テニス メンタル

メンタル

テニスが変わる時、それは耳の痛い話から

社会人からテニスを始めたみなさんは、どんなテニスの指導を受けてきましたか?

テニススクール、サークル、または仲間から教えてもらった方、色々いらっしゃると思います。

そんな中で、「それ、違うよ」みたいに教えてくれる人、いるでしょうか?

私たちは年齢を重ねていくと、そういう風に言ってくれる人がいなくなってしまう。

そうすると、自分に対して「変わるチャンス」も無くなっていくんじゃないか、と。

T-PRESSを運営しながらも、常にこれは考え続けていること、です。

 

テニスが変わる時、それは耳の痛い話から

 


 

1.誰も本音で、接してくれない

のが、普通だと思います。

ましてや、趣味のテニスなら、なおさらですよね。

「そんなアナタに、なんで本気で考えないといけないのか」と、思いますからね。

おかしい人だな、とかちょっと痛い人だな、とは思っても、何も言わない。

テニスでも、多いじゃないですか。

いちいち、本音で接していたら疲れますしね。

でも、私はこういう「耳が痛い話」は必要だと思うんですよね。

これを受け入れる人、受け入れるマインドがある人が、テニスでも上達が早いですから。

 

2.上手い人ほど、真摯でアドバイスをすぐ実践する

私がアルバイトコーチをしていた頃に、感じたこと。

同じクラスの生徒さんでも、すごく差があるんですよね。

テニスの実力が高い人ほど、細かいところをさぼらない。

そして、小さいアドバイスでもすぐに実践して、「どうでしたか?」と聞いてくる。

あぁ、これはどんどん差が出来るな、と。

実力が無い人ほど、アドバイスも上の空ですし、人の声を受け付けないような雰囲気がある。

だから、こちらも本音で接することは無いですし、うわべだけのアドバイス、に終始する。

差が出来ていく、のは明らかですね。

 

3.テニスで結果を出す人たちは、本音であり本気

アナタ自身がこれから、倒していかないといけない相手。

彼ら、彼女らは、本気です。

本気で、本音で、テニスと向き合って、人生と向き合っている。

だから、周りにも容赦ないですよ。

「しっかりしよう」というメッセージを、しっかり言葉で伝えるコミュニケーションがある。

当然、「お前、自分で言ったこと出来てないじゃないか」と、言われることもある。

本当に耳が痛いですが、それも分かったうえで、周りに厳しく接している人も多い。

これ、試合でのプレッシャーよりも凄い、と思いますよ。

自分で厳しい環境、を楽しんでいるような雰囲気もある。

私自身、こういう仲間とテニスがしたい。

だからこそ、T-PRESSも本気であり、本音の場として、続けていきたいんです。

 

4.「耳が痛い」と感じれば、それは光明

私自身、たくさん耳が痛い言葉をもらいました。

今でも、その言って頂いた方の顔まで思い出せるくらい、ハッキリ心に刻まれています。

耳が痛い言葉って、図星なんですよね。

全く自分で意識していないこと、を言われても、ガツンとは来ないじゃないですか。

普段から意識している、から耳が痛い、心も痛い。

感情的になりそうになったこと、もたくさんあります。

みなさんも、同じような経験、あるでしょう。

ですが、私は思います。

テニスを通じて、「耳が痛い」と感じられるなら、まだ未来がある。

自分の可能性を信じているからこそ、痛いと感じている訳ですからね。

このサイトを見て、少しでもそれに近い感覚で、みなさんのテニスが変わるきかっけになって欲しい。

そんなヒントを、これからも発信していきたいと考えています。

 

読者のみなさんから頂くご意見でも、たくさん「耳が痛い言葉」があります。

でも、そういったご意見が本当に嬉しいですし、私自身を成長させてくれている。

このサイトは、一方通行のサイトではありません。

しっかりと、読者のみなさんと向き合い、意見をどんどん頂きたい。

今はアンケートのようなWEB上だけの形ですが、これは変えていきます。

近いうちに発表させて頂きますが、読者のみなさんとリアルでの接点を持ちたいと、今準備しています。

まずは関東の方から、になってしまうと思いますが、ぜひご期待下さい。

私は今から、すごく楽しみです!

発表をぜひ、お楽しみに・・・。

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    大きな決断をするときに、「周りからどう見られるか?」を判断材料にしてはいけない

    環境を変える、ショットを変える、戦術を変える。成長することとは…

  2. メンタル

    「自分の弱さを知らない」選手は、いつまで経っても強いテニス選手にはなれない

    アナタは、自分をどんな人間だと思いますか?少し大きなテーマにな…

  3. テニス

    メンタル

    テニスの試合ではなぜ、「試合中に追い上げられるとパニックになる人」が多いのか?

    リードしているとき、相手の調子が悪いときには気にならない。でも…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    「テニス部内のレギュラー決めで、先輩と試合することに・・・」そのとき、どう戦うべきかを考える

    テニス部に所属した経験のある人は、経験がある方も多いんじゃないでしょう…

  5. テニス 客観視

    メンタル

    テニスの試合前、「トイレに行って鏡を見て」自分の時間を作ることをオススメします

    あと少しで、自分の試合が始まる。そんなときに皆さんは、どんな過…

  6. テニス 準備

    メンタル

    試合前5分で完了する、スタートダッシュに必要なメンタル準備

    試合前、緊張感が高まる場面をどう過ごすのか。試合が始まるまさに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ロブ

    ロブを追いかけながら、結論は早く出す!
  2. テニス ボレー

    ボレー

    安定感のあるボレーを継続できる人は、「ラケットを動かし過ぎない」からミスが少ない…
  3. その他

    「汗をかこう!暑さに備えよう!」自分の身体を知ることでテニスの試合に勝てるように…
  4. サーブ

    「セカンドサーブ」を、1つの基準にしよう
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ライジングショットのコントロールは、「しっかり縦のスウィング」で
PAGE TOP