テニス ダブルス

ダブルス

ダブルスの試合、パートナーのミスを「自分の責任」と考えられる人は少ない

ダブルスペアとしての一体感。

これは、ある場面を見ればすぐに分かります。

それは比較的イージーなミスにより失点の場面。

この失点の場面、ミスした選手ではない、パートナーの選手がどういう反応をしているのか。

私はいつも、相手ペアのここをチェックするようにしています。

強いペアにはそれなりの、また弱いペアにはそれらしい「お約束」の光景があるんですよね。

 

ダブルスの試合、パートナーのミスを「自分の責任」と考えられる人は少ない

 

1.ミスをした選手に、どういうリアクションをしているのか

ダブルスの試合、大事な場面でのミスによる失点。

当然、痛いですよね。

自分のパートナーが、チャンスでミスをしてしまう・・・ときに、アナタの態度はどうでしょうか?

天を仰ぐような感じ、または「チッ!」と舌打ちするような態度、になってはいませんか?

そこまであからさまじゃなくても、どこか「何やってんだよ・・・」という意志、感情は表に出ているかもしれません。

パートナーの選手は、きっと気付いてますよ。

そして、相手ペアもこう思っているでしょう。

「よし、順調に仲間割れしてくれているな・・・」と。

無意識にプレーしていれば、当然感情の赴くままに表情や行動に出る。

それでは、テニス選手として、ダブルスのパートナーとして、私は失格だと思います。

 

2.仲間のミスは、「自分も関与している」と心得よう

実際に、それがテニスです。

ダブルスの試合、です。

パートナーがミスする、のは100%パートナーの責任、というのは有り得ない。

チャンスを「決めないといけない」と思うのは、もしかしたら自分が頼られていない、焦りから生まれているのかもしれない。

そもそも、そのチャンスは自分のボールじゃないのか・・・?

など、少し視野を広げれば必ず、自分が関与していることに気付くはずなんです。

それなのに、ミスした相手を責めるだけなんて・・・とても仲間のやることじゃない。

テニスは、個人競技であるがゆえに、ここの意識って希薄な人が多いんですよね。

特に、シングルス主体の選手同士が組んだダブルスペア、はそうでしょう。

味方の選手のミスを、遠回しに攻めてばっかり。

それでは勝てるはずないんです。

 

3.笑顔で「ダイジョブ」を伝えてみよう

私は、ミスしたパートナーにはとにかく笑顔で接する。

そして、「ドンマイ」という代わりに、「ダイジョウブ」とう一言だけ、声をかける。

だって、本人もミスしようとしてミス、している訳じゃないですからね。

申訳ないと思っているし、ポイントは取り返すしかない。

大事なのは、次からどういうプレーをするのか、どういう雰囲気を作っていけるのか。

アナタ自身、ミスしたパートナーに対しての態度、客観的に見直してみましょう。

きっと小さいこと、に気付けるはずですよ。

 

4.パートナーの力を引き出せる選手、になっていこう

テニスが上手い人って、こういう人です。

ダブルスを組んでいて、どこかやりやすい。

パートナーの力を引き出せる人は、よく理解してるんです。

「目の前の試合に、全て自分は関与している」ということを。

だからパートナーのミスも、自分の責任として考えることが出来る。

考えることが出来るから、工夫して変えていこうと思えて行動出来る。

パートナーが試合をしていて気持ち良い、と感じることが出来れば、もう試合は勝ったようなモノですよ。

辛く苦しい試合、の雰囲気を作っているのはアナタ自身です。

 

実際に、チャンスをミス・・・悔しいし痛い、もったいない、と思うのが自然です。

どうでしょう、そんなチャンスこそ、「決まらないかも知れない」と常に思っておく。

テニスはミスを重ねるスポーツ、競技ですからね。

そのために、パートナーのイージーミス、にも自分としての準備が必要。

ダブルスの強さって、そんな小さいところから、です。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合において、「ダブルスでペアの連携力を高める」ことができるオンコートでの習慣5つ

    ペアの連携力、日々アップさせていきたいですよね。でも具体的に何…

  2. テニス ストローク

    ダブルス

    初めてペアを組んでの試合なら、この3つだけは確認しておこう

    初めて組む人と、試合に出る。なかなか難しいシチュエーションです…

  3. ダブルス

    ミックスダブルスで、「また組みたい!」と女性に感じてもらうコツ7つ

    ミックスダブルス、で女性ペアを探している男性のみなさんへ。私が…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルス並行陣を検討中のアナタへ」テニスの試合で強みを発揮するのはディフェンス力

    「ダブルスで並行陣を教えたいんだけど・・・」という質問を受けた。…

  5. ダブルス

    4アップの状態になって、ズルズル下がる癖を止めよう

    やられている訳でもないのに、弱気になってズルズル下がってしまう。…

  6. ダブルス

    ダブルスでパートナーが、完全に外に追い出されたら…どうする?

    ダブルスの試合で、自分のパートナーがコートの外に追い出される。…

特集記事

  1. テニス テニスボール

    テニススクール

    強くなりたいなら、テニススクールを居場所にしてはいけない
  2. テニス リターン

    ストローク

    ストロークのとき、「腕を止めてラケットが走る」を意識してみよう
  3. テニス 予測

    その他

    「相手の打つコースが読めない…」と悩む人は、消去法を使うとテニスの試合での決断力…
  4. リターン

    ブレイクポイントは、3本に1本取れれば上出来
  5. テニス ボレー

    ボレー

    サーブ&ドライブボレーは、現代テニスの必勝形
PAGE TOP