ボレー

自分のテニスを変えて、強くなるには?

今日は、改めてこういうテーマで考えてみたいと思います。

思えば、T-PRESSも昔はこういう記事が多かったんですが、最近あまり書いてませんでした。

今だからこそ感じること、最近になって気づいたこと。

私なりに、変わってきたなと感じる時に考えたこと、結果的に気づいたこと。

シンプルですが、実は奥が深い。

伸び悩んでいる方の良いヒントになればと思い、書いてみます!

マイナスをプラスに変える!

結論から言えば、これです。

自分のテニスを変える、弱い部分を強くする。

そんなの当たり前じゃないかと思うかも知れませんが、この発想の大きな転換点が必要です。

今の自分のマイナスポイントを、一気にプラスに持っていく。

これくらい大胆不敵な感じで良いんです。

コツコツ、ちょっとずつ…という言い訳は、止めましょうか。

思い切ってドラスティックに挑戦してみる。

ダメならまた元に戻せば良い。

マイナスポイントがプラスになれば、一気に倍以上の実力が身に付けられるじゃないですか。

自分を変える、変わったと思えるならこれが最短で進むべき道なはずです。

私の場合は「ハーフボレー」がきっかけ

私は常にネットに出るスタイルなので、どうしても足下のボールが増える。

この足下のボールを今までは「返すこと優先」になってたんです。

ハーフボレーになったら、まず安全に相手コートに返す。

悪くない選択のようですが、強い相手はそこから一気に攻勢に出て押し切られてしまう。

ある意味、「それが自分の実力だし、テニスはそういうもの」と思ってたんです。

でも、実際に佐藤プロのような本当に実績のある方の意見を聞いてみると、「ハーフボレーこそ力が出せるじゃないですか」という話に。

返すだけのショットにしているのは自分の先入観で、実は「相手を押し込めるショット」になるのがハーフボレーだったんです。

最初は、「え?難しすぎだしミス増えない?」と思いました。

でも実際にやってみると、意外と強いボールも変える。

ラケットも飛ぶ設定のテンションにして、インパクトの角度も変える、そして何より「足下に沈められても絶対に強気に返す」という意識になりました。

そう、マイナスから一気にプラスに変えていく。

これくらいしないと、自分のテニスが変わったという実感って持てないですよね。

誰も教えてくれない、ヒントもくれない

じゃあこういうハーフボレー、誰かが教えてくれるかと言ったらそんなことはないんです。

スクールのコーチだって、周りの仲間だってなかなか教えてはくれない。

自分で気づくしかないんです。

自分のテニスを変えたければ、勝手にマイナスポイントに設定しているショットを見つけて、思い切って変えていく。

マイナスを0にしよう、とかは甘えです。

結果的にプラスにしようとして0になる、くらいの方が多いと思います。

自分の殻を破るなら、マイナスと思っている自分の弱点に目を向けてみること。

そこにはきっと、宝の山があるはずなんです。

変えてみたら、意外となんてことはないですよ。

勿体無い発想を自分で決めつけているだけ、人間なんてそんなものです。

こういう変化を自分で生み出せる人は、きっとこれから先も強い。

試合に強い自分に、どんどん変化していけるはずです。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「骨盤をけっこう意識してます」横向きに必要なテニスの動きは骨盤から!

    テニスの試合ではコースが大事。ショットのパワーも欲しいけど、ち…

  2. テニス ダブルス

    ボレー

    サーブ側の前衛は、短距離選手のイメージで

    ダブルスの試合で、相手の嫌なプレー。それは、前衛がどんどん動い…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスで前衛が苦手な人は、「あるコツを使って、楽々ポーチ」作戦を!

    ダブルスの試合、硬式テニスでは順番に前衛と後衛の役割をこなしていかなけ…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーのコントロールは、「ボールを捉える前のラケット面作り」が9割

    ボレーのコントロールがなかなか上手くいかない人は、自分で難しくしている…

  5. テニス メンタル

    ボレー

    「速いボールがボレー出来ない、怖い」のは、ただアナタの目線が高いから

    レベルが高い試合になってくると、ストロークのスピードも上がる。…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    大事な場面で前衛としてポーチ、心構えで9割が決まる

    試合の中で、しびれるような場面でポーチに出る。これが出来れば、…

コメント

    • ぱんぴーてにす
    • 2022年 4月 23日

    もう一度、自分のマイナスポイントから目を背けず向き合い、プラスに変えたい!と強く思いました!

      • tomita
      • 2022年 4月 23日

      つい目を背けたくなりますけどね…もう本当、嫌になることばっかりなんで(笑)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「自分の得意なパターンで攻撃していく」ために大切な4…
  2. テニス リターン

    フットワーク

    テニスの試合では、「打点に入るフットワークの速さ」で勝負が決まる
  3. フットワーク

    左右に振られた時の、スピードコントロールのコツ
  4. 戦術

    テニスにおける技術力って、再現力
  5. テニス 練習

    ボレー

    ダブルスの並行陣、「ファーストボレーは、深ければ良い・・・」だけだと、相手前衛に…
PAGE TOP