テニス 調子

リターン

「相手のサーブでフォルトしたボール」をネットにかける、のが下手な選手は試合で勝てない

私はいつも、「新しい視点」を探しています。

T-PRESS自体が、そういう場になれば良いなと思って書いているので、もしかしたら「え?」と皆さんが思うようなことも多いでしょう。

私なら、ココを見る、という部分。

それは、試合の中で非常に小さい、さりげない部分だったりします。

 

「相手のサーブでフォルトしたボール」をネットにかける、のが下手な選手は試合で勝てない

 


 

1.ネット近くにボールを避けておく、のもテニスの実力である

皆さんは相手のファーストサーブがフォルトしたとき、どんな対応をしていますか?

基本は、ネット近くに「ボールを避けておく」のをしますよね。

セルフジャッジで「フォルト!」とコールして、ボールをネットに向かって打つ。

でも、当然そのボールが邪魔になったら自分たちの失点につながる。

かと言って、ネットに打ったボールが跳ね返ってまた避ける・・・なんてのはマナー違反だし、相手に対しての配慮に欠ける。

何より、自分たちのリズムまで悪くしてしまいます。

 

2.しっかりボールの勢いを殺して、ネットにかけるのも大事な技術

皆さんも、良い機会なので見直してみましょう。

これが、しっかり出来る選手は試合でも強い。

サーブのボールの勢いを殺して、しっかりネット近くにボールを送る。

相手のフォルトに、安心している暇なんて無いですよ。

リラックスして、気持ちに余裕を持ってリターン出来ているかどうか、はこのフォルトの対応で一目瞭然。

強い選手って、このボールの避け方だって上手い、と思いませんか?

 

3.上手い選手の雰囲気は、どんどん真似していこう!

私は、これをお勧めします。

ショットや動き、ポジショニングもそうですが、こういった細かい試合中の仕草まで真似していく。

なぜなら、結果を出している彼らはそれが「合理的」だから実践しているんです。

ラケットを使ってサーブの勢いを殺して、しっかりネットにボールを避ける。

ファーストサーブですから、簡単では無いですよね。

普段の練習から、こういう技術にまで意識を向けて欲しい。

きっと、実力は後から付いてくるでしょう。

 

「そんな細かいこと、気にしてられないよ!」と思うのが、自然です。

学生時代の私が言われても、「知らないよそんなの・・・」と反発してたでしょう。

でも、上達の近道、今なら分かるんです。

こういう部分を、しっかりきっちり、大切にする。

騙されたと思って、意識してみて下さい。

きっとテニスの上達につながると思いますよ!

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    ダブルスの試合は、前に踏み込んでリターンするから最高のポーチ予防になる!

    ダブルスの試合、いかにポーチに出るのが大事か・・・を、何度か書いてきま…

  2. リターン

    相手のファーストサーブは、1種類じゃない

    強い相手ほど、変えて来ます。誰だって、ダブルフォルトは怖いで…

  3. テニス バックハンド

    リターン

    試合の中でリターンミスを減らしたいなら、まずボールをしっかり呼び込もう

    リターン、試合の大事な場面・・・緊張しますよね。いつも通りにや…

  4. テニス メンタル

    リターン

    リターンのときに、気づいて欲しい大事なポイント

    相手がサーブを打つときに、コースを読んで待ちたい。でも、どこに…

  5. リターン

    相手の深いサーブを返す、5つの基本

    試合の中で、相手のサーブが深い。こういう時に、どう打開策を見…

  6. テニス ロブ

    リターン

    テニスの試合で使えるリターンダッシュの一番のコツは、コンパクトな打ち終わりに尽きる

    リターンダッシュで、ネットを取る。サーブを打ち終えて安心してい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 準備

    練習メニュー

    試合会場で出来る、テニス選手として必要なウォーミングアップ5つ
  2. テニス ダブルス

    練習メニュー

    前衛がラケットで触れば勝ち、のゲーム形式をやってみよう!
  3. テニス 計算

    戦術

    デュースが続いた後のピンチ、はどういう意識で乗り切ろう?
  4. テニス 部活

    シングルス

    シングルスの試合の中で、「技術はあるのに、先にミスして自滅していく人」に共通する…
  5. リターン

    リターンの準備に必要なのは、ラケット位置の高さ
PAGE TOP