テニス メンタル

サーブ

「セカンドサーブを、少しだけパワーアップ」させたのが、アナタのファーストサーブです

「ファーストサーブを入れること」の重要性は、何度も書いてきました。

実際に、プロ選手はどんな意識でサーブを打っているのか。

私が聞いた話の中で、一番印象に残っているのはこの言葉。

ほとんどの上位選手は、実はこの意識で打っているから試合に強いのです。

 

「セカンドサーブを、少しだけパワーアップ」させたのが、アナタのファーストサーブです

 


 

1.拮抗した試合の場面で、サービスエースなんていらない

実際には、サービスエースでもラリーのエースでも、同じ1ポイント。

結果的に、「一番自分がポイントを獲れる確率が高い形」は何かを考えてみれば、実にシンプル。

強引にサービスエースを狙うよりも、しっかりファーストサーブを高確率で入れる、それも「セカンドサーブよりは、強力に」が合言葉。

セカンドサーブこそ、アナタのサーブの根源になるのです。

 

2.2回サーブが打てるテニス、という競技の功罪

バレーボールやバドミントン、卓球と、ほとんどのネットスポーツはサーブから始まる。

なのにテニスだけ、2回打つことが許されています。

このルールに、一般の選手や学生の皆さんは甘えている。

2回目に打つセカンドサーブこそ、実はアナタの本来のサーブなのです。

入らなければ失点、でも相手から攻撃されるのも辛い・・・と、バランスを考えながらギリギリのサーブを探しますよね。

だからこそ、一番その選手の実力が反映されるのです。

 

3.セカンドサーブを磨いていけば、それがファーストサーブになる

セカンドサーブをしっかり打っていく、回転量多く安定させていくことが出来れば試合で強い。

このセカンドサーブの軌道を、少しだけ直線的にしていけばそれが良いファーストサーブになります。

もし、ファーストサーブが入らなくても、ほぼ変わらないセカンドサーブを次に打つのは、さほど難しくないですよね?

これが試合に勝てる選手の、サーブに対する考え方です。

 

セカンドサーブを打つ機会、出来るだけ減らしましょう。

精神的にも疲弊しますし、当然相手も攻撃的になる。

しっかりとセカンドサーブをベースに、自分を客観的に見つめ直してみましょう。

それが出来れば、ダブルフォルトの数が激減するはずです。

ピックアップ記事

  1. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス ストローク

    サーブ

    試合の緊張した場面で、「サーブを置きにいくときの自分の癖」を把握しておけば直せる!

    サーブから崩れること、試合の中で多いはず。「今日は試合、思った…

  2. サーブ

    サービスエースは、フォアハンド側が多い

    サービスエースは、必要無い。私は、何度かこういう感じで記事を…

  3. テニス メンタル

    サーブ

    ダブルフォルトが止まらないときは、自分の作戦が決まっていない

    ダブルフォルトに悩む人、試合では多い。試合に勝てない以前に、サ…

  4. サーブ

    シングルスの試合でワイドにサーブで追い出した後、のボレーのコースはどこが最適?

    ワイドへのサーブが得意な人、はぜひ狙って欲しいのがサーブ&ボレー。…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    テニスにおいて、「サーブはスピードよりもリターナーの位置を確認」するだけで、エースが獲れる!

    サーブでノータッチエースを獲る。テニス選手なら、誰でも憧れるこ…

  6. テニス ダブルス

    サーブ

    「なぜアノ人は上達が早いのか?」テニス初心者でもサーブの上達が早い人の特徴5つ

    テニスの試合はサーブから始まる。分かっちゃいるけどあの緊張感、…

特集記事

  1. テニス 雨

    メンタル

    テニスの試合では、「やらないといけないこと」よりも「やらないで良いこと」をハッキ…
  2. テニス チーム

    メンタル

    「全然練習が出来ていないのに、久々のテニスの試合‥」のときに注意すべき4つのポイ…
  3. テニス知識

    雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  4. テニス 不器用

    メンタル

    「自分はテニスに向いていないかも…」と思ったら、不器用な選手に徹してみても面白い…
  5. テニス リーダー

    その他

    「インターハイの次は全日本ジュニア」この2つのテニスの大会の特徴と違いとは?
PAGE TOP