テニス バックハンド

リターン

試合の中でリターンミスを減らしたいなら、まずボールをしっかり呼び込もう

リターン、試合の大事な場面・・・緊張しますよね。

いつも通りにやろう、と思うけど、やっぱり相手のサーブが強力だとなかなか厳しい。

こんなとき、アナタは何を考えて試合を作っていきますか?

サービスゲーム、どうしても相手のサーブに反応する「受け身」になりがち。

そんなときこそ、基本を徹底しましょう。

リターンが改善出来れば、試合も必ず持ち直せるはずです。

 

試合の中でリターンミスを減らしたいなら、まずボールをしっかり呼び込もう

 

1.リターンに必要なのは、バランス感覚

リターンに必要なこと、それは試合の現場でバランス感覚を持つこと。

そのバランスとは・・・「踏み込むこと」と、「引き付けること」の両軸。

これは相手のサーブの力量や調子、アナタ自身のリターンの調子にも寄るでしょう。

踏み込むこと、も大事だし、踏み込み過ぎて突っ込んでもまずい。

そのときには、「引き付ける」というイメージも大事、だと考えてみる。

私はいつも、このバランスをリターンで意識しています。

どちらかが強くても、リターンはなかなか上手くいかない、のがテニスの試合です。

 

2.ポジションを前にしておけば、「基本は引き付ける」で良い

私は、こう考えています。

リターンのポジションは、元々前に上げていく。

そして、引き付ける。

相手のサーブをしっかり引き付けて、呼び込んでいく。

この基本、試合の中で気持ちが高ぶっても忘れないこと、が大事です。

ポジションを前にしているのであれば、踏み込みの動作は小さくて良い。

だからこそ、しっかり引き付ける意識が大事です。

 

3.リターンミスは、試合での致命傷になる

こういう意識は、本当に大事です。

アナタ自身負けた試合は、きっとリターンが入らなかった試合。

勝った試合は、リターンからしっかりペースを握れた試合。

リターンミスは、待っていても減りません。

自分の中で、何かを変えていく意識、で取り組まないと。

このバランス感覚の話も、私自身が試合の中で必死に考えている最中、まだ思案中の段階です。

だからこそ、アナタ自身しっかり取り組んで欲しい。

アナタなりのバランスの取り方、が必ずあるはずです。

 

4.引き付けることが出来れば、テニスのショットは上手くいく

リターンでも、基本は同じです。

きっと、アナタ自身も身に覚えがあるでしょう。

打点をしっかり自分で設定出来る、ことがリターンでは一番大事。

相手が強力なサーブを打ってくる、相手だからこそ、自分から引き付ける意識を持っておきましょう。

引き付ける為に、必要なのは先ほど書いたバランス感覚です。

ボールを打ち返す為のリターン、前に踏み込みつつも、しっかり引き付ける。

そのタイミングは、アナタ自身で見つけていって下さい。

 

リターンのタイミング、難しいですよね。

難しいからこそ、きっと答えが無いんだと思います。

それぞれが、最後は自分の間を見つけていく。

そのために、バランス感覚は毎回変えていかないと。

相手や自分、力量や調子によって変えていく。

呼び込む意識、ぜひリターンでも持って下さい。

ただ、ポジションは前に設定して、ですね。

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. リターン

    リターンでのストレートアタックは、「コート後方に自分だけの的」を作って狙えば効果的

    リターンでストレートを狙うこと、ダブルスではよくありますよね。…

  2. リターン

    バックハンドでストレート方向にリターン、フォロースルーは無くて良い

    両手でも片手でも、ここぞという場面ではストレート方向にリターンを打ちた…

  3. テニス メンタル

    リターン

    リターンのときに、気づいて欲しい大事なポイント

    相手がサーブを打つときに、コースを読んで待ちたい。でも、どこに…

  4. リターン

    「浅いセカンドサーブは、思い切ってドロップショットでリターン」が実践出来ると試合で効果的!

    リターンを工夫出来ると、試合の中での攻撃の幅はグッと広がる。そ…

  5. テニス メンタル

    リターン

    サーブを打つときに「リターンの名手、はテニスの大会で厄介な相手」事前の準備で対応策を!

    サーブは苦手だけどリターンは得意!という方、たまにいらっしゃいます。…

  6. テニス ボレー

    リターン

    ダブルフォルトは、「積極的にもらいに」いかないと!

    「あぁ・・・このポイント、ダブってくれないかな・・・」と、思うときあり…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス サイト

    その他

    テニスの試合が確実に強くなる!「スマートフォンの活用方法」5つ
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでネットにかかるミスが多い人は、「地面にアゴを付けて下からネット」をじ…
  3. 戦術

    相手の武器は、全力で潰しにいくこと
  4. テニス ラケット

    ボレー

    テニスでのボレーは「ボールを引き付ける」、だけで見違える
  5. テニス ストローク

    ストローク

    浅くて低いストロークを「巻き込みながらワイパースィング」で打てるようになれば、テ…
PAGE TOP