だと、どっちが前衛として頼もしいですか?

 

1.ストレートケア、なんて言葉はダブルスで必要無い

繰り返しで、すみません。

私はこの言葉が、本当に大嫌いです。

試合に関与しない、ストレートをケアしていれば自分はOK、という逃げでしかない。

こういう言葉を口にしている人は、ストレートをケア、すら出来ていないですからね。

ストレートに来たら、どうするんでしょう?

ケアしているだけだから、返球するだけ?せっかく待っている、しかもボレーでネットの近くにいるのに?

口癖を直さないと、プレーの本質はいつまで経っても変わらないですよ。

ケアではなく、待ち伏せ。

相手にプレッシャーをかけて、自分の方に誘うことが前衛の役目です。

 

2.前衛が触る方が優位、なのがダブルスの基本

これをとかく、忘れがちですよね。

ダブルスの試合、前衛が触った方が優位なのは基本の考え方です。

ボレーが苦手な人は、ネットにド詰めすれば良い。

後衛だけが触っているのにポイントが獲れている・・・のは、ちょっと異常な感じ、くらいに考えた方が良いでしょう。

前衛がしっかり、プレーに絡んでいく。

その姿勢があれば、同じストレートに居続けるにせよ、「誘う」という言葉が出て来るはず。

声掛け一つで、ダブルスの実力は大きく変わっていきます。

 

3.「相手にプレッシャーをかける」ことをコミットしよう

これは自分のパートナーに対して、そして自分に対してです。

小さいフェイントを入れる、それから元のポジションに戻る。

こういう小さい動きを、味方であるパートナーのサーブに合わせて入れていくことが、「相手にプレッシャーをかける」ことになる。

リターンの選手だけじゃない、相手の前衛の選手だって小さい動きは気になりますよ。

だってポーチされて真っ先に攻撃されるのは自分、な訳ですからね。

こういう小さい動きは、強い相手にこそ効くのがテニス、です。

 

4.強い相手には、何も通じない・・・?

いや、逆なんです。

強い相手だからこそ、色々考えてくれる。

フェイントだって効くし、プレッシャーも感じてくれる。

そして何より、勝とうとする意志を見せられるのが嫌、なんですよ。

テニスの会場で、第一シードの選手やペアは、何が嫌って「本気で勝ちにくる相手」が嫌なんです。

プレッシャーをかけて来る相手、を強い相手は嫌がる。

だって普段、自分たちもやることですからね・・・その有効性は痛いほど分かっている。

アナタのペアで、やらない手は無いですよ。

 

5.言葉がテニスを創ることを忘れずに

これも何度も書いて来ましたが、アナタの言葉がアナタのテニスを創る。

後ろ向きな言葉は、後ろ向きなテニスを創る。

その逆も、もちろんあります。

「ストレートケア」なのか、「プレッシャーをかけて誘う」のか。

この2つ、アナタがサーバーなら聞いたときにどっちが頼もしいですか?

ストレートケアしている前衛、味方に思えますかね?

私は・・・とても思えません。

 

良いんです、実際は抜かれても。

プレッシャーをかけようと思って誘ったけど、相手のナイスストレートリターンが来たらしょうがない。

それだけ、まずはプレッシャーが効いたと思いましょう。

間違っても、「うわーー!」みたいな素振りは、相手に見せてはダメ。

だって、アナタは間違ったプレーしていない訳ですから。

こういう言葉、もっと意識して大事にしていきませんか?

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルス脳を持っているテニス選手は、「何事にも自分が全て影響している」ことを理解している

    「ダブルスが上手い」と呼ばれる選手は、他の選手と何が違うのか。…

  2. テニス ボレー

    ダブルス

    2バックで粘るダブルスは、「深いセンターへのボレーとアングルボレー」を組み合わせて崩そう!

    私が学生時代に経験して、衝撃だったこと。それは、体育会テニス部…

  3. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「とにかく速くて深いサーブ」は迷わずロブでの応戦に徹しよう

    試合でのロブの重要性について、何度か書いてきました。しかし実際…

  4. テニス ダブルス
  5. テニス 環境

    ダブルス

    相手2人が下がる「2バックの陣形」になったときに、必要な意識4つ

    ダブルスの試合、自分たちが準備していないと困ること。それは、パ…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    「なぜアナタのダブルスは勝てないのか?」を考えると、試合中にペアに謝ることの無意味さに行き着く

    「ダブルスの試合、どうしても勝てないんです。。」というお悩みの声を、た…

特集記事

  1. 戦術

    「夏休み練習でワンランク上を目指せ!」テニスの試合で勝つには、相手からミスを誘う…
  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「自分ばかり狙われて辛い」人はどうすれば良い?
  3. テニス リターン

    ストローク

    ストロークの打点までは手首を固定して、フィニッシュでリラックスして解放しよう
  4. サーブ

    サーブを今すぐ力強く、安定させるには…?
  5. リターン

    両手バックハンドリターン、肩をぶつけるつもりでアタックしよう
PAGE TOP