テニス ミス

サーブ

ダブルスの試合で、アドバンテージサイドからのサーブは、「前衛が協力してワイドのコースを空ける」ことを意識しよう

ダブルスの試合、特に男性の試合ではサーバーが「どのコースにも打てる」というのが大きなアドバンテージになります。

シングルスでは前衛がいないので気にする必要はありませんが、ダブルスだと前衛がいる。

そしてもったいないことに、その前衛がいることで「打てないコース」が出来てしまっていることが多々あるのです。

何も考えないで前衛で突っ立ていては・・・実はサーバーの邪魔をしている可能性もある。

そのことを意識しておきましょう。

 

ダブルスの試合で、アドバンテージサイドからのサーブは、「前衛が協力してワイドのコースを空ける」ことを意識しよう

 


 

■特にアドバンテージサイドは要注意

右利きの方であればアドバンテージサイド、左利きの方であればデュースサイドのサーブは、ワイド方向へはスピン系が主体になるはず。

つまり、サーブの軌道自体が結構ワイド寄りなことが多いのです。

大体、前衛の頭に当たってしまうのも、このサイドでのコースが多いはず。

練習なら笑ってその場がなごんで終わりですが、試合となれば話は別。

雰囲気も悪くなりますし、そのコースに打つのが慎重になってしまいますよね・・・。

 

■前衛は低い態勢で、打った後に動く

Iフォーメーションは、ある意味最適な解決策です。

前衛がしゃがんだ態勢を作って、サーブを打った後に立ち上がるのでサーバーは壁が無い状態で打てるので楽。

ですが結構、前衛の脚力が求められますし、慣れるまで時間がかかります。

そこでオススメなのは、少しだけ低い態勢を作って高い軌道のサーブのコースを空けてあげる。

もう一つ、前衛はサーバーが打った瞬間は少し後ろ目の位置にいて、サーブの軌道に合わせて前方向にスプリットステップをしてポジションを少し前にする、という形です。

いずれも少しの気遣いで、サーバーはすごく打ちやすくなるはずです。

 

■センターへのサーブを活かす為にも、ワイドのコースを見せておく

ワイドのコースをしっかり空けて、しっかり打てていればセンターへのサーブがより効いてくる。

テニスでは、両方のコースがあるから相手は迷い、ボールを打つ側が主導権を握れるのです。

リターンで構えていても、サーブのコースが読めると楽ですよね。

コースを読むまでもなく、実は試合に強い選手は気付いている。

「あっ、このペアでこのサーバーだと、このコースは無いな・・・」という感じです。

気付いていないアナタは、危険です。

 

前衛の位置は、サーバーがどんどん口を出していきましょう。

「もうちょっとワイドに寄って欲しい、後ろから動いて欲しい」という感じや、「次はセンターだから、ボール音が聞こえたらがっつりポーチで!」という声掛けも大事。

ただし、どんなコースに打つにせよ「前衛の位置でコースがばれる」というのはもったいない。

2人で一緒に、コースを決めて隠しましょう。

相手リターン側にサーブのコースを読ませない為にも、前衛と協力して幅広いコースを見せてくことが大事です。

ピックアップ記事

  1. + POWER CUP について
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. テニス サーブ
  2. テニス 準備

    サーブ

    「楽チン&安定感抜群サーブの正体とは!?」テニスの試合会場で観るアンダーサーブの有効性

    サーブとストロークって似ていると思う。頭の上にボールを投げて打…

  3. サーブ

    なぜ、サーブに伸びが出ないのか?

    サーブが叩かれる、伸びが出ない。こう悩んでいるみなさんに、一…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「両手両足を動かさないサーブ」のメリットを考えてみると、アナタのサーブは改善できる!

    ジョコビッチ選手のサーブ、正直地味ですけど抜群の安定感がありますよね。…

  5. サーブ

    改めて見直したい、サーブの基本中の基本5つ

    サーブを打って、ラリーが始まる。どんなレベルでも種目でも、テニ…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    サーブがどうも安定しない人は、「体重移動の幅を狭くする」ことで改善されるかも知れません

    サーブが安定しない人、悩んでいる人は何かを変えないといけない。…

特集記事

  1. ストローク

    スピンストロークがあるから、追い付いていないボールでもカバー出来る
  2. テニス 練習

    日々の雑記

    テニス草トー大会の闇、順位調整
  3. テニス メンタル

    その他

    「テニススクール通いで試合に強くなる」為に必要な意識とは?
  4. テニス ダブルス

    練習メニュー

    前衛がラケットで触れば勝ち、のゲーム形式をやってみよう!
  5. フットワーク

    身体で反応するカバー、を身に付けよう
PAGE TOP