テニス メンタル

サーブ

テニスの試合に勝つ為に必要な、「67%の確率で入るファーストサーブ」に仕上げていく為に、必要な練習意識について

テニスの試合は、全て数値と確率で見ていくことが出来る。

どの数値が、試合にどう影響しているのか・・・というのをしっかり認識しておけば、試合の途中でも修正対応が出来る。

数値に無頓着な人は、試合中に考える軸が無いから修正が出来ない。

修正が出来ないから、そのまま負けていって何が原因なのかもうやむやなまま・・・になってしまうのが、典型的な悪循環です。

ファーストサーブについては、アナタ自身どんな数値を軸に試合を進めていますか?

 

テニスの試合に勝つ為に必z要な、「67%の確率で入るファーストサーブ」に仕上げていく為に、必要な練習意識について

 


 

■自分にとって、試合の中でサーブはどんな位置付けか?

サーブに何を求めるか?

今一度、アナタ自身で考えてみて下さい。

よほどの強力なサーブを持っていない限り、まずは「主導権を握る」という部分が目的となります。

結果的にポイントを奪取できる確率を上げることが、サーブでもリターンでもファーストショットに求められる一番の要素。

その為には、「どれくらいの確率で入れれば良いのか?」も、しっかり傾向として見えてくるはずです。

 

■3球のうち2球、という感覚を基本ラインに

私からの提案の結論は、3球のうち2球、ファーストサーブを入れていくこと。

これは、「スピードを落としてでも」維持する意味のある確率になります。

なぜかと言うと、アナタ自身の「試合のリズム」が生まれやすく、セカンドサーブを打つ際の疲労度も軽減できるから。

そして何より、ダブルフォルトの失点を減らすことが出来る。

シンプルにこれに尽きると思います。

 

■セカンドサーブをたくさん打っているうちは、絶対トーナメントを勝ち進めない

セカンドサーブをたくさん打つことのデメリットは、結構見落とされがちです。

2球のうち1球、どちらかが入れば良いのがサーブ、という感覚では試合に強くなれません。

ですがアナタ自身がその必要性を感じないと、改善していくのは難しいでしょう。

その為にも、練習試合の中でぜひ仲間内でスタッツ(試合の記録)を付けてみるようにして下さい。

セカンドサーブから、どの程度のポイント取得率に繋がったのか・・・?

劣勢のときこそ、この確率論が大事になります。

は、実際とても大切なデータです。

 

ファーストサーブの確率を上げる為に、保ちたいのは深さ。

そこで求めるコントロールの精度を確認しておきましょう。

ライン際70cmくらい内側、で充分でしょう。

スピードを落としてでも、深さのあるサーブ、コースを突いたファーストサーブを67%の確率で入れること。

この意識だけで、テニスの試合での勝率はグッと上がるはずです!

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    狙った場所にサーブを打って入れる、のに必要なシンプルなコツ4つ

    サーブを打っていく上で、自分の狙ったコースに打てない人は、試合で厳しい…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合でサーブが得意になりたければ、「自ら事を興し始める」ことに慣れよう!

    テニスの試合で、サーブが得意な人。その人は身長が高い?肩が強い…

  3. テニス ストローク

    サーブ

    ボディへのサーブからのサーブ&ボレーは、基本の型

    ここ1本、絶対に獲りたい・・・ような場面。皆さんなら、どんな選…

  4. テニス ガット

    サーブ

    試合で良いサーブを打った後に、「次の攻撃に備えてグリップチョイス」が出来てますか?

    サーブからの攻撃、3球目でしっかりポイントが獲れる・・・。これ…

  5. テニス ロブ

    サーブ

    崩すサーブで充分、なのになんで強打に走るんだろうか

    不安だと、打ちたくなる。そしてそのサーブが入らないから、余計に…

特集記事

  1. その他

    「第90回全日本テニス選手権」本戦出場選手リストが発表!今年は面白いです
  2. テニス ストローク

    ストローク

    両手バックハンドストロークは、「インパクトと同時に曲げた膝を伸ばしていく」と威力…
  3. テニス イベント

    ストローク

    「やっぱりバックハンドストロークが苦手・・・」打点が遅れてしまう悪循環について
  4. その他

    テニス部内で士気を下げる、「テニス評論家かぶれ」は必要ありません
  5. テニス 不安

    戦術

    試合に勝てる選手になるのに必要な一つ前の段階、それは「負けにくい選手」になること…
PAGE TOP