ボレー

  1. 練習慣れって、怖い

    テニスの試合、練習、試合…と、繰り返していると、感じること。それは、練習に慣れるって、本当に怖いなということです。試合では、相手を倒すこと、崩…

  2. 大きく変えないと、何も生まれない

    最近私が、強く感じていること。しっかり、強いボレーを打たないといけないな…と感じている日々。佐藤プロ、土居コーチのボレーを見ていると、強く叩く…

  3. ネットにつなげる、サーブやアプローチの基本

    シングルスでもダブルスでも、試合の中でネットに出る。これでポイントが取れると、すごく気分も乗っていけますよね。でも、なかなか難しいのが実際のと…

  4. 今一度確認しておきたい、ボレーの基本5つ

    試合の中で、ボレーのミスが多い方に。特にダブルスでは、この差がそのままスコア差になり、勝敗につながりやすいですよね。だからこそ、意識したい基本…

  5. テニス 戦術

    沈められるって、実はチャンス

    みなさんは試合で前に出る、ネットに詰めて沈められると…どうですか?足下の処理というだけで苦手意識があり、怯んでしまう方も多いと思います。こうい…

  6. 成長するとは、受け入れるということ

    私自身、振り返ってみて感じること。テニスが成長出来た時期って、何かを自分の中で「受け入れる」ことが出来た時期なんですよね。最初はすごく苦しいん…

  7. ポーチに出られない、並行陣のファーストボレーのコツ

    ダブルスの試合、並行陣で戦う上で必要なこと。相手のレベルが上がってくれば、そう簡単に並行陣すら作らせてはもらえません。ファーストボレーを、しっ…

  8. ネットに出て特別なこと、しなくて良い

    初級から中級、中上級と上のクラスやレベルに上がっていくにつれて。みなさん自身、ネットプレーを習う機会、実行する機会が増えると思います。ワンバウ…

  9. テニス 練習

    足下のボレーは難しい?本当に?

    テニスの技術の中で、難しいとされるもの。その典型例が、ローボレー、足下のボレーじゃないでしょうか?並行陣やサーブ&ボレーには欠かせない…

  10. 「延長線上」というキーワード

    プロ選手の練習を見ていて、そしてお話をお伺いして感じたこと。ボレーでは、「延長線上」という言葉がよく出て来ました。これは、すごく私たちのテニス…

  1. テニス リターン

    戦術

    フォアハンドで一押し、相手を押し込むコツとは?
  2. テニス ストローク

    ストローク

    スピン回転のストロークは、「高い打点と低い打点で回転の種類が違う」、と考えよう
  3. テニス サーブ

    その他

    試合中に後ろを通る人がいるときには、積極的に先に通過させてあげよう
  4. テニス ストローク

    ストローク

    身長が低い人に対して、高いバウンドを使わない手は無い
  5. その他

    「しっかりと、熱中症対策を!」テニスでは仲間でケアし合うことが大切
PAGE TOP