ボレー

  1. テニスに必要な「反対の動き」

    反射的に出てしまう動き、これには必ず癖があります。癖、と言ってもそれは「反射的に自分の身体を守る」ような意味合いが強いと思います。相手が攻撃し…

  2. 自分のテニスを変えて、強くなるには?

    今日は、改めてこういうテーマで考えてみたいと思います。思えば、T-PRESSも昔はこういう記事が多かったんですが、最近あまり書いてませんでした。…

  3. 前へ押す力は、全てに通ずる

    テニスの試合の現場だと、なかなか気づけないこと。でも、自然と皆さんも「勝っている試合」では実践できていることだと思います。前方向に力を伝える、…

  4. 練習慣れって、怖い

    テニスの試合、練習、試合…と、繰り返していると、感じること。それは、練習に慣れるって、本当に怖いなということです。試合では、相手を倒すこと、崩…

  5. 大きく変えないと、何も生まれない

    最近私が、強く感じていること。しっかり、強いボレーを打たないといけないな…と感じている日々。佐藤プロ、土居コーチのボレーを見ていると、強く叩く…

  6. ネットにつなげる、サーブやアプローチの基本

    シングルスでもダブルスでも、試合の中でネットに出る。これでポイントが取れると、すごく気分も乗っていけますよね。でも、なかなか難しいのが実際のと…

  7. 今一度確認しておきたい、ボレーの基本5つ

    試合の中で、ボレーのミスが多い方に。特にダブルスでは、この差がそのままスコア差になり、勝敗につながりやすいですよね。だからこそ、意識したい基本…

  8. テニス 戦術

    沈められるって、実はチャンス

    みなさんは試合で前に出る、ネットに詰めて沈められると…どうですか?足下の処理というだけで苦手意識があり、怯んでしまう方も多いと思います。こうい…

  9. 成長するとは、受け入れるということ

    私自身、振り返ってみて感じること。テニスが成長出来た時期って、何かを自分の中で「受け入れる」ことが出来た時期なんですよね。最初はすごく苦しいん…

  10. ポーチに出られない、並行陣のファーストボレーのコツ

    ダブルスの試合、並行陣で戦う上で必要なこと。相手のレベルが上がってくれば、そう簡単に並行陣すら作らせてはもらえません。ファーストボレーを、しっ…

  1. 日々の雑記

    アドバイスは魚、釣り方を覚えないと
  2. テニス スライス

    ボレー

    駆け抜けながらのボレーは、シンプルにラケット面作りだけ
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスのストロークで、「相手のスライスショットを踏み込んで、クローズドスタンスで…
  4. テニス 錦織圭

    ストローク

    シングルスの試合で有効な「相手を深く、えぐるストローク」を身に付けるためには…?…
  5. テニス メンタル

    ボレー

    ネットに出るといつも「アウトボールを触ってしまう」人は、準備が遅すぎる!
PAGE TOP