サーブ

シングルスの試合で「セカンドサーブの後」に必ず必要なディフェンスの意識について

シングルスの試合では、カバーする範囲が広い。

特にセカンドサーブになったときには、相手も攻撃的に来る可能性が高く、いかに優位性守るかがテニスでは大事になってきます。

そこで今回は、改めて「セカンドサーブを打った後」の動きと意識について、考えて見ます。

 

シングルスの試合で「セカンドサーブの後」に必ず必要なディフェンスの意識について

 


 

■セカンドサーブになると、中級者までの試合ではリターン側が有利

シングルスの試合をよく観察していると、リターン側が優位なことも多い。

特に中級者くらいまでのレベルでは、ダブルフォルトの失点含めて、リターン側が得点する割合のほうが多いように思います。

サーブを改良していくことは大前提ですが、打ったあとのポジションや意識の改善で、フォローアップできる部分も多いのです。

 

■まずは守りのイメージを持って、サーブのポジションに入る

サーブに自信が無い人も、しっかりポイントを拾う意識は持ちましょう。

打ち込んでくる相手であれば、セカンドサーブを打った後にポジションを下げる。

その際に、相手をしっかり観ることが大切です。

どこかコースを狙うのであれば、必ず特徴が表れているはず。

ストロークよりもリターンは、テニスの癖を隠し辛い。

予測が当たれば、しっかりカウンターで反撃してきましょう。

 

■セカンドでも良いサーブで崩せたら、もちろん攻撃

攻撃は最大の防御なり、は鉄則です。

いつまでもセカンドから守り一辺倒だと、相手も「あぁ、この人はサーブは入れてあとは粘るだけだな」と、楽になってしまいます。

メリハリを付ける意味でも、深いセカンドが入った後には早く展開して攻撃していく場面も必要。

この攻守の使い分けをしっかり試合の中で意識して、相手を揺さぶっていきましょう。

 

もし仲間と一緒に試合に出る機会があれば、セカンドサーブからのポイント取得率を算出してもらいましょう。

スコアカードに、「セカンドサーブになったとき」の印は真ん中に点を入れます。

後から見返してみて、良い試合と悪い試合、プロの試合はどうなんだろうと比べてみる。

きっとそこには、思わぬシングルスの改善ヒントが隠されているはずです。

 

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. サーブ

    「ダブルスでのサーブ&ボレーはステップで決まる!」試合で意識したい4つのポイント

    ダブルスの並行陣で必要なサーブ&ボレー。このサーブを打った後の…

  2. テニス サーブ
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「ゲームカウント4-5、30-40で打つセカンドサーブ」こそ、実力が問われる

    テニスの試合って、辛い・・・。そう感じるときって、どんなときですか…

  4. サーブ

    「1人でも出来るサーブ練習を工夫したい!」よりテニスの試合に近い感覚を養う為の4つのアイデア

    テニスコート、または壁とボールさえあれば個人練習ができる「サーブ練習」…

  5. テニス 練習

    サーブ

    「楽チン&安定感抜群サーブの正体とは!?」テニスのアンダーサーブを見直してみよう

    サーブとストロークって似ていると思う。頭の上にボールを投げて打…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    何度でも言いますが「サーブを見直さない限り」、アナタに未来は開けない

    一番難しい、だけど一番試合で使うサーブ。これって、一つの技術と…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    スマッシュ

    試合の中で一度や二度の失敗で、スマッシュを諦めてはいけない
  2. テニス ラケット

    ボレー

    しっかりと重たいボレー、に変えていくための7つのコツ
  3. テニス メンタル

    その他

    「新しい環境でテニスを頑張る」君に贈る、5つのメッセージ
  4. ロブ

    リターン1発目にストレートロブ、で分かることは?
  5. ストローク

    相手は必ず、ラリー中に隙を見せる
PAGE TOP