テニス メンタル

メンタル

自分の膿を出してくれる、その人との付き合いを大事にしよう

テニスを続けていると、色々な人と出会う。

高校、大学までは部活やスクールくらいのコミュニティですが、社会人になると、それも広がっていく。

初対面の人と試合をしたり、ペアを組んだり、団体戦に出たり泊りがけの試合があったり。

出会う人すべて、自分にとって心地良い存在ばかり、ではないと思います。

でも、だからこそ、なんです。

テニスを通じて出会う人、の中で、大事にして欲しい人はこういう人です。

 

自分の膿を出してくれる、その人との付き合いを大事にしよう

 

1.ある意味、出会うべくして出会っている

人生って、出会いの連続。

テニスは一人では出来ない、ですからね。

その人間関係に悩んでいる人も多いと思いますが、これも私は考え方次第だと思います。

ある意味、アナタに必要な人、がアナタの出会いにつながっている、はずなんです。

大事にして欲しいのは、自分を成長させてくれる人。

それって、自分の「膿」を出してくれる人だと思うんですよね。

 

2.私自身経験してきた、本気で指摘してくれる人

思い出すのが大学時代、私自身、悩んでいる時期がありました。

それこそ、自分のテニスが分からなくて、色々な人にアドバイスを聞く。

こういう姿勢が大事だと思って、色々な環境に飛び込んでいったりしてましたが、思うような結果が出ない、手応えも無い。

そんなときに、同級生から言われた一言、「自分が無いんだから、何も生まれないんだよ」という言葉。

今でもハッキリ覚えていますが、すごく悔しかった半面、「よく言ってくれた・・・」という気持ちもあったのを覚えています。

自分の膿、を出してくれたんだな、と。

ちょっとしたことですが、人とのコミュニケーションの中で自分の膿が出る。

これは、恥ずかしいことでも何でも無い、むしろそれこそ、テニス選手らしいと私は思いますよ。

 

3.膿は出す瞬間が一番痛い

怪我したとき、もそうじゃないですか。

膿を出す、最初に切り込みを入れるときが一番痛い。

でも、その痛さを通らないと、スッキリして完治させることは出来ないんですよね。

仕事やプライベート、で自分の弱い部分、を目の当たりにすることもたくさんあるでしょう。

でも、テニスを通じて自分の膿を出せる、またそういう人を身近に置いておける人は、きっと強い。

普通なら、自然に遠ざけてしまいますからね。

膿を出す痛み、を受け入れる覚悟を決める。

それが、人付き合いを拡げてテニスを強くしていく、ことにもつながると思いますよ。

 

4.本音で長く付き合うには、膿の出し合いが大事

ダブルスペア、チームメイト、でもそうだと思います。

楽しくテニス、大いに結構。

でも、試合に勝ちたいなら、話は別。

それこそ本気で本音で、テニス観をぶつけ合わないといけない。

こういう仲間、がいる人は、自然に自分の弱い部分、膿もどんどん出ていく。

これを恥ずかしい、と思わないことです。

行動している限り、試合に出続けるチャレンジを継続している限り、それは続いていきます。

本音でテニスを通じて、膿を出し合って向き合う。

T-PRESSだって、そうだと思いますよ。

 

「この人苦手だな」という人、と無理に付き合う必要は無いですけどね。

ただ、何かこう自分の本能に火を付けてくれるような感じ、の人周りにいるじゃないですか。

そういう人、をぜひ大事にして欲しい。

きっとアナタ自身の膿を出して、次のステージに導いてくれるはず、ですから。

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス 準備

    メンタル

    テニスの試合で、「一度リードして、さらに相手を引き離す」ために必要な考え方とは?

    試合で誰もが考えること。それは、まず相手をリードして、その後に…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    格上選手に向かっていけない、テニスというスポーツは不思議な要素がある

    テニスというスポーツ、皆さんはしっかり「戦う姿勢」でコートに立ててます…

  3. テニス 予測

    メンタル

    相手の得意ショットを覚えておけば「大事なポイントで正確な予測」が出来ると信じて良い

    ここぞ、という場面、テニスの試合でありますよね。タイブレーク、…

  4. テニス 部活

    メンタル

    テニスの試合で「すぐに格上選手相手に諦めてしまう・・・」人は、もっと弱点を貪欲に探す習慣を

    トーナメントも勝ち進んで3回戦。サーブに触るのもやっとだし、ラ…

  5. テニス 打点

    メンタル

    相手が「切れた」から、自分も「切れる」選手は、テニス選手として恥ずかしい

    試合に出ていると、こんな経験、無いですか?相手が集中力を切らし…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で求められる、「強いメンタル」を養う為に必要な準備5つ

    皆さんから寄せて頂く質問の中で、圧倒的に多いのがこの質問。「メ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合は、皆さんも経験してきた「定期テスト」に似てると思う
  2. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「ロブに弱いペア」を見極める5つの視点
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「準備が遅いって何度言わせるの!?」テニスのストロークでラケットダウンのタイミン…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ドロップショットは、「踏み込んで高い打点から打つこと」で、より相手は動けなくなる…
  5. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    テニスの試合で「低い弾道のロブをスマッシュするとき」要注意したい5つのポイント
PAGE TOP