テニス 戦術

戦術

「なぜ、テニスの試合は初心者相手だと、辛くなる」のか

試合で自分より下、というかほぼ初心者の人と対戦する・・・。

どうですか?何だか、「まずい・・・」と思うこと、ありませんか?

きっと、それって皆さん経験していること。

改めて、何が難しくてどんな意識で挑まないといけないのか。

私なりにまとめてみました。

 

「なぜ、テニスの試合は初心者相手だと、辛くなる」のか

 


 

1.昔の自分を、思い出してしまう

つい、ちょっと「かわいそうだな」とか思ってしまう。

昔の自分を思い出して、「少しラリーしてあげようかな・・・」とか、考えてしまうと、危ない。

相手は失うものも無い、怖いモノ無しで来る可能性が高いですからね。

甘いボールは、特に男性ならフォアハンドで気持ち良く打たれると初心者でも辛い。

身体能力が高い初心者、はフォアハンドはしっかり打って来たりして、それが入ることもある。

昔の自分、だったらしっかり倒してあげて、テニスの厳しさを教えてあげましょう。

 

2.何をやって来るか、分からないから不安

初心者の人は、良い意味で「何をやって来るか、分からない」ですよね。

まだ球筋がキレイで、試合慣れしている人の方が、想定は立てやすい。

ボールの回転、サーブの回転も、独特で変な回転とバウンド、だったりしますからね。

だからこそ、アナタ自身しっかり足を動かしてスピン、スライスをしっかり見極めていくことが大事。

初心者の人は何をやって来るか分からないからこそ、よく観察する。

それから受け身にならないで、自分から打っていく。

この意識が大事です。

 

3.勝って当たり前、という周囲の眼を乗り越えよう

試合もなんだか競ってくると、「あれ・・・?」という感じになる。

周りはアナタが勝って当然、しかも圧勝するだろうくらいに思っている、と、自分で勝手に思い込んで苦しくなる。

初心者や格下の選手相手だと、どうしても「周りの眼」が必要以上に気になりますよね。

これは、気にするなと言っても無理な話。

自分でプレッシャーを乗り越える、競っても勝てば良い、それに「弱い相手じゃないんだ」という意志も大事。

テニスを楽しんでいる、試合が楽しい時期の初心者の人って、そもそも手強いですよ。

 

準備をしっかりして、試合中はそれを実行する。

テニスでは技術や戦術も大事ですが、実力が異なる相手とどう向き合うのか、がすごく大事。

テニスの初心者って・・・試合で楽、ですか?

いや、手強いはずです。

何も知らない、怖いもの知らず、何よりテニスを一番「楽しい」と感じている彼らは、確実に強い。

しっかり準備して、試合に入りましょう!

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  4. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    アナタ自身の中で、「相手の粘り対策」をどの程度具体化出来てますか?

    実は、試合前の準備で出来ていない部分、だと思います。基本的に、…

  2. 戦術

    「自分の中から見付けだせ!」テニスの試合で使える技術を磨くには、確率重視で

    俺のプレーはテニスを始めた高校生の頃に比べると随分と上達する事が出来た…

  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスを上達させるには、「何となく」を言葉にしていくこと

    テニスついて考えて、試合で勝つ為にプレーする。出来そうで出来な…

  4. テニス ボレー

    戦術

    試合が相手の流れで進んでいるときに必要な、試合のテンポを遅くする技5つ

    試合のテンポを、遅くする。もしかしたら、この技術、戦術があれば…

  5. テニス ガスケ

    戦術

    テニスにおける速い攻めは、コートの後ろからだと絶対に難しい

    連続攻撃で、相手に時間を与えないストローク。錦織選手も得意とす…

  6. テニス 練習

    戦術

    一流の選手は、技を出した後に集中力を一気に高める

    一流の選手の、凄いところ。私は、たくさんの試合を生で観て来まし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの練習こそ、チームで取り組むから成果が出る
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「バックハンドストロークがしっかり当たらない・・・」人が見直したい4つのポイント…
  3. テニス ロブ

    練習メニュー

    テニスコートを効率良く使って行う、「2対1のボレー対ストローク」の練習メニュー
  4. スマッシュ

    「スマッシュが苦手な人のほとんどは、振り出しが遅い」試合で有効なスマッシュにする…
  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスでは、「新しい技術にトライして、すぐに身に付かなくても良い」と、私は思いま…
PAGE TOP