テニス シングルス

シングルス

シングルスの試合でのサーブ&ボレーは、〇〇だけでシンプルに完成する

サーブ&ボレー。

って、上手い人、ボレーが得意な人だけが出来る事、だと思っていませんか?

しかも、シングルスの試合で・・・!?

誰もがそう思うでしょう。

だからこそ、そこにチャンスがある。

今日はその逆転の発想から、迫ってみたいと思います。

 

シングルスの試合でのサーブ&ボレーは、〇〇だけでシンプルに完成する

 


 

■シングルスの試合で、なぜサーブ&ボレーが必要なのか?

答えは、シンプルです。

「やっている人が、少ないから」です。

やっている人が少ないということは、相手が面食らうケースが多い。

シングルスの試合でサーブ&ボレー、なんて、学生や一般の試合ではほとんど見ない。

だからこそ、アナタがやれば相手は「おっ!!」となる。

強い選手に勝つには、こういったまともじゃない作戦が絶対に必要。

必要なんです。

 

■難しい技術はいらない、同じ方向にボレーすれば良い

サーブはともかく、ボレーが難しい。

サーブ&ボレーって、最初のファーストボレーが難しいから、なかなか使えないんですよね。

ですが、こういう発想なら少しは楽になる。

サーブを打った方向と、同じ方向にボレーを打っていく。

この作戦は、特にワイドに打ったときに有効です。

イメージしてみて下さい。

ワイドのコースにサーブを入れる、そうするとリターンした相手はオープンスペースをカバーしようと走り出す。

つまり、オープンスペースにボレー、ではなくて同じコースに打つことで自然に逆を突ける。

だからこそ、簡単なのに実は効果的なサーブ&ボレーの作戦、になるのです。

 

■騙されたと思って、やってみて欲しい作戦

私も、この作戦は大事な場面で出すようにしています。

試合の序盤、2-2くらいで拮抗した試合では、絶対に使う。

なぜなら、相手は面喰らってその後ずっと、「サーブ&ボレーが怖い・・・」と警戒してくれるから。

こちらとしては、同じコースに打つので難しさはさほどない。

オープンスペースに打つ、のってテニスでは意外と難しいじゃないですか。

同じ方向、来た方向にボールをそのまま戻すように打つ、だけで良いんだから、楽。

何度も言いますね。

サーブをワイドに打ったら、そのままファーストボレーも同じコース、サーブをワイドに打ったようなコース、に打てば良いんです。

 

この作戦、実はアプローチショットにも応用が効く。

同じコースに打つ、ことが実はテニスって良いフェイントになる。

逆を突くのって、難しく考える必要は無いですよ。

あえて、同じコースを2回突く、だけでOK。

一度シングルスの試合で、試してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. シングルス

    「相手の逆を突ける」選手になれないと、シングルスの試合は勝てない

    もうすぐ全豪オープンも本戦開幕。いよいよ、今年もテニスシーズン…

  2. テニス 準備

    シングルス

    パッシングショットを、ランニングショットで打たせよう

    シングルスの試合で、相手を走らせる。これだけだと、なかなかポイ…

  3. テニス ポジショニング

    シングルス

    シングルスで絶対絶命のピンチ!の場面では・・・どうする?

    相手のストロークで左右に振られる、追い付くのがやっとな場面。も…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合でネットに出るアプローチショットは、打った後のポジショニングが大事

    シングルスの試合、私は何度も「ネットに出よう!」と書いてきました。…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合の1ポイント目、いきなりネットダッシュ!

    シングルスの試合、序盤の作戦を色々考える・・・よりも、こんなのどうでし…

  6. テニス 予測

    シングルス

    シングルスのネットプレー、浅めのボレーで充分相手の脅威になる

    私は結構、シングルスの試合でも前に出ます。試合後には相手から、…

特集記事

  1. ボレー

    ポーチに出るタイミング、勘ではダメ
  2. テニス メンタル

    ストローク

    フォアハンドが打てない、グリップも分からない症候群に陥ったみなさんへ
  3. その他

    「スペインの古城でストレス発散」できるのも、テニス選手の実力のうち
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーを安定させたければ、「先にインパクト面を作り打点にセット」からテイクバック…
  5. ストローク

    「深いストロークはなぜ有効なのか?」についてハッキリさせておこう
PAGE TOP