テニス ミス

メンタル

「色々と想像して、ネガティブになってしまう人」は、自分が思っているほど失敗はダメージが無いことを知って欲しい

テニスの試合は、お互いのチャレンジの場。

もちろん確実性重視、で基本は進めていきますが、どうしてもギャンブル的な動きや作戦が必要なときはあります。

試合だけじゃない、普段の練習もそうです。

何事も、新しいことを試すときには失敗も付きモノ。

ネガティブなイメージが先行してしまう人は、「失敗」に対する発想を変えてみることをお勧めします。

 

「色々と想像して、ネガティブになってしまう人」は、自分が思っているほど失敗はダメージが無いことを知って欲しい

 


 

■所詮全ては、「小さいこと」だということ

成功も失敗も、小さいことの積み重ねです。

アナタが思っているような「失敗」って、実は周りからすると大したことじゃない・・・ということ、よくあります。

私自身、そうでした。

学校にテニスコートが無かったので、仕組みを変えたり公営のコートの交渉をしたり、悩みながらやったことばかりです。

「これを変えたら、みんなに何を言われるかな・・・」と考えて悩んで、悶々とした日々を過ごしたこともありました。

ですが、やってみると「それで良いじゃん」で終わり。

違うと思ったら、戻せば良いだけのことですからね。

 

■この半年で、テニスの中で「大きく変えた何か」はありますか?

アナタの中で、この半年のテニスはどうでしょうか?

何かを大胆に、大きく変えたことはありますか?

「全く無い・・・」という人は、もったいない。

なぜなら、新しく試すことが見事にはまってくれる、劇的にテニスを強くしてくれるかも知れないのですから。

バックハンドを片手、両手で変えるのも良いし、プレーするポジションを変えてみるのも良い、リターンはパターンを増やせますよね。

自分で考えて、何か新しいことにチャレンジする姿勢はテニスの上達で絶対に必要です。

 

■何度も言いますが、「ダメなら戻せば良い」だけです

やってみて違う、と思ったら戻せば良い。

でもそれって、「やらなかったのと、同じじゃないの・・・?」と言う声が、聞こえてきそうですね。

ハッキリ言って、全然違います!

例えばバックハンドで両手、片手の両方をトライした人は、その長所と短所を身体で覚えている。

覚えているから、対戦相手で相対したときに、苦手なことがイメージしやすいから攻撃が上手い。

チャレンジの幅が少ない人は、相手のプレーを観ても自分が体験したことが少ないので、イメージが沸き辛いんですよね。

これって、テニスの試合では致命的に損している、勝てない状態になっているということです。

 

慎重になる、というのはとても大事なこと。

テニスというスポーツでも、活かせる部分は大きくあると思います。

ですが特に10代、20代の皆さんは、どんどん新しいテニスや環境にチャレンジして欲しい。

失敗、なんて自分でどう思うか、ですから。

周りが失敗と言っても、アナタ自身がそう思わなければネガティブになる必要も無い。

ぜひ、少しずつ自分のテニスも変えていってみて下さい。

新しいテニスでアナタが変わる可能性、無限にあるのですから。

ピックアップ記事

  1. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. メルマガ配信、登録を開始します!
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「練習では色々出来るのに、試合になると何も出来ない」人は、どんな意識で試合に臨めば良い?

    練習と試合では、やっていることが違い過ぎる人。練習では得意なシ…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    相手のダブルフォルトを期待する、のは応援に任せましょう

    試合の中で、つい・・・リターンのときに考えてしまう。でも、考え…

  3. メンタル

    勝つか負けるか、ばかり考えてない?

    試合に勝ちたい人の為に、ヒントを。これがT-PRESSのメイン…

  4. メンタル

    迷った時は、「これで自分は成長出来るのか?」を判断基準に

    学生のみなさんでも、社会人、シニアのみなさんでも同じ。何かの決…

  5. メンタル

    試合でミスを続けない人は、何を考えているのか?

    試合で強い人は、ミスを続けない。切り替えが上手い、ように見えま…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    思い出して欲しいのは、勝って嬉しい対戦相手は自分だったという事実

    皆さんも、「勝って本当に嬉しかった試合」って、いくつかあるはず。…

特集記事

  1. フットワーク

    ワイドに来たら、斜め前に入る!
  2. テニス 練習

    練習メニュー

    模倣に模倣を繰り返した人にこそ、強いオリジナリティは宿り始める
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「目標に到達するには・・・?」テニスの試合で必要なのは具体的なイメージ
  4. フットワーク

    「ギリギリボールを正確に」返球するために、テニスの試合で身に付けるフットワークと…
  5. テニス 並行陣

    ダブルス

    誤解されがちですが、並行陣は「ミスをもらう守備的な陣形」
PAGE TOP