テニス ダブルス

メンタル

人が本気になるには、本気で困るきっかけが無いと無理

すごく極端な話ですけど・・・みなさんも毎回試合に出て、負けることは多いと思います。

その負け、によって何か本気で困ること、はあるでしょうか?

正直、ほとんど無いと思います。

そりゃ悔しいけど、テニスで生計を立てている訳じゃないし、直接何かに困ること、は無い。

だからこそ、成長が遅くなる。

ここまで考える必要は無いのかも知れませんが、「本気で困る・・・」ような経験、が無いと人は本気になれない。

テニスでもそうだと思います。

 

人が本気になるには、本気で困るきっかけが無いと無理

 

1.人が本気になるのって、どんな時だろう?

本気で困ったこと、みなさん最近ありますか?

仕事や勉強、「これが出来ないと、本当にまずい!」となれば、人は本気になる。

でも、テニスではなかなかそれを実感出来る場、が無いんです。

だって、「相手のナイスショット」に出来ますからね、何でも。

強い相手との試合ほど、まさにそうでしょう。

相手が凄い、から仕方ない。

これでは、本気で「まずい・・・」と思えない。

どこかで他人のせいにしてしまう、人ってそんなものです。

本気になるには、本気で困ること。

全てはそこから、だと思いますよ。

 

2.本気で困るとは、自分の弱い部分を知るということ

本気で困るような場面、みなさんも経験しないといけない。

それには、何が必要でしょう?

私は、自分より実力が劣る相手、との試合だと思います。

つい、負けるのが怖いから、なかなか試合したくないじゃないですか、自分よりも弱いとされる人と。

本当は、そんなに差は無いんですけどね。

そういう相手に、自分が「やれれてしまうような場所、技術、ポイント」が無いかどうか。

あったら本気で、困りますよね。

それが自分を知る、ということです。

本気で困ったときには、人は変われます。

その変われるきっかけを作れるかどうか、もまたアナタ次第ということです。

 

3.大きな失敗、負け、でしか人は変われない

どんなに優秀なコーチでも、これに勝る指導は無いですよ。

そして、本当に優秀なコーチは積極的に失敗をさせます、選手に。

そして失敗から学ぶ、気付くことを待っている。

本当に苦しい想いをさせて、その次に、しっかりとした成功に導いてあげる。

そうやって、人は成長させられていくんです。

普段、お仕事をされている方は、感覚的に分かる方も多いと思います。

良い上司ほど、部下に失敗させる。

何かを任せて、必要以上に口出しはしない、失敗を覚悟してフォローする準備をしておく。

出来ない上司ほど、仕事を任せないし、任せても口出しばっかり。

テニスだって一緒です。

何かを任せて、思い切って失敗してみる。

それこそ、本当に恥ずかしい、死にたくなるくらいの大きな失敗を。

そこからでしか、人は変われませんからね。

 

4.「趣味のテニスなのに、そんな経験必要?」と思った方へ

私は、趣味だからこそ、だと思いますよ。

もはや、このサイトをご覧になっている方は、テニスは趣味とは言えない・・・かも知れませんが。

自分が休みの時間、を全て充ててでも取り組みたいこと、だからこそ、そこまで考える。

仕事や勉強だけでも辛いのに、それ以上?

はい、むしろそれ以上にやるからこそ、本当の意味での楽しみのテニス、が見えて来るんだと思います。

失敗や負け、は本当に苦しい。

テニスをやっていたら、楽しいことよりも困ることばかりです。

それでも、「本気で困る」ことはまだまだ、少ないのかもしれない。

そういう自問自答、問いかけは大事です。

 

「最近、本気で困ったことあるかな・・・」

無い、と感じたらそれは危険です。

テニスの試合で勝ちたいと思うなら、それは自分を衰退させているくらいに思った方が良い。

本気で困るから、本気で考える、自分を変えようとする。

このT-PRESSのサイトにも、「何かを変えよう」として検索から辿り着いた方もいるでしょう。

そんな方の力に、私も本気でなりたい。

本気で困って考えて、変えていく。

私自身、実践していきたいと思います。

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「もう駄目かも‥」と思うときは逆にチャンス!と認識して諦めないこと

    テニスの試合は、1セットマッチであればあっという間に終わる。3…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスで悔しさを覚えない選手を、強くすることは出来ない

    最近、改めて感じることがあります。アンケートやお問合せ、twi…

  3. テニス 部活

    メンタル

    5分で覚える、大事な「テニスの試合前の過ごし方」について

    試合前、緊張する待ち時間・・・。ココをどう自分の中で過ごすのか…

  4. メンタル

    強くなるテニス選手は、「これくらいで良いか・・・」の「これくらい」が、ものすごく高い

    意識が低い、高いという話、よく聞きますよね。テニスに対して意識…

  5. テニス 指導

    メンタル

    テニスでも何かの問題に出くわすと、人は本性を現す

    テニス選手としての、本当に真の部分。強さが出る部分って、みなさ…

  6. メンタル

    「自分のテニスのモチベーションが上がらないとき」に実践したい4つのこと

    寒い冬、どうしてもテニスのモチベーションが上がらない・・・日はあります…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス シングルス

    リターン

    ブレイクポイントでは、「はっきりポジションを前に取る」ことで吹っ切れたプレーが出…
  2. テニス 環境

    メンタル

    「人に言われてウザい」と思うことは、大抵が図星
  3. ボレー

    テニスのネットプレーでは、「相手がいる位置よりも空きスペース」を意識してラリーす…
  4. テニス ミス

    戦術

    調子が良くも悪くも無い状態、とは「良い状態」であると意識しよう
  5. その他

    第1回 読者ミーティング 無事終了しました!
PAGE TOP