テニス ミス

メンタル

「色々と想像して、ネガティブになってしまう人」は、自分が思っているほど失敗はダメージが無いことを知って欲しい

テニスの試合は、お互いのチャレンジの場。

もちろん確実性重視、で基本は進めていきますが、どうしてもギャンブル的な動きや作戦が必要なときはあります。

試合だけじゃない、普段の練習もそうです。

何事も、新しいことを試すときには失敗も付きモノ。

ネガティブなイメージが先行してしまう人は、「失敗」に対する発想を変えてみることをお勧めします。

 

「色々と想像して、ネガティブになってしまう人」は、自分が思っているほど失敗はダメージが無いことを知って欲しい

 


 

■所詮全ては、「小さいこと」だということ

成功も失敗も、小さいことの積み重ねです。

アナタが思っているような「失敗」って、実は周りからすると大したことじゃない・・・ということ、よくあります。

私自身、そうでした。

学校にテニスコートが無かったので、仕組みを変えたり公営のコートの交渉をしたり、悩みながらやったことばかりです。

「これを変えたら、みんなに何を言われるかな・・・」と考えて悩んで、悶々とした日々を過ごしたこともありました。

ですが、やってみると「それで良いじゃん」で終わり。

違うと思ったら、戻せば良いだけのことですからね。

 

■この半年で、テニスの中で「大きく変えた何か」はありますか?

アナタの中で、この半年のテニスはどうでしょうか?

何かを大胆に、大きく変えたことはありますか?

「全く無い・・・」という人は、もったいない。

なぜなら、新しく試すことが見事にはまってくれる、劇的にテニスを強くしてくれるかも知れないのですから。

バックハンドを片手、両手で変えるのも良いし、プレーするポジションを変えてみるのも良い、リターンはパターンを増やせますよね。

自分で考えて、何か新しいことにチャレンジする姿勢はテニスの上達で絶対に必要です。

 

■何度も言いますが、「ダメなら戻せば良い」だけです

やってみて違う、と思ったら戻せば良い。

でもそれって、「やらなかったのと、同じじゃないの・・・?」と言う声が、聞こえてきそうですね。

ハッキリ言って、全然違います!

例えばバックハンドで両手、片手の両方をトライした人は、その長所と短所を身体で覚えている。

覚えているから、対戦相手で相対したときに、苦手なことがイメージしやすいから攻撃が上手い。

チャレンジの幅が少ない人は、相手のプレーを観ても自分が体験したことが少ないので、イメージが沸き辛いんですよね。

これって、テニスの試合では致命的に損している、勝てない状態になっているということです。

 

慎重になる、というのはとても大事なこと。

テニスというスポーツでも、活かせる部分は大きくあると思います。

ですが特に10代、20代の皆さんは、どんどん新しいテニスや環境にチャレンジして欲しい。

失敗、なんて自分でどう思うか、ですから。

周りが失敗と言っても、アナタ自身がそう思わなければネガティブになる必要も無い。

ぜひ、少しずつ自分のテニスも変えていってみて下さい。

新しいテニスでアナタが変わる可能性、無限にあるのですから。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. テニス 壁打ち

    メンタル

    いくら打っても無駄だ…と、相手に思わせれば勝てる

    「この試合は、勝ったな」と思える時。もちろん油断は出来ないです…

  3. テニス チーム

    メンタル

    テニス部を強くしたいなら、「自分が」という言葉を「自分たちが」という言葉に変えていこう

    4月から新しいチーム、でテニスを始める方も多いはず。今回は、ち…

  4. テニス 準備

    メンタル

    テニスの試合で、「一度リードして、さらに相手を引き離す」ために必要な考え方とは?

    試合で誰もが考えること。それは、まず相手をリードして、その後に…

  5. テニス 雨

    メンタル

    テニスの試合でも「自分のイライラの要因」が分からないから、人はネガティブ思考になる

    テニスの試合で、ネガティブ思考が止まらない人。なかなか、試合で…

  6. メンタル

    捨てて攻める、ことがテニスの本質

    ぜひ、試合では勝負師になってほしい。これに必要なのは、何かを捨…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    相手のネットプレイヤーが「ネットから離れた場所」にいるなら、ボールを足元に沈めて…
  2. テニス テイクバック

    ボレー

    スライスで追い込んでロブケア、はネットプレーの基本戦術
  3. テニス

    日々の雑記

    僕らの試合は、オリンピックのそれとは違う
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ライジングショットのコントロールは、「しっかり縦のスウィング」で
  5. テニス シングルス

    ダブルス

    ダブルスで味方ペアのミスに腹を立ててばかりの人は、「ミスについての考え方を変える…
PAGE TOP