テニス リーダー

メンタル

闘志や意地を感じられない選手のテニスは、大事な試合で応援してもらえない

皆さん、テニスを自分でプレーするだけでなく、応援する機会も多いはず。

学生の皆さんは、同じチームとして先輩後輩、の応援が当たり前だと思っているでしょう。

ですが、社会人になると・・・ちょっと違います。

基本的には個人スポーツですから、「応援される人」というのは実は多くないかも知れない。

私が応援したくなる人、というのはやっぱりこういう人です。

 

闘志や意地を感じられない選手のテニスは、大事な試合で応援してもらえない

 


 

1.「負けたく無い」という雰囲気は、恥ずかしいことじゃない

「負けず嫌い」という言葉がありますよね。

皆さんは、この言葉にどういうイメージを持ちますか?

結構、「勝つためなら何でもする」であったり、「負けそうになると、駄々をこねる」ようにマイナスなイメージ、持っている方多いんじゃないでしょうか。

悪いイメージを持たれるのは、結局その人のマナーが悪かったり子供じみたしぐさを繰り返したりしているから。

負けたく無い、と思う精神は、勝負師なら持って当たり前。

この感情を持つこと自体、全く恥ずかしいことでも無ければ避難されることでも無い。

私はそう思います。

 

2.闘志をむき出しにする、というのは大声を出すことじゃない

テニスの試合、大声を出しながら試合をしている人、多いですよね。

否定はしません。

ですが、大きな声を出していてばかりいるから・・・と言って、その人の闘志が煮えたぎっているのかと言うと、実は違う。

闘志はしっかり、自分のプレーで表現する。

観る人が観れば、しっかり戦っている選手の気持ちは伝わってくるのです。

自分自身のテニスを、しっかり貫く。

最高の準備をして、最高の試合をする、自分を出し切る。

こういう選手は、誰もがグッとくるものがあるし、応援したくなるのです。

 

3.「自分は応援される選手だろうか?」という問いかけは、常に必要

学校の部活、大学のサークル、社会人としてテニスサークルに通う。

全て、同じです。

「自分は何か所属する組織やチームを、代表する選手じゃないし・・・」と思った方、そんな意識は甘えです。

アナタのテニスの試合、必ず誰かが観ているし、応援される環境にある。

「自分は、応援される選手なのか?」という問いかけ、が出来ている選手は強くなる。

応援されないなら、何かが足りないということ。

人に影響を与えるような選手、であることは、実はとても大きな自信になる。

学生の皆さんだけじゃない。

社会人の週末プレイヤーの皆さんも、胸に手を当てて、考えて欲しい問題です。

 

「どうしても、試合に強くなりたい・・・」と思っている方、答えはシンプルです。

誰かに応援される、期待される選手になる。

それが一番、アナタの成長につながる。

試合で苦しい場面、応援してくれる人の為になら、もう一絞りの力が出る。

変わっていくこと。

変われることが、アナタの強さになるはずです。

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスで「攻撃のメンタル」を養う為に意識したい5つのポイント

    「もっと攻撃的にプレーしたいけど、どうしても守備的になってしまう・・・…

  2. メンタル

    テニス選手なら、「勝つべき選手に対しての憧れ」を絶対に抱いてはいけない

    アナタが目指している目標、県内No.1?それともまずは部内のレギュラー…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で求められる、「強いメンタル」を養う為に必要な準備5つ

    皆さんから寄せて頂く質問の中で、圧倒的に多いのがこの質問。「メ…

  4. テニス ルール

    メンタル

    アナタはこの動画を観て、何を感じるだろうか?

    日本がフランスに敗れたデビスカップ。同じく世界中でワールドグル…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    一緒にテニスをしていて、「この人、ちょっとやりにくいな‥」と思う人こそ大事にしたい

    いつものテニスの練習、皆さんはどんなメンバーで行っていますか?…

  6. メンタル

    他人に共感出来ない、それで良い

    人と同じテニスに、疑問を感じる。それこそ、まさにアナタ自身の武…

特集記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で、「どうにも相手のナイスショットが止まらない」ときの対応策は?…
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュを冷静に決めるには、「相手が予想して動いても、慌てないこと」まで意識し…
  3. テニス メンタル

    戦術

    自分のミスが多くなる予兆を知っておけば、試合で大崩れすることは少ない
  4. 戦術

    「パワーショット受け身鍛錬術」テニスの試合で必要なディフェンス力を磨くには?
  5. テニス リターン

    戦術

    テニス選手の中で、「武器を活かせる選手とそうでない選手」の違いはどこにあるのか?…
PAGE TOP