テニス ダブルス

ダブルス

「一喜一憂しないこと」が、ダブルスパートナーへの信頼の証

ダブルスパートナーとの、信頼関係。

みなさん、しっかり築けているでしょうか?

試合を観ていて、「このペア、強いな・・・」と感じるのは、こういう姿勢を目にしたとき。

お互いに盛り上げるようなペア、も強いですが、その次の段階はコレでしょう。

 

「一喜一憂しないこと」が、ダブルスパートナーへの信頼の証

 


 

1.一喜一憂、しない

ポイントを、取った、取られた。

これで一喜一憂しているようなペアは、そんなに強くない。

これはあくまで、私の経験則です。

そして、どちらかの選手が、どちらかの選手を盛り上げるように必死で褒めている、ようなペアもいますよね。

これも、気を遣っているのでパワーを使いますから、試合ではそれほど怖く無い。

やっぱり怖いのは、ポイントを取っても取られても、静かに試合を淡々と進めるようなペア。

一喜一憂しない、というのは何よりの信頼の証、ですからね。

 

2.「これくらいやってくれる」と思っているから

私もペアには、あえて一喜一憂しない、という姿勢でいます。

もちろん、盛り上げるとことは盛り上げますが、それも一時的なもの。

「お前はこれくらい出来るって、思ってるから」と、ペアのナイスショットにも「当然」のリアクションで応える。

ミスしても、無理に励ましたり怒ったりもしない。

信頼しているからこそ、チャレンジしてくれた、ありがとうという気持ちだけ、です。

試合中、ともすればすごく冷めているように感じられるかも知れませんが、全ては試合に勝つ為。

試合中のコートの上では、あくまで相手にどう見られているのか、を意識しましょう。

 

3.試合後には、喜怒哀楽を出す

試合後、になれば話は別。

実際に試合でどうだったのか、一喜一憂しなかったけど、その時は本当はどう感じていたのか。

それをペアで、確認する、吐き出す。

これが無いと、一喜一憂しないペアじゃなくて「本音が言えないだけのペア」になりますからね。

試合後には、喜怒哀楽を出して、お互いにテニスと向き合う。

ぜひ、このメリハリを大事にしてみて下さい。

 

4.一喜一憂しない、自分に対しても

ペアに対して、の前に自分自身に対しても、ですね。

これはテニスだけの話では無いでしょう。

自分に対して準備が出来ている、コミット出来ている人は、一喜一憂しない。

全てが想定内、で進めることが出来る。

テニスの試合では、これが出来るかどうかで勝敗が決まります。

ショットについて、ポイントの取得について、全ては俯瞰して、客観的に。

こういう話ばかりですみませんが、試合に勝ちたいなら、自分を変えていかないとダメ。

ずっと、悔しい想いだけを重ねていくことになりますよ。

 

パートナーの目をみて、大きくうなずく。

こういう行為だけで、充分に意志は伝わります。

アナタ自身、うわべだけで褒められるよりも嬉しくないですか?

試合で勝てる、強いペアの雰囲気。

ぜひ、形から入っていくことをお勧めします。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス ストローク

    ダブルス

    初めてペアを組んでの試合なら、この3つだけは確認しておこう

    初めて組む人と、試合に出る。なかなか難しいシチュエーションです…

  2. ダブルス

    雁行陣で、実は狙い目なのは…?

    みなさんが試合に出ていて、対戦する機会が多いのは雁行陣。これ…

  3. ダブルス

    相手がポーチに出て来てからストレートに打っても、それは後手の策

    ちょっとした差ですが、この違いは大きいです。ダブルスの試合で、…

  4. ダブルス

    ダブルスペアに自信を持たせること、がアナタには何より重要です

    何だか、この人と組むと試合がしやすい。勝てない相手でも勝ってし…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで相手を騙す、長い打ち合わせの後に正攻法作戦

    ダブルスの試合、相手がちょっと長い打ち合わせをしている・・・。…

  6. ダブルス

    ダブルスの初中級レベルの相手なら、「前衛のバックボレー狙い」から一気にチャージしよう!

    ダブルスの初中級レベルの試合では、前衛に穴がある。特に女子ダブ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    失敗を恐れない相手ほど、試合で怖いものは無い
  2. ボレー

    ネットに詰めてアングルボレーは、ボールを横からビンタする感じ
  3. テニス メンタル

    テニススクール

    テニススクールの上級クラスでは、「倒してあげること」が最高の指導
  4. シングルス

    シングルスでのリターンで、確実に優位に立つには?
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    勝てないダブルスペアほど、大事な部分をお互いに任せられない
PAGE TOP