テニス リーダー

メンタル

闘志や意地を感じられない選手のテニスは、大事な試合で応援してもらえない

皆さん、テニスを自分でプレーするだけでなく、応援する機会も多いはず。

学生の皆さんは、同じチームとして先輩後輩、の応援が当たり前だと思っているでしょう。

ですが、社会人になると・・・ちょっと違います。

基本的には個人スポーツですから、「応援される人」というのは実は多くないかも知れない。

私が応援したくなる人、というのはやっぱりこういう人です。

 

闘志や意地を感じられない選手のテニスは、大事な試合で応援してもらえない

 


 

1.「負けたく無い」という雰囲気は、恥ずかしいことじゃない

「負けず嫌い」という言葉がありますよね。

皆さんは、この言葉にどういうイメージを持ちますか?

結構、「勝つためなら何でもする」であったり、「負けそうになると、駄々をこねる」ようにマイナスなイメージ、持っている方多いんじゃないでしょうか。

悪いイメージを持たれるのは、結局その人のマナーが悪かったり子供じみたしぐさを繰り返したりしているから。

負けたく無い、と思う精神は、勝負師なら持って当たり前。

この感情を持つこと自体、全く恥ずかしいことでも無ければ避難されることでも無い。

私はそう思います。

 

2.闘志をむき出しにする、というのは大声を出すことじゃない

テニスの試合、大声を出しながら試合をしている人、多いですよね。

否定はしません。

ですが、大きな声を出していてばかりいるから・・・と言って、その人の闘志が煮えたぎっているのかと言うと、実は違う。

闘志はしっかり、自分のプレーで表現する。

観る人が観れば、しっかり戦っている選手の気持ちは伝わってくるのです。

自分自身のテニスを、しっかり貫く。

最高の準備をして、最高の試合をする、自分を出し切る。

こういう選手は、誰もがグッとくるものがあるし、応援したくなるのです。

 

3.「自分は応援される選手だろうか?」という問いかけは、常に必要

学校の部活、大学のサークル、社会人としてテニスサークルに通う。

全て、同じです。

「自分は何か所属する組織やチームを、代表する選手じゃないし・・・」と思った方、そんな意識は甘えです。

アナタのテニスの試合、必ず誰かが観ているし、応援される環境にある。

「自分は、応援される選手なのか?」という問いかけ、が出来ている選手は強くなる。

応援されないなら、何かが足りないということ。

人に影響を与えるような選手、であることは、実はとても大きな自信になる。

学生の皆さんだけじゃない。

社会人の週末プレイヤーの皆さんも、胸に手を当てて、考えて欲しい問題です。

 

「どうしても、試合に強くなりたい・・・」と思っている方、答えはシンプルです。

誰かに応援される、期待される選手になる。

それが一番、アナタの成長につながる。

試合で苦しい場面、応援してくれる人の為になら、もう一絞りの力が出る。

変わっていくこと。

変われることが、アナタの強さになるはずです。

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「負け癖」が付いている選手は、何かを変えることが出来ない人

    テニスの試合、勝ったり負けたりの繰り返し。でも、不思議なことに…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「自分のテニスについて、悩んでいる」人は、テニスを始めた頃の仲間に会いに行こう

    初めてラケットを握ったとき。その頃の感覚、アナタは思い出せます…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    緊張したら目を閉じ、練習風景を思い出すこと

    試合では、どんなに準備しても緊張する。それは自分自身が勝ちたい…

  4. テニス 客観視

    メンタル

    テニスの試合前、「トイレに行って鏡を見て」自分の時間を作ることをオススメします

    あと少しで、自分の試合が始まる。そんなときに皆さんは、どんな過…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの結果を安定させるには、精神論から脱却して仕組みを変えていかないと

    頑張っているのに、結果が出ない。そんな自分が嫌で、もうテニスや…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスでフラット系のストローカーと対戦するなら・・・?
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「肩を入れた構え」が出来れば、スマッシュは楽に逆クロスに打てる
  3. メンタル

    未来は過去の延長線上、では無い
  4. テニス ミス

    リターン

    リターンをストレートに、打てない人が多過ぎる
  5. テニス 人脈

    その他

    「テニスの人脈作り」よりも、「アナタとテニスがしたい」と言われるようになって下さ…
PAGE TOP