テニス 調子

リターン

「相手のサーブでフォルトしたボール」をネットにかける、のが下手な選手は試合で勝てない

私はいつも、「新しい視点」を探しています。

T-PRESS自体が、そういう場になれば良いなと思って書いているので、もしかしたら「え?」と皆さんが思うようなことも多いでしょう。

私なら、ココを見る、という部分。

それは、試合の中で非常に小さい、さりげない部分だったりします。

 

「相手のサーブでフォルトしたボール」をネットにかける、のが下手な選手は試合で勝てない

 


 

1.ネット近くにボールを避けておく、のもテニスの実力である

皆さんは相手のファーストサーブがフォルトしたとき、どんな対応をしていますか?

基本は、ネット近くに「ボールを避けておく」のをしますよね。

セルフジャッジで「フォルト!」とコールして、ボールをネットに向かって打つ。

でも、当然そのボールが邪魔になったら自分たちの失点につながる。

かと言って、ネットに打ったボールが跳ね返ってまた避ける・・・なんてのはマナー違反だし、相手に対しての配慮に欠ける。

何より、自分たちのリズムまで悪くしてしまいます。

 

2.しっかりボールの勢いを殺して、ネットにかけるのも大事な技術

皆さんも、良い機会なので見直してみましょう。

これが、しっかり出来る選手は試合でも強い。

サーブのボールの勢いを殺して、しっかりネット近くにボールを送る。

相手のフォルトに、安心している暇なんて無いですよ。

リラックスして、気持ちに余裕を持ってリターン出来ているかどうか、はこのフォルトの対応で一目瞭然。

強い選手って、このボールの避け方だって上手い、と思いませんか?

 

3.上手い選手の雰囲気は、どんどん真似していこう!

私は、これをお勧めします。

ショットや動き、ポジショニングもそうですが、こういった細かい試合中の仕草まで真似していく。

なぜなら、結果を出している彼らはそれが「合理的」だから実践しているんです。

ラケットを使ってサーブの勢いを殺して、しっかりネットにボールを避ける。

ファーストサーブですから、簡単では無いですよね。

普段の練習から、こういう技術にまで意識を向けて欲しい。

きっと、実力は後から付いてくるでしょう。

 

「そんな細かいこと、気にしてられないよ!」と思うのが、自然です。

学生時代の私が言われても、「知らないよそんなの・・・」と反発してたでしょう。

でも、上達の近道、今なら分かるんです。

こういう部分を、しっかりきっちり、大切にする。

騙されたと思って、意識してみて下さい。

きっとテニスの上達につながると思いますよ!

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. リターン

    センターへのサーブこそ、前に踏み込んでリターンしていこう!

    試合もレベルが上がっていくと、絶対にこの対応力が求められます。ダブル…

  2. テニス ストローク

    リターン

    「気持ちがこもった」プレーなら、相手前衛を気にする必要は無い

    ダブルスの後衛で、プレーをしているとき。調子が悪いときって、や…

  3. リターン

    「いきなりブレイク出来た!」試合ほど、大変になります

    試合の序盤で、いきなり相手のサーブをブレイク!順調な滑り出しの…

  4. テニス ダブルス
  5. テニス メンタル

    リターン

    思い切りの良いリターンでは、「フォアかバックかを決めて待つ」くらいの気持ちが大事

    錦織選手の活躍のニュースが続く全仏オープン。何と言っても、リタ…

  6. テニス リターン

    リターン

    リターンでバックハンド側のサイドのときには、身体を逃がしながらバックバンドリターンが有効

    リターンで、どうも回り込みフォアハンドが調子が悪いとき。右利き…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストローク力で押せる人に、駆け引きは身に付きにくい
  2. テニス 環境

    ダブルス

    ダブルスの試合、「ミスしてもポーチに出て来る前衛」って、嫌じゃないですか?
  3. その他

    「攣りやすいあなたへ」テニスの試合に出る選手は、対処と準備を覚えておくことが大切…
  4. テニス フットワーク

    シングルス

    シングルスの試合、遅いボールで相手を動かすことが大事
  5. テニス 夜

    メンタル

    自分自身が、「無能な選手に見られたくない」と思っているから、テニスでも一歩が踏み…
PAGE TOP