テニス メンタル

サーブ

狙った場所にサーブを打って入れる、のに必要なシンプルなコツ4つ

サーブを打っていく上で、自分の狙ったコースに打てない人は、試合で厳しい。

その次、の展開が難しいですもんね。

自分の打つコースが思い通り、になれば次の展開もすごくやりやすくなりますよ。

今回は、初心者の方でも出来るシンプルなコツ、を紹介したいと思います。

 

狙った場所にサーブを打って入れる、のに必要なシンプルなコツ4つ

 

1.打つ場所を変えてみる

サーブを打つ場所、は自分で決めて良い。

センターに打ちたいならセンターに寄って良いし、ワイドに打ちたいなら外側から、の方が狙いやすいですよね。

相手にばれても、良いと思いますよ。

色々工夫してサーブを打つ位置を変えてくる、というだけで嫌なモノですからね。

何となく毎回同じ場所、から打つサーブを変えてみませんか?

 

2.トスアップを打ちたい方向に

これも1.に近いのですが、少しだけトスを変えてみましょう。

基本は、自分が打ちたいコースの方向、少し前にボールをセットしてみる。

そのまま自然に打っていけば、野球で言う「ノック」のようにシンプルに飛んでくれるはず。

トスアップの位置を変えるだけで、その他は変えない。

シンプルに、サーブを打つコースを変えるにはこれも効果的です。

 

3.ボールの触る場所を変えてみる

例えばサッカーなら、ボールを右側に蹴って飛ばすとき、ボールのどこを蹴りますか?

きっと、向かって左側を蹴って右側、に飛ばすはず。

テニスだって一緒です、ボールを触る場所を変えるから、飛んでいく方向が変わる。

この大原則を、しっかり意識してみて下さい。

スライスサーブ、なんかがまさにそれですね。

ラケットでボールのどこを触っているのか、がコントロールでは重要です。

 

4.フラットサーブを卒業する

回転系のサーブ、を覚えること。

それは、アナタ自身のサーブのコントロール磨いていくうえで避けては通れない道、です。

回転をかけて、その軌道をコントロールする、バウンド後の変化をイメージする。

初心者の方には難しいかも知れませんが、ぜひ回転をかけることをまずトライしてみて下さい。

3.で紹介したボールの横を触ったスライスサーブ、がまずは簡単だと思います。

 

サーブをしっかり狙えるようになれば、テニスの試合は面白くなる。

ダブルスでは、前衛を活かすこともできますからね。

「入れるので精一杯」であれば、ちょっと速度を落としてでもコントロール重視。

しっかりコントロール出来るようになって、その後にスピードアップを図っていきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルスの試合は、「4回に1回は自分のサーブ」だから・・・?

    ダブルスの試合、自分のサービスゲーム。これは、4回に1回、必ず…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブこそ、最近の自分を動画で見ておかないといけないショット

    サーブ練習、みなさんすごく熱心に考えている方が多い。個人でも練…

  3. テニス ストローク

    サーブ

    リターンで最初から下がっている相手に、深く強打のサーブは無意味

    全仏オープンでも感じましたが、私たちの試合でも必要なこと。それ…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    シングルスの試合でのサーブ&ボレーに、ファーストサーブは要らない

    シングルスのサーブ&ボレー、皆さん実践出来てますか?すごく時代…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    自分のセカンドサーブに、型が無いと思いませんか?

    みなさんが試合の中で、「無いと困るもの」って、何でしょう?私は…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    「年齢や男女問わず、試合で使えるスライスサーブ」は、トスの高さを少し低めに調整しよう!

    スライスサーブ、と聞くとどんなイメージですか?「左利きの人が得…

特集記事

  1. テニス 雪

    練習メニュー

    「挑戦するキャプテン、しないキャプテン」によって、チームの挑戦力の絶対量は決まる…
  2. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合で「どこに打って攻撃して良いか、イメージが湧かない」人がまず実践…
  3. テニス ストローク

    シングルス

    全力で前にダッシュして目の前に落とす、のはテニスでは難しい技術
  4. テニス チーム

    その他

    テニスを選手として強くしてくれるのは、練習よりも「悔しい試合」
  5. テニス 練習

    ストローク

    「壁打ちでストロークを磨く」テニス独特の練習法を有効にする4つのコツ
PAGE TOP