サーブ

「肩が痛くて腕が上がらないときに」無理しない脱力サーブを打てると便利

テニスを長く続けていると、肩の怪我や上に上がらない・・・といったことも増えてきます。

年齢と共に、どうしても可動域が狭くなってくる肩。

サーブにおいては致命的なこの問題、脱力サーブを身に付けておくと試合で有効です。

「肩が痛くて腕が上がらないときに」無理しない脱力サーブを打てると便利

 


 

■ベテランプレイヤーは、腕が上がらなくなるのが普通の現象

40肩と呼ばれる言葉があるくらい、人は年齢を重ねると肩から腕が上がらなくなる。

テニスにおいて、これはかなり致命的。

学生の肩も、肩を痛めていつものサーブが試合で打てないこともあるでしょう。

こういったときに、どんなオプションが自分の中にあると有効か、考えてみましょう。

 

■打点を少し低めでスライス、ただし前で捉えて深いサーブに

打点を落とすことで、安定したスライスサーブを打てるようになります。

気を付けたいのは、高さは落としても打点は前、コートに内側にトスを上げること。

そこからいつもより、少し山なりを意識したサーブを打ちましょう。

プロ野球のピッチャーが投げる、「カーブ」の変化球のイメージが大切です。

 

■コースの打ち分けさえ出来ればOK、サーブの目的感を明確に

スピードが遅い分、相手にはコースを絞らせないような工夫が大切です。

遅くて打点が低いボールを、左右にしっかり打ち分けることでリターンをかわしたい。

その為には、スライスで曲がる軌道をバウンド後まで考えること。

自分のスライス回転がどう相手の方向に進んでいき、リターンさせるのかを、練習の中から仲間と確認してみましょう。

 

良いサーブ=速いサーブ、というのは一部分でしかありません。

今回ご紹介したようなサーブで、乗り切らなければいけない試合は必ず出てきます。

1日に何試合もあるときには、初戦はこういったサーブで体力を温存することも必要でしょう。

自分の身体を知り、それに技術を合せていく意識もテニスには必要です。

 

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    「シンプルに上で打ち終わる」サーブを覚えると、試合の中ですごく使える!

    サーブという動作は、本当に人それぞれ。初心者の方から上級者の方…

  2. サーブ

    サーブ&ボレーになるとサーブが乱れる人に、とっておきの秘策を

    試合でサーブ&ボレーになると、サーブ自体が乱れていく人、多いですよね。…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    まっすぐな方向にサーブが打てれば、しっかりコースを狙えるようになる

    サーブをしっかり狙って、サービスゲームをキープしたい。でもコン…

  4. テニス メンタル

    サーブ

    サーブだけは相手に左右されない、本当にそうですか?

    私の周りにも、何人かこういう考え方の人がいます。これは、良いよ…

  5. テニス サーブ
  6. サーブ

    サーブ&ボレー用のサーブ、に必要な5つのコツ

    サーブ&ボレーに、必要なサーブって何か。これを考えたときに、…

特集記事

  1. テニス 上達

    練習メニュー

    歯を磨くように、毎日5分トレーニングしよう
  2. テニス ストローク

    戦術

    集中力を上げる、自分のポイントパターンを持っておこう
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で2バックの陣形から、「浅いボールに対しては2人で一気に」前に出て…
  4. リターン

    リターンの時に「動いた前衛」が目に入っても、やることは変わらない
  5. テニス 守備

    リターン

    ダブルスで前衛が気になって、「プレッシャーに負けている・・・」と感じたら試したい…
PAGE TOP