テニス ダブルス

ダブルス

ダブルスの試合、パートナーのミスを「自分の責任」と考えられる人は少ない

ダブルスペアとしての一体感。

これは、ある場面を見ればすぐに分かります。

それは比較的イージーなミスにより失点の場面。

この失点の場面、ミスした選手ではない、パートナーの選手がどういう反応をしているのか。

私はいつも、相手ペアのここをチェックするようにしています。

強いペアにはそれなりの、また弱いペアにはそれらしい「お約束」の光景があるんですよね。

 

ダブルスの試合、パートナーのミスを「自分の責任」と考えられる人は少ない

 

1.ミスをした選手に、どういうリアクションをしているのか

ダブルスの試合、大事な場面でのミスによる失点。

当然、痛いですよね。

自分のパートナーが、チャンスでミスをしてしまう・・・ときに、アナタの態度はどうでしょうか?

天を仰ぐような感じ、または「チッ!」と舌打ちするような態度、になってはいませんか?

そこまであからさまじゃなくても、どこか「何やってんだよ・・・」という意志、感情は表に出ているかもしれません。

パートナーの選手は、きっと気付いてますよ。

そして、相手ペアもこう思っているでしょう。

「よし、順調に仲間割れしてくれているな・・・」と。

無意識にプレーしていれば、当然感情の赴くままに表情や行動に出る。

それでは、テニス選手として、ダブルスのパートナーとして、私は失格だと思います。

 

2.仲間のミスは、「自分も関与している」と心得よう

実際に、それがテニスです。

ダブルスの試合、です。

パートナーがミスする、のは100%パートナーの責任、というのは有り得ない。

チャンスを「決めないといけない」と思うのは、もしかしたら自分が頼られていない、焦りから生まれているのかもしれない。

そもそも、そのチャンスは自分のボールじゃないのか・・・?

など、少し視野を広げれば必ず、自分が関与していることに気付くはずなんです。

それなのに、ミスした相手を責めるだけなんて・・・とても仲間のやることじゃない。

テニスは、個人競技であるがゆえに、ここの意識って希薄な人が多いんですよね。

特に、シングルス主体の選手同士が組んだダブルスペア、はそうでしょう。

味方の選手のミスを、遠回しに攻めてばっかり。

それでは勝てるはずないんです。

 

3.笑顔で「ダイジョブ」を伝えてみよう

私は、ミスしたパートナーにはとにかく笑顔で接する。

そして、「ドンマイ」という代わりに、「ダイジョウブ」とう一言だけ、声をかける。

だって、本人もミスしようとしてミス、している訳じゃないですからね。

申訳ないと思っているし、ポイントは取り返すしかない。

大事なのは、次からどういうプレーをするのか、どういう雰囲気を作っていけるのか。

アナタ自身、ミスしたパートナーに対しての態度、客観的に見直してみましょう。

きっと小さいこと、に気付けるはずですよ。

 

4.パートナーの力を引き出せる選手、になっていこう

テニスが上手い人って、こういう人です。

ダブルスを組んでいて、どこかやりやすい。

パートナーの力を引き出せる人は、よく理解してるんです。

「目の前の試合に、全て自分は関与している」ということを。

だからパートナーのミスも、自分の責任として考えることが出来る。

考えることが出来るから、工夫して変えていこうと思えて行動出来る。

パートナーが試合をしていて気持ち良い、と感じることが出来れば、もう試合は勝ったようなモノですよ。

辛く苦しい試合、の雰囲気を作っているのはアナタ自身です。

 

実際に、チャンスをミス・・・悔しいし痛い、もったいない、と思うのが自然です。

どうでしょう、そんなチャンスこそ、「決まらないかも知れない」と常に思っておく。

テニスはミスを重ねるスポーツ、競技ですからね。

そのために、パートナーのイージーミス、にも自分としての準備が必要。

ダブルスの強さって、そんな小さいところから、です。

ピックアップ記事

  1. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  2. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で、「サーブのコースはどっちが決める?」の質問にお応えします

    強いダブルスペアは、サービスゲームが安定している。特にその打っ…

  2. テニス 前衛

    ダブルス

    ダブルスの前衛で特に必要な、「フェイントをかけて相手を揺さぶる」技術を磨いて後衛を助けよう!

    言い方は悪いですが、テニスだけでなくスポーツは騙し合いの競技。…

  3. ダブルス

    テニスにおいて、前衛は2種類しかいない

    私が試合に出ていて、感じること。ダブルスの試合、前衛って大き…

  4. テニス ロブ

    ダブルス

    テニスの女子ダブルスの試合で有効な、「低くて鋭いロブ」で前衛の頭上を抜くコツ4つ

    雁行陣主体のダブルスで、有効な「前衛の頭上を抜く」ストレートロブ。…

  5. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルス上級者の戦術は、「動くこと」が目的じゃない

    ダブルスでの色々な戦術、皆さんまずは「実行すること」が大事。こ…

  6. ダブルス

    相手のファーストボレーを、前衛がスルーしてどうするの?

    ダブルスの試合で、前衛が活躍する場面。それは、サーブの後のポ…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. ダブルス

    ダブルスの試合で、前衛がドロップボレーから攻める方法
  2. サーブ

    ダブルスの試合は、後からサーブを打つ選手がしんどくなる件
  3. テニス ダブルス

    フットワーク

    相手のボールに対しての「反応速度を上げる」為に、必要な4つのポイント
  4. ストローク

    両手バックハンドを捨てたからこそ、今の片手バックハンドがあると思う
  5. メンタル

    相手に自信を与えると、いつでもまくられるのがテニス
PAGE TOP