テニス メンタル

メンタル

テニスが変わる時、それは耳の痛い話から

社会人からテニスを始めたみなさんは、どんなテニスの指導を受けてきましたか?

テニススクール、サークル、または仲間から教えてもらった方、色々いらっしゃると思います。

そんな中で、「それ、違うよ」みたいに教えてくれる人、いるでしょうか?

私たちは年齢を重ねていくと、そういう風に言ってくれる人がいなくなってしまう。

そうすると、自分に対して「変わるチャンス」も無くなっていくんじゃないか、と。

T-PRESSを運営しながらも、常にこれは考え続けていること、です。

 

テニスが変わる時、それは耳の痛い話から

 


 

1.誰も本音で、接してくれない

のが、普通だと思います。

ましてや、趣味のテニスなら、なおさらですよね。

「そんなアナタに、なんで本気で考えないといけないのか」と、思いますからね。

おかしい人だな、とかちょっと痛い人だな、とは思っても、何も言わない。

テニスでも、多いじゃないですか。

いちいち、本音で接していたら疲れますしね。

でも、私はこういう「耳が痛い話」は必要だと思うんですよね。

これを受け入れる人、受け入れるマインドがある人が、テニスでも上達が早いですから。

 

2.上手い人ほど、真摯でアドバイスをすぐ実践する

私がアルバイトコーチをしていた頃に、感じたこと。

同じクラスの生徒さんでも、すごく差があるんですよね。

テニスの実力が高い人ほど、細かいところをさぼらない。

そして、小さいアドバイスでもすぐに実践して、「どうでしたか?」と聞いてくる。

あぁ、これはどんどん差が出来るな、と。

実力が無い人ほど、アドバイスも上の空ですし、人の声を受け付けないような雰囲気がある。

だから、こちらも本音で接することは無いですし、うわべだけのアドバイス、に終始する。

差が出来ていく、のは明らかですね。

 

3.テニスで結果を出す人たちは、本音であり本気

アナタ自身がこれから、倒していかないといけない相手。

彼ら、彼女らは、本気です。

本気で、本音で、テニスと向き合って、人生と向き合っている。

だから、周りにも容赦ないですよ。

「しっかりしよう」というメッセージを、しっかり言葉で伝えるコミュニケーションがある。

当然、「お前、自分で言ったこと出来てないじゃないか」と、言われることもある。

本当に耳が痛いですが、それも分かったうえで、周りに厳しく接している人も多い。

これ、試合でのプレッシャーよりも凄い、と思いますよ。

自分で厳しい環境、を楽しんでいるような雰囲気もある。

私自身、こういう仲間とテニスがしたい。

だからこそ、T-PRESSも本気であり、本音の場として、続けていきたいんです。

 

4.「耳が痛い」と感じれば、それは光明

私自身、たくさん耳が痛い言葉をもらいました。

今でも、その言って頂いた方の顔まで思い出せるくらい、ハッキリ心に刻まれています。

耳が痛い言葉って、図星なんですよね。

全く自分で意識していないこと、を言われても、ガツンとは来ないじゃないですか。

普段から意識している、から耳が痛い、心も痛い。

感情的になりそうになったこと、もたくさんあります。

みなさんも、同じような経験、あるでしょう。

ですが、私は思います。

テニスを通じて、「耳が痛い」と感じられるなら、まだ未来がある。

自分の可能性を信じているからこそ、痛いと感じている訳ですからね。

このサイトを見て、少しでもそれに近い感覚で、みなさんのテニスが変わるきかっけになって欲しい。

そんなヒントを、これからも発信していきたいと考えています。

 

読者のみなさんから頂くご意見でも、たくさん「耳が痛い言葉」があります。

でも、そういったご意見が本当に嬉しいですし、私自身を成長させてくれている。

このサイトは、一方通行のサイトではありません。

しっかりと、読者のみなさんと向き合い、意見をどんどん頂きたい。

今はアンケートのようなWEB上だけの形ですが、これは変えていきます。

近いうちに発表させて頂きますが、読者のみなさんとリアルでの接点を持ちたいと、今準備しています。

まずは関東の方から、になってしまうと思いますが、ぜひご期待下さい。

私は今から、すごく楽しみです!

発表をぜひ、お楽しみに・・・。

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    ストレス無く試合に勝つなんて、最初から考えない方が良い

    気持ち良く、試合に勝って終わりたい。それは難しいと分かっていて…

  2. テニス ボレー

    メンタル

    1セットマッチ、「5-5や6-6は望むところ」でありたい

    1セットマッチの試合、私たちの試合ではほとんどがコレですよね。…

  3. テニス シングルス

    メンタル

    「今日はどうしても、テニスに集中出来ない!」と思ったときに、自分を取り戻せる対策5つ

    毎日毎日、精神も身体も充実してテニスの練習が出来ている人。私は…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    定期的に「自分自身と対戦する」ことをイメージすると、テニスの成長は早くなる!

    唯一、身近な存在で対戦できないのが「自分」ですよね。アナタは、…

  5. テニス 練習

    メンタル

    嫌いな練習ほど、真剣にやって早く終わらせてみたら?

    テニスが上手い人は、きっとどんな練習も高いモチベーションで一生懸命・・…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    大きな決断をするときに、「周りからどう見られるか?」を判断材料にしてはいけない

    環境を変える、ショットを変える、戦術を変える。成長することとは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. その他

    テニスの試合の現場では、「残像を残さない」ようにしないと絶対にはまってしまう
  2. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスのネットプレーは、「相手のミスを誘う」要素が求められる
  3. テニス メンタル

    その他

    良い意味で「対戦相手を認める」ことが出来れば、試合はもっと楽に戦える
  4. サーブ

    意外と自分のサーブは、横に曲がり過ぎているかも知れない
  5. テニス ミス

    スマッシュ

    「まぶしい!!」とテニスの試合で大切なスマッシュ練習、避けていませんか?
PAGE TOP