ダブルス

雁行陣相手のポーチ、どこを狙う?

相手が雁行陣で、いざリターンをポーチ!

でも、どこを狙うと一番効果的・・・でしょうか?

今回は、その基本について考えてみたいと思います。

ただ相手の前衛にぶちけるだけ、だと拾われてしまうとお悩みの方、必見です。

 

雁行陣相手のポーチ、どこを狙う?

 


 

1.相手が雁行陣、でのサービスゲーム

アナタ自身は赤側のペア、の前衛だと思って下さい。

今、パートナーがサーブを打とうとしている。

青側のペアは、シンプルな雁行陣ですね。

ここからリターン、前衛でポーチに出たい!

パートナーのサーブがセンターに入ると、結構出やすいですよね。

↓のような感じで、リターン側の選手がセンターに寄ると、リターンのコースも絞られます。

空いているコース、も出来るので、狙いやすい。

センターにしっかりサーブが打てるペアなら、これが基本でしょう。

または、前衛の外側のアングル、のコースも狙えますね。

ですが、そんなに毎回、センターにナイスサーブとはいかないはずです。

 

2.相手が通常の位置、からのリターンなら・・・?

パートナーのサーブも普通のコース、それほどリターンの選手が動かないようなケース。

こういう場面では、意外とポーチのコースって難しいと思います。

相手も、一見すると隙が無さそうに見えますしね。

ここでポーチを強打、してはミスの元。

相手の前衛にぶつけようとしても、結構拾われると思います。

女子ダブルスのみなさんは、守備力も高いしそこまでボレーにパンチがある訳ではないですから。

後衛に返球されて、↓のように逃げられるのがオチでしょう。

なかなか、これだと決まらない。

こういうケースでは、まず一回、しっかりとセンターを攻めたいんです。

 

3.相手に一度、触らせてOKのスタンスで

私なら、狙いはセンター。

相手のセンターの深い位置↓、がやはり狙い目です。

丁寧に、スピードは要らないのでしっかりあそこを狙う。

このコースは、後衛を走らせることにもなりますし、もし相手の前衛がカバーしてきても・・・。

しっかりと、↓空いたコースが生まれます。

ですから、まずは相手に触らせるようなスタンス、でのポーチで良いんです。

狙いさえ、しっかりしておく。

あと、大事なのはサーブを打った選手、赤側の後衛の選手ですね。

もし、前衛がポーチで触る↓と感じたら・・・。

思い切って、自分も前に出る。

このリズム、が大事なんですよね。

ボレー戦になったら、自分も加勢していくイメージ、です。

なぜなら、自分の前にポトッと落ちてしまうようなボール、が増えますから。

自分の側にも、逃げれないよという意志表示になりますしね。

ですから、後衛は何より先に気付くこと。

敏感に、前衛の動きを感じること、が大事なんです。

鈍感な後衛は、ずっと後ろにいるだけ。

それでは、相手の逃げ道、になってしまいます。

 

雁行陣の相手に、なかなか一発のポーチで決めるのは無理でしょう。

特に、ワイドにサーブが入った時ですね。

そのコースが甘いなら、ポーチも無理しない。

一度センターを突く、というのはダブルスの鉄則、です。

ピックアップ記事

  1. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. メルマガ配信、登録を開始します!
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    「ペアに任せる勇気」は、試合でなかなか持てない

    試合で自分のペアを、しっかりと信じ切る。これ、出来ているようで…

  2. ダブルス

    相手がポーチに出て来てからストレートに打っても、それは後手の策

    ちょっとした差ですが、この違いは大きいです。ダブルスの試合で、…

  3. ダブルス

    安定感のある並行陣、2段構えが欠かせない

    並行陣で、簡単に攻撃されているペアは試合で勝てない。特に、セン…

  4. ダブルス

    「相手のファーストボレーが深い・・・」ダブルスのサーブ&ボレーヤーに有効な対策とは?

    ダブルスの試合も上のレベルになると、手堅いサーブにサーブ&ボレ…

  5. テニス 環境

    ダブルス

    ストレートへ打つと決めたら、絶対にブレてはいけない

    ダブルスの試合で、アナタ自身が後衛で、相手の前衛を狙う。リター…

  6. ダブルス

    ダブルスの試合で「つなぎのボールを打つ時」には、まず相手前衛に触られないことを注意しよう!

    ダブルスの試合では、当然ながら相手は2人いる。でも打つのは、ア…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. リターン

    テニスの試合、初心者の方でも「相手サーブの傾向を読む」ことが出来れば試合に勝てる…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    安定感の無い選手のほとんどが、サーブに力を使い過ぎている
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーの深さは、ネットのどの高さを通すかで調整しよう
  4. テニス チャンス

    ボレー

    「横向きボレーメリット1.2.3」テニスで必要な身体の向きをネットプレーで磨こう…
  5. 戦術

    みんなテニスのおけるコントロールの精度を、甘く見過ぎ
PAGE TOP