テニス 戦術

リターン

大事なポイントこそ、「ファーストサーブ、入ってこい!」のスタンスでリターンを

テニスはメンタルより技術、ということを何度も書いて来ました。

気持ち、気持ちと言っても、結局何をするの?という部分が大事、なのは確かです。

でも、言葉の力は上手く使いたい。

特にプレッシャーのかかる場面でのリターン、のようなときには、言葉を上手く自分にかけてあげたい。

私はいつも、この言葉を自分に言い聞かせています。

 

大事なポイントこそ、「ファーストサーブ、入ってこい!」のスタンスでリターンを

 

1.「ファーストサーブ、来い!」

30-40や、40-30、のような場面。

つい、相手のファーストサーブは「フォルトして欲しい・・・」と、思いますよね。

これが自然です。

でも、そういう想いが少しでもあると、それは隙にしかならない。

オンラインのようなサーブで、「フォルト!」と言いたくなって反応が鈍る。

そうじゃなくて、「ファーストサーブ、入って来い!」と自分に言い聞かせる。

そしてしっかり、前に踏み込んでリターンしていく。

入らなかったらラッキー、ではく、「自分のプレッシャーが良い感じで効いたな」と、自画自賛。

そして、「セカンドサーブ、絶対入って来い!」とまた考える。

ダブルフォルト、という願望は一切持たない。

この意識だけで、結構リターンゲームは変わりますよ。

 

2.気迫は絶対に、相手に伝わる

私はプロ選手の試合も、何度か審判台から見て決ました。

気付いたのは、リターン側の気迫って、絶対にサーブ側に伝わるということ。

嫌がっているのか、自分から迎えにいこうとしているのか。

そういう違いって、本当に雰囲気や空気で分かりますよ。

フォルトを期待している選手、もすぐに分かります。

微妙なライン際のサーブ、で良いプレーが出来ないのは、フォルトかも・・・と一瞬、頭をよぎるから。

人間ですから仕方ないのですが、この発想では格上選手なんて絶対に倒せない。

相手の良いプレー、を覆して凌駕していかないとテニスの試合は勝てないですからね。

 

3.心は熱く、頭は冷静に

でも、しっかり頭は冷静にならないとリターンはダメ。

相手のサーブの傾向、をしっかり読んである程度山を張ることは必要です。

「ここのコースに、入って来い!」くらいの気持ちで待つ。

本当に良いサーブ、を逆サイドに打たれたらそれはもう相手のナイスプレー。

だからこそ、自分にしっかり声掛けして気持ちが引かないようにする。

皆さんも、いつか大勢の観客の前でプレーする機会も出て来るでしょう。

そんなとき、本当に自分を鼓舞する、応援できるのは自分だけ、ですよ。

どんなに心は熱くなっても、頭は冷やしておく。

「入って来い!」という言葉は少し荒々しいけど、それは自分の冷静さを保つ為。

普段から、しっかり自分とコミュニケーションを取ることは大事です。

それも、「厳しいことに立ち向かう言葉」で、接してみて下さい。

 

本当に良いサーブは、どこかでしっかり叩かないと勝てない。

相手の調子を崩すも乗せるも、アナタ次第です。

リターンのときに、自分の雰囲気はどうなのか。

対戦相手が崩れることを期待しているだけ・・・だと、まだまだ試合に出る選手としては甘い。

もっとしたたかに、もっと自分に厳しく。

「ファーストサーブ、入って来い!」

小さい声で今、発してみませんか?

きっと勇気が湧いてくると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  4. メルマガ配信、登録を開始します!
  5. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

関連記事

  1. リターン

    テニスのリターンで構えるときの基本は、「ワイドに速いサーブは捨てる」ことも大事

    テニスの試合のリターン、あえて言わせて頂きます。皆さん、「漠然…

  2. リターン

    クロスへの強烈なリターン、をまず消そう

    ダブルスの試合で、「まずいな・・・」と感じる場面。みなさん、ど…

  3. テニス リターン

    リターン

    リターンはフォロースルーを短くするだけで、コントロールショットに早変わり出来る

    「リターンのコントロールが悪い」のは、特にダブルスで致命的。ク…

  4. テニス ストローク

    リターン

    リターンの超基本、「足を前後で半身の体制」を多くの選手が取り入れる理由とは?

    リターンのこだわりは皆さんそれぞれあると思いますが、トッププロ選手の多…

  5. テニス サーブ

    リターン

    サーブが入って「ホッ」とする瞬間を、見逃してはいけない

    今回は、すぐに実践出来て試合で効果的な作戦、をご紹介します。私…

  6. テニス メンタル

    リターン

    「ブロックリターンが使えると、試合にリズムが作れる」相手に決めらるのはOK、と割り切って

    リターンが苦手な人は、良いサーブでも同じようにリターンして失敗する。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス シングルス

    その他

    他人と比べられたくない、という人はテニスに向いていない
  2. テニス 練習

    シングルス

    シングルスの厳しい戦いで、「試合の終盤戦をどう戦うのか?」のオプションについて、…
  3. テニス セオリー

    その他

    万全でなくとも、試合に出ましょう
  4. テニス ストローク

    フットワーク

    スプリットステップは、相手に合わせる癖を
  5. テニス ガスケ

    リターン

    セカンドサーブを叩くこと、がファーストサーブの力を削ぐことにつながる
PAGE TOP